海外FX個別株比較

【個別株】海外FXブローカーごとにスプレッドとレバレッジを比較!

  まずはじめに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) Twitterをご覧の方はご存知だと思いますが、まんぼう総裁は2020年4月から毎月100万円を米国株に入れていき、株をどんどん保有していっております。(今保有してる銘柄はかなりの含み損ですが・・・汗) 昨今のコロナウイルス蔓延に伴い、通貨や指数などはかなり不安定な動きをしており、トレーダー達を苦しめております。(ボラはだいぶ平常運転になりましたけどね) もちろんそれは株式も同様であり、企業によっては大打撃を食らい、近年稀に見る株価の暴落も発生しております。 そのような中、通貨ペアや指数などのスプレッドやレバレッジを海外FXブローカー同士で比較されることも多いですが、個別株につきましては、なかなか比較されることが少ないです。 その為、今回は自分のためでもあり、そして皆様に是非、どこで取引をすればお得なのか!?ということを知って頂くことも兼ねて、スプレッドとレバレッジの比較表を作成しました。 それでは行ってみましょう!!   個別株を取引する理由 個別株を取引する理由は簡単で、下記の画像のように個別株の場合、価格の変動がハンパないです。 *上記画像はiforexです   モデルナを例にすると、   週足で見ると顕著ですが、完全なる一方通行です。   個別株を比較したブローカーは?   今回、比較した海外FXブローカーは以下の4社です。 2020.7.17現在の表となりますので、ご注意ください。 iFOREX (697種類) Exness (30種類) easy Markets (52種類) Hot Forex (56種類) 上の一覧を見て頂くと分かる通り、iFOREXだけずば抜けて取引できる銘柄が多いです。   iFOREXで取り扱ってない株式はこれだ!   697株というすごい量の株式を取り扱っているiFOREXでもカバーしきれていない株が12個あります。 もし、興味のある株があれば、是非、このブローカーを開設しましょう!   黄色で色を付けているセルが、4社の中で優れているところです。 iFOREXの数が多いので、iFOREXが全てにおいて優れているわけではなく、表を見て頂くと分かりますが、Exness、easyMarkets、HotForexが取り扱っている株に関しては、かなりの数でiFOREX以外が優秀です。 具体的に数値をあげます。 iFOREXの総取引可能銘柄数:697種類 iFOREXで取引が出来る銘柄の中で、Exness、easyMarkets、HotForexでも取引出来る銘柄数:89種類 この89種類のうち、iFOREXよりスプレッドが優れている銘柄数:47種類 更に細かく言うと、 Exness:11種類 easyMarkets:11種類 HotForex:25種類 となります。 取引したい株式によってブローカーを分けるのが必勝のコツとなるでしょうが、iFOREXのこの取引銘柄数の多さはやっぱり魅力的ですよね!! 銘柄 iFOREX Exness easy Markets Hot Forex レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド A2A 20 0.0028 ABB 20 0.0527 ABNアムロ・グループ 20 0.019 ACI 10 0.036 ACS 20 0.053 Adyen 20 3.08 AIA 20 0.163 20 0.28 AIG 20 0.044 AMD 20 0.074 ANZ 20 0.041 20 0.03 ASMLホールディング 20 0.75 ASRネダーランド 20 0.066 AT&T 20 0.041 20 0.1 20 0.07 BASF 20 0.094 BHPグループ 20 3.93 20 0.06 Bilibili 20 0.057 BMW 20 0.106 BP 20 0.71 14 0.19 BPERバンカ 20 0.0056 BT 20 0.26 CBRE 10 0.06 China Literature 13.33 0.124 CNHインダストリアル 10 0.0147 CSL 20 0.63 20 0.5 CVS 20 0.088 DEH 13.33 0.0082 DeNA 20 1.8 DIA 20 0.0003 DOUYU.COM 20 0.016 DSM 20 0.289 ENEOSホールディングス 20 0.5 Etsy 10 0.139 EventBrite 10 0.012 Exor 20 0.116 Fosun Pharma 10 0.07 GEG 13.33 0.12 GMO 20 3.9 HDFC 20 4.03 HDFC銀行 20 2.38 HOYA 20 14.2 HSBC HK 20 0.084 20 0.22 HSBC UK 20 0.87 14 0.49 HUYA 20 0.032 IBM 20 0.17 14 0.1 ICICI銀行 20 0.78 Indra 20 0.016 INGグループ 20 0.015 ITC 20 0.44 ITV 20 0.15 JDドットコム 10 0.083 JFEホールディングス 20 1.1 JPモルガン・チェース 20 0.14 20 0.1 JSW 10 0.044 JSWスチール 20 0.45 JT 20 2.7 JUMIA 10 0.01 K+S 20 0.011 KDDI 20 4.5 KPN 20 0.0055 LG化学 20 1180 LG電子 20 168 LiveRamp 13.33 0.061 MAADEN 20 0.082 Mobily 20 0.061 MOMO 20 0.026 mongoDB 20 0.277 MS&AD インシュアランスグループホールディングス 20 3.9 NAB 20 0.041 NCB 20 0.081 Nio 20 0.043 NNグループ 20 0.074 OHL 10 0.0016 OPAP 20 0.02 PGE 20 0.016 PGNiG 20 0.0115 Pinduoduo 20 0.113 Pinterest 20 0.033 PKOバンク・ポルスキ 20 0.053 Pluralsight 20 0.025 PZU 20 0.066 QBEインシュアランス 20 0.021 RWE 20 0.059 SABIC 20 0.198 SBIホールディング 20 3 SBMオフショア 20 0.031 SGS 20 5.45 SIMON 20 0.09 SKF 20 0.42 SKハイニックス 20 186 SMC 20 78.8 Sogou 20 0.024 SOMPOホールディングス 20 5.1 STマイクロエレクトロニクス 20 0.057 SUBARU 20 3.2 SUMCO 20 2.2 SurveyMonkey 20 0.03 T&Dホールディングス 20 1.3 TDK 20 14.4 Tenable 20 0.039 TJX 13.33 0.072 Tモバイル 20 0.14 UBIバンカ 20 0.0072 UBSグループ 20 0.0257 UPMキュンメネ 20 0.053 VTB銀行 10 0.00008 Zoom 10 0.34 ZOZO 13.33 3.4 いすゞ自動車 20 1.3 みずほ 20 0.2 20 0.3 りそなホールディングス 20 0.5 アイクストロン 10 0.0195 アイシン精機 20 4.4 アエナ 20 0.27 アエロフロート 10 0.19 アクサ 20 0.042 アクシオナ 20 0.223 アクシス銀行 20 0.97 アクセンチュア 20 0.3 アクゾノーベル 20 0.188 アクティビジョン・ブリザード 20 0.107 アコー 20 0.056 アジムト・ホールディング 20 0.037 アストラゼネカ 20 19.98 アストンマーティン 20 0.12 アセリノックス 20 0.016 アッサ・アブロイ 20 0.47 アップル 20 0.52 20 0.16 20 0.3 14 0.48 アップワーク 10 0.019 アッヴィ 20 0.135 アディダス 20 0.429 20 0.5 14 0.33 アデコ 20 0.104 アトス 20 0.17 アトラスコプコ 20 0.95 アトランティア 20 0.031 アトレスメディア 20 0.0058 アドビ 20 0.58 アバスト 20 1.29 アバロンベイ 20 0.21 アビバ 20 0.66 アフラック 20 0.049 アプティブ 10 0.111 アホルド・デレーズ 20 0.057 アボット 20 0.13 アマゾン 20 4.04 20 1.44 20 2.5 14 1.3 アマデウス 20 0.107 アムジェン 20 0.34 アメリカン・エキスプレス 20 0.13 14 0.08 アメリカン・タワー 20 0.35 アメリカン航空 20 0.05 アメリカ・モビル 20 0.033 アモーレパシフィック 20 370 アラムコ 20 0.075 アリアンツ 10 0.338 20 0.37 アリオル・バンク 20 0.038 アリババ 20 0.33 20 0.18 20 0.2 14 0.14 アルカ・コンティネンタル 20 0.22 アルセロール・ミタル 20 0.023 アルタ・ビューティ 20 0.275 アルティス 20 0.0082 アルトリア 20 0.056 アルバーツ・インダストリーズ 20 0.066 アルファ 20 0.026 アルファベット 20 2.05 20 1.44 アルファ・ラバル 20 0.45 アルファ銀行 6.67 0.0013 アルプス電気 20 1.9 アルマライ 20 0.122 アングロ・アメリカン 10 4.35 14 1.18 アンハイザー・ブッシュ・インベブ 10 0.07 イエス銀行 5 0.043 イオン 20 3.3 イノビオ 6.67 0.033 イベルドローラ 20 0.025 20 0.04 14 0.02 イルミナ 20 0.51 14 0.45 インテル 20 0.08 20 0.1 20 0.1 14 0.04 インテーザ・サンパオロ 20 0.0042 インディアブルズ 5 0.49 インディテックス 20 0.052 インドステイト銀行 20 0.42 インフィニオン 20 0.039 インフォシス 20 2.05 インベストール 20 1.16 インマー銀行 20 0.033 イージージェット 13.33 1.54 イートン 20 0.126 イーベイ 20 0.079 20 0.1 14 0.04 ウィン・リゾーツ 20 0.11 ウェアーハウザー 20 0.034 ウェスファーマーズ 20 0.105 20 0.08 ウェルズ・ファーゴ 20 0.034 20 0.1 ウエストパック 20 0.04 20 0.03 ウォルグリーンズ・ブーツ 10 0.056 ウォルマート 20 0.178 20 0.14 ウォルマート・デ・メヒコ 20 0.126 ウッドサイド 20 0.047 20 0.07 ウニクレディト 20 0.02 ウニベイル・ロダムコ 20 0.11 ウニポルサイ 13.33 0.0049   個別株比較まとめ 今回取り上げた個別株を取り扱っているブローカーは以下の4社です。 iFOREX easyMarkets Exness HotForex iFOREX・easyMarkets・HotForexはボーナスも豊富なブローカーで、100%入金ボーナスを利用することで、レバレッジを2倍上げることが可能です。 つまり、個別株取引が30倍~40倍のレバレッジで取引することが可能ということです。 Exnessには入金ボーナスがない代わりに、無制限レバレッジを利用することが可能です。 少額で証拠金を増やした後に、個別株取引に挑むという戦略もありですよね。 為替一辺倒・商品一辺倒・指数一辺倒ではなく、個別株取引も戦略に加えることで、より稼げる可能性を見出していただけたらということで、本記事を公開しました。 それでは、またね~!

【海外FX】bitwallet(ビットウォレット)とsticpay(スティックペイ)のブローカー別一覧表

bitwalletとSTICPAYが使える海外FXブローカー早見表です。比較対象ブローカーは、XM Trading,iFOREX,GemForex,is6com,FBS,Axiory,BigBoss,LAND-FX,TitanFX,AnzoCapital,TTCM,DealFX,HotForex,easyMarkets,FXGT,IronFX,SuperForex,GENETRADE,Exness,GKFX PRIME,JustForex,CXC Markets,CryptoAltum,ミルトンマーケッツ,TradeViewです。

【海外FX】easyMarkets(イージーマーケット)のフリーズレートを解説

まず始めに   easyMarkets(イージーマーケット)の公式ページが日本語化されました! 昨年の記事公開に向けて、まんぼう総裁もトップページ日本語化のレビューをしたりしていたので、HP日本語化を大変喜んでいます。     既に口座開設をして取引を開始している方は体感していると思いますが、他のブローカーと比較しても遜色ないスペック・及びオリジナルアプリのディールキャンセレーションの機能は果てしない可能性があるのがお分かり頂けていると思います( *´艸`) まぁスプレッドは固定スプレッドなのでスプレッドを比較されちゃうとアレですけどね(;^ω^) 全部のページが翻訳されたことによって、今後もユーザー数が増えていくのは間違いない&使われていくことは間違いないと確信しています! 今日はそんなeasyMarkets(イージーマーケット)の特色をおさらいしてみようと思います。 それでは行ってみましょう!   easyMarkets(イージーマーケット)のブローカー受賞数について   公式ページでもブローカーの受賞歴が公開されています。   受賞数の数を数えると、easyMarkets(イージーマーケット)の受賞数は38、HotForex(ホットフォレックス)も受賞数を公開していますが、受賞数は33なのです。   ブローカー受賞数 : easyMarkets(38) > HotForex(33) で、easyMarkets(イージーマーケット)の方が多いのです。(あ、HotForex(ホットフォレックス)も素晴らしいブローカーですよ!) つまり、日本進出するまでにすでに世界中のトレーダーから評価されているブローカーなのです。 ※HotForex(ホットフォレックス)受賞歴ページみたいにカッコよくすればいいのに...   easyMarkets(イージーマーケット)で取引可能な銘柄について   ブローカーの選択基準は色々ありますが、取扱銘柄の比較は欠かせないでしょう。 為替銘柄の差はどのブローカーも大差ないので、商品と金属についてiFOREX(アイフォレックス)と比較してみました。 農業商品・エネルギー商品・金属商品について   まずは、農業商品・エネルギー商品です。   農業商品はeasyMarkets(イージーマーケット)もiFOREX(アイフォレックス)も同一ですね。 エネルギーについては、iFOREX(アイフォレックス)では「上海原油」を扱っているぐらいで概ね同一です。 先月はまんぼう総裁も原油でハデに負けましたが、エネルギー商品を取引できるのが魅力ではないでしょうか?     金属も主要な銘柄は取引ができます。   そういえば、岐阜さんもiFOREX(アイフォレックス)で銅の取引をしていましたね。     岐阜さんがiFOREX(アイフォレックス)デビューした経緯は昨年の記事を御覧ください。   仮想通貨について easyMarkets(イージーマーケット)は仮想通貨取引も可能です。 商品 元となるスプレッド 1契約 PIP値 最小契約 最大レバレッジ BTC / USD 35 USD 1ビットコイン 0.01 USD 0.25ビットコイン 1:50 XRP / USD 0.005 USD 1リップル 0.0001 USD 1,000リップル 1:50 ETH / USD 1.90 USD 1イーサリアム 0.01 USD 1イーサリアム 1:50   CFD取引が可能なので、土日でも取引できます。(土日の取引がトレーダーの精神衛生上、いいか悪いかは別にして) ビットコインのCFD取引 (easyMarketsの場合) ビットコインの売買 (easyMarkets以外の場合) いつでも売買可能 処理は取引所で望む価格で売買を望む誰かを見つける事に基づく。 上昇(ロング)もしくは下降(ショート、もしくはビットコインの空売り)の両方から利益を得られる。 価値が低下した低い価格で購入した時にしか利益を出せない可能性がある。 限定のリスク管理ツール、マイナス残高回避機能、スリッページなし、そして固定スプレッド。 トレーダー自身が設定した取引戦略以外にはほとんどリスク管理方法がない。 easyMarkets独自のプラットホームもしく世界で最も人気のプラットホームで無料で提供されるMT4を用いた深い分析データ。 支払いやサブスクリプションが必要になる事もあるサードパーティーのソリューション。 アカウントにサインアップすればビットコインを含めた200以上の商品から選択可能。ビットコインのウォレットも交換所へのサインアップも必要なし。 最適なビットコインの取引所ビットコイン用のウォレットを探す必要がある。 easyMarketsでビットコインを取引すれば、2001年に創設された規制下にあるブローカーと、業界賞を受賞しているカスタマーサポートにアクセスする事ができます。20年近くの経験を持つ当社はクライアントを守るためにいくつもの安全策を開発してきました。 取引所の中には信頼できるところもありますが、規制外のところも多く、投資家を不必要なリスクにさらしています。当社がニュースで把握する限りでは、ビットコインの取引所はハッキングにも無防備で、投資家は資産の全てを失う可能性もあります。   easyMarkets(イージーマーケット)の公式ページでは上記の表のようにCFD取引の利点がアピールされています。 国内の仮想通貨取引所のしょぼいレバレッジよりは50倍のレバレッジの方が稼ぎは増えますよね。 当然、ゼロカットシステムがあるので大胆な取引だって可能です。 意外(?)なことにiFOREX(アイフォレックス)でも仮想通貨CFD取引ができますが、レバレッジが10倍なので仮想通貨CFDに関してはeasyMarkets(イージーマーケット)の方が面白いかもしれませんね。 easyMarkets(イージーマーケット)の取引ツールについて   取引ツールは他のブローカーにはないユニークな機能を搭載しています。 まんぼう総裁もすでに個人口座で使ってみましたが、「なんじゃこりゃー!!」みたいな不便さは感じませんでした。 使ってみて改善が必要と思っていることがいくつかあるので、easyMarkets(イージーマーケット)には連絡してありますけどね。   dealCancellation インサイドビューワー フリーズレート 間違えましたか?取り消しましょう!easyMarketsは少額の手数料で60分間「保険をかける」方法を提供している唯一のブローカーです。取引を取り消して損失を取り戻す事ができます。 他の投資家たちが何をしているのか知りたいと思った事はありませんか?この素晴らしいツールは、投資家の売りと買いの割合を示す事で市場心理に関する更に深い理解を提供します。 市場は絶え間なく動いています。もし市場を止める事ができるとしたら?価格を停止させて、「フリーズ」したレートで取引できます。上がりも下がりもしません。   他にも、easyTradeというツールで独自の取引形態を提供しています。     バイナリーオプションユーザーは必見だと思いますけどね(・ω・)ノ   easyMarkets(イージーマーケット)のフリーズレートについて   今までeasyMarkets(イージーマーケット)の記事をいくつか公開しましたが、「フリーズレート」については詳しく解説していませんでした。 公式ページの引用ですが、このサービスがとんでもないことは想像できると思います。   フリーズレートとは?   フリーズレートとは、easyMarkets(イージーマーケット)が提供している独自のツールで、商品の値動きを画面上で一時停止させます。これにより発注まで数秒間の猶予を得る事ができます。この数秒間によってFXや暗号通貨などのボラティリティの高い市場で著しい違いが生み出される可能性があります。   右側へ希望する商品をクリックします     「売却」と「購入」ボタンの間の「フリーズレート」をクリックします   これによって「売却」もしくは「購入」ができる3秒の猶予が生まれます。このバーは停止時間を表しています。   もうわかると思いますが、これってとんでもないサービスだと思いませんか? GOLDの取引をしている方ならご存知のとおり、ボラが激しいときの3秒停止ってありがたいですよね。 大胆に言うと、easyMarkets(イージーマーケット)ではスリップページを限りなく0にできるとも言えます。 この機能を活かすかは貴方次第です(*^^)v   easyMarkets(イージーマーケット)のアカウント種別について   easyMarkets(イージーマーケット)にはアカウント種別が3種類あります。 入金額に応じてランクがあがります。ランクが上がる = スプレッドが狭くなるのでより有利な取引が可能になります VIP プレミアム スタンダード プラットフォーム ウェブ/アプリ ウェブ/アプリ ウェブ/アプリ 最小処理サイズ 1ロット (交渉可) 0.5 ロット 0.05 ロット 固定スプレッド EUR/USD 1.2 pips EUR/USD 1.5 pips EUR/USD 2.0 pips GBP/USD 1.7 pips GBP/USD 1.9 pips GBP/USD 2.4 pips USD/JPY 1.5 pips USD/JPY 2.2 pips USD/JPY 2.4 pips WTI 0.04 USD WTI 0.05 USD WTI 0.06 USD XAU 0.40 USD XAU 0.45 USD XAU 0.50 USD 最小入金金額 10,000 USD 2,000 USD 100 USD 最大レバレッジ 200 200 200 手数料 0 0 0 アカウント料金 0 0 0 入金/引き出し 0 0 0 カスタマーサポート ☑ ☑ ☑ パーソナルアカウントマネージャー ☑ ☑ ☑ 24時間週5日の電話対応およびライブチャット取引 ☑ ☑ ☑   VIP口座は入金額が$10,000と高額ですが、プレミアム口座であれば$2,000でOKです。     公式ページにあるように、スタンダード口座からの昇格も可能です。 もっと言うと、まんぼう総裁のバナーから登録してくれた方には、... おっと、なんでもないよ!   easyMarkets(イージーマーケット)公式ページ日本語化でまんぼう総裁が想像した未来   今のところツイッター界隈ではまんぼう総裁以外にeasymarkets(イージーマーケット)を紹介している人はいません。 それはなぜか?? あまりにのもまんぼう総裁の真の行動力が脅威だからだと思います。 つまり自分が紹介してもまんぼう総裁には勝てないと思ってると思います( *´艸`) まぁこういうのって勝ち負けじゃありませんけどね。 いずれにしてもeasymarkets(イージーマーケット)はHPの日本語化も終えてますし、日本人サポートのMさん(元ブルームバーグと言う経歴の持ち主)もいます。 毎日ユーザーは増えているのできっと面白くなることでしょう!!  
【完全版】easyMarkets(イージーマーケット)を徹底解説【老舗18年ブローカー】

【完全版】easyMarkets(イージーマーケット)を徹底解説【老舗18年ブローカー】

まず初めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) さて、2019年最大の目玉中の目玉・・・ 老舗18年ブローカーであるeasy markets(イージーマーケット) まんぼう総裁の動画はしっかり見てくれたかな??(*´ω`*)   もうHPでeasymarkets(イージーマーケット)は調べたかな??( *´艸`) easy markets(イージーマーケット)に関してはどこのサイトよりもまんぼう総裁が熟知しております。 なぜなら実際に11月にキプロスの本社で打ち合わせしてきてますので、最も説得力が高いと思います。 もちろんまんぼう総裁から登録するのがNO.1ですよ( *´艸`) easy markets(イージーマーケット)のキプロス本社で打ち合わせをしてきたまんぼう総裁がしっかり解説していくので準備はいいかな?( *´艸`)   それでは行ってみましょう!!   easyMarkets(イージーマーケット)のスペックを詳しく解説   easyMarkets(イージーマーケット)は2001年にキプロスで設立されたFXブローカーです。このブローカーは、初めはEasy-Forexとして知られ、2016年にブランド再生を行いました。FX取引をはじめ、easyMarketsはデリバティブ商品(オプション、先渡、先物)を含む広範囲にわたる商品と、コモディティ、指標、仮想通貨のCFD(差金決済取引)を提供しています。 日本人トレーダーの間では「ほぼ無名」のブローカーですが、そのスペックはとてつもない可能性をもっており、iFOREXと同等程度の互換性があると言っても過言ではありません。 本記事では、魅力的な可能性を満載したeasyMarkets(イージーマーケット)のスペックを詳しく解説していきます。 easyMarkets(イージーマーケット) 金融ライセンス easyMarkets(イージーマーケット)はキプロス証券取引委員会(CySEC、ライセンス番号079/07)と、オーストラリア証券取引委員会(ASIC、ライセンス番号246566)の認定を受け規制されています。 この二つの規制機関は、顧客が入金した全資金を企業資金とは別にして安全に管理しています。 easyMarkets(イージーマーケット) 所在地 easyMarkets(イージーマーケット)の所在地はGoogle Mapでも確認できます。多数のクチコミもあることと、その評価も4.1(2019/12/07現在)と高評価です。   easy marketsの(イージーマーケット)オフィスのビルです(・ω・)ノ     ZAVOSグループとは何の関係も無いとのことでした。 表札もしっかりあります(^o^)     easyMarkets(イージーマーケット) オフィス風景   easy Markets(イージーマーケット) RealBetis(レアルベティス)の公式スポンサー ※現在はレアル・マドリードのスポンサーです。 以下の記事は公開時のものです。 オフィスの至る所にレアル・ベティスのユニフォームが飾られていました\(^o^)/ レアル・ベティスはスペインのサッカーチームです(・ω・)ノ Tweets by RealBetis_jp     背番号10 セルヒオ・カナレス   まんぼう総裁に栄光の背番号10番 カナレス直筆サイン入りユニフォームを託されました\(^o^)/       大変貴重な物を頂いたのです( *´艸`)   easyMarkets(イージーマーケット) NDDブローカー   easyMarkets(イージーマーケット)はNDDブローカーになります。     翻訳してみました(・ω・)ノ     また、全文英語になりますが、$3万から$200万以上に増やしたトレーダーについての記事なんかもあります( *´艸`) ① ②   easyMarkets(イージーマーケット) 入金ボーナスについて 当サイト(まんぼう総裁)から口座を開設していただくと、初回入金については上限$500まで100%ボーナスが適用されます。 また、初回入金で$500以上については、上限$5,000まで25%ボーナスが適用されます。 !注意! 最低入金額が$100なので、日本円では約11,000円以上の入金が必要です。 また、$500なら、約55,000円の入金が必要です。 (入金時のドル円レートをご確認ください) 入金額 適用ボーナス 50,000円まで 100% 50,001円~650,000円 25% easyMarkets(イージーマーケット) 入金ボーナス適用例 入金額 適用ボーナス 合計証拠金 50,000円まで 100% 50,000円 50,001円~650,000円 25% 150,000円 最大合計ボーナス額 200,000円 このように、入金ボーナスが大きいのでより有利なトレードが可能になります。 入金100%ボーナスはiFOREXのように「初回」でのみ適用されます。 合計額はiFOREXとほぼ同額ということですね。(意識しているのかな?) 【重要】easyMarkets(イージーマーケット) 入金ボーナスはサポートへの連絡が必要です XM、GEMFOREX、is6comなどのブローカーは入金ボーナスが自動で付与されますが、easyMarketsの場合は入金後にサポートに連絡が必要です。 100%入金ボーナスが貰えるのは、まんぼう総裁のサイト(もしくは、まんぼう総裁のサブアフィリエイト)から口座開設をした場合のみなので、easyMarkets(イージーマーケット)のシステムで自動反映されません。 入金時に入金金額を入力すると、「アレ?100%じゃない?」と見えます。 しかし、サポートに連絡すると、100%にしてくれるので、お手数ですがチャットかメールで依頼をしてください。 ボーナスの請求方法は、この画像のように取引画面から右下のメールアイコンをクリックして、メッセージボックからか、チャットから申し込んでください。 チャットの場合、英語圏んおサポートが応答することがあるので、 I am Japanese. とメッセージを送付すると日本人サポートに切り替わります。 英語が得意な方はそのまま英語で請求してください。 連絡手段は、メール・チャットからで構いません。 【重要】easyMarkets(イージーマーケット) 入金ボーナス消滅条件 海外FXのボーナス仕様については、ブローカーごとに異なります。主な仕様は二通りで、ボーナスがクッションの役割を果たすものと、そうでないものがあります。 図のように、XMやGEMFOREXはボーナスがクッションの役割を果たすので、一時的に口座残高がマイナスになる含み損になってもロスカットされません。価格が好転して利益確定まで粘ることが可能です。 一方で、HotForexやFBSのように、ボーナスがクッションの役割でないケースがあります。ボーナスがクッションの役割にならないと、口座残高がゼロになった時点でボーナスが消失してしまいます。つまり、過度なハイレバレッジには注意が必要になるということです。 easyMarkets(イージーマーケット)の場合、XM・GEMFOREXと同様の性質です。(サポートに確認済です。)*万が一違ってもクレームは無しよw つまり、easyMarkets(イージーマーケット)で取引するなら口座残高が一時的にマイナスになってもロスカットされずに利益確定まで粘ることが可能です。 easyMarkets(イージーマーケット)の口座開設ボーナス easyMarkets(イージーマーケット)に口座開設ボーナスはありません。 easyMarkets(イージーマーケット) 取引ツールについて   easyMarkets(イージーマーケット)はMT4を含む独自のプラットフォームを提供しています。 MT4はデスクトップ版、モバイル版で使用することが可能ですが、easyMarkets(イージーマーケット)のとてつもない特徴は、他社にはないサービスが提供されていることです。 そのサービスを利用するためにはどうしても独自のプラットフォームが必要となります。「とてつもない特徴」を以下に説明します。   easyMarkets(イージーマーケット)独自サービス「dealCancellation」とは? 委託金が必要になりますが、60分間の取引を損失ごと取り消すことができるサービスです。 和訳:間違えました? 元に戻す! easyMarkets(イージーマーケット)は、わずかな料金で60分間、取引を「保証」する方法を提供する唯一のブローカーです。取引を取り消し、損失を取り戻すことができます。 英語:Made a mistake? Undo It! easyMarkets is the only broker that offers a way to “insure” your trade, for 60 minutes for a small fee. Allowing you to undo your trade and reclaim your losses. ツールイメージ: easyMarkets(イージーマーケット)独自サービス「Inside Viewer」とは? 他のトレーダーのポジション比率を閲覧することが可能なサービスです。 和訳:他のトレーダーが何をしているのだろうか? この優れたツールは、トレーダーの何パーセントが売買しているのかを示すことで、市場のセンチメントをより深く理解することを可能にします。 英語:Ever wonder what other traders are doing? This great tool gives you a deeper understanding of market sentiment by showing you what percentage of traders are buying and selling ツールイメージ: easyMarkets(イージーマーケット)独自サービス「Freeze Rate」とは? 常に価格変動がある状況下で自分の希望する価格を固定させることができるというサービスには驚愕します! 和訳:市場は常に動いています。一時停止できたらどうしますか? レートを一時停止し、「凍結」レートで取引を行います。意図したレートから高くも低くもないジャストのレートで取引できます。 英語:Markets constantly move. What if you could pause them? Pause a rate and place your trade at the “frozen” rate. Not higher or lower. ツールイメージ: 口座開設はこちらから! easyMarkets(イージーマーケット) 口座種別について easyMarkets(イージーマーケット)はMT4トレーダーに最大レバレッジ1:400、ウェブトレーダーに最大レバレッジ1:200を提供しています。初心者トレーダーにも経験を積んだトレーダーにも本格的です。経験の浅いトレーダーは、損失を大きくしないように予め低いレバレッジを選ぶことも可能です。 口座種別→ 項目↓ Standard Premium VIP Web/App MT4 Web/App MT4 Web/App MT4 最小ロット 0.05 lot 0.01 lot 0.5 lot 0.01 lot 1 lot (*) 0.01 lot 為替 スプレッド (pips) EUR/USD 2.0 EUR/USD 1.9 EUR/USD 1.5 EUR/USD 1.4 EUR/USD 1.2 EUR/USD 0.9 GBP/USD 2.4 GBP/USD 2.3 GBP/USD 1.9 GBP/USD 1.8 GBP/USD 1.7 GBP/USD 1.3 USD/JPY 2.4 USD/JPY 2.0 USD/JPY 2.2 USD/JPY 1.8 USD/JPY 1.5 USD/JPY 1.0 商品 スプレッド (USD) WTI 0.06 WTI 0.05 WTI 0.05 WTI 0.04 WTI 0.04 WTI 0.03 XAU 0.50 XAU 0.45 XAU 0.45 XAU 0.40 XAU 0.40 XAU 0.35 最低入金額(USD) 100 100 2,000 2,000 10,000 10,000 最大レバレッジ 200倍 400倍 200倍 400倍 200倍 400倍 手数料 0 0 0 0 0 0 口座維持費 0 0 0 0 0 0 入手金手数料 0 0 0 0 0 0 サポート OK OK OK OK OK OK PMA OK OK OK OK OK OK 24時間対応 OK OK OK OK OK OK PMA・・・Personal Account Manager マイナス残高がゼロカットされるのは海外FXブローカーではもはや当たり前ですが、マージンコールが70%であることと、ストップロスが30%であることは頭に入れておきましょう。 easyMarkets(イージーマーケット)は3つの口座タイプ、スタンダード口座、プレミアム口座、VIP口座を用意しています。スタンダード口座の最低入金額は$100で、プレミアム口座は$2000、VIP口座は$10,000です。 eashMarkets(イージーマーケット)の特殊なサービスを利用するには、レバレッジが200倍であることが条件ですが、当サイトから口座開設をした場合は入金ボーナスが適用されるので、レバレッジが400倍で特殊サービスを体験できます。 また、口座種別はいつでも変更可能です。 変更するにはサポートに連絡する必要がありますが、ユーザーの要望を柔軟に対応してくれるのもeasyMarketsの強みです。当サイトから口座開設した場合、日本人サポートが優先的に対応してくれます。(現地に行った強みを発揮) 口座開設はこちらから!   easyMarkets(イージーマーケット) 取引銘柄とスプレッド 他のブローカーと同じく、easyMarkets(イージーマーケット)は商品の買値と売値の差であるスプレッドから手数料を収益としています。easyMarkets(イージーマーケット)が提供する固定スプレッドは、ほとんどのブローカーと比べると非常に競争力の高い魅力的なものです。 提供されている商品はオンラインFX取引、デリバティブ取引(オプション、先物)、コモディティ、指数、貴金属、仮想通貨などのCFD(差金決済取引)です。仮想通貨はビットコイン、リップル、イーサリアムを取扱っています。 オンラインFX取引は、136種類の通貨ペアがあります。取引できる貴金属は、金、銀、銅、プラチナム、パラジウムです。エネルギー系のコモディティは原油、ブレント原油、軽油、ヒーティングオイル、天然ガスです。 easyMarkets(イージーマーケット)で取引可能な為替とスプレッドをまとめました 銘柄 スプレッド 1 Contract Web/App  MT4  EUR/USD 1.2 0.9 100,000 EUR GBP/USD 1.7 1.3 100,000 GBP USD/JPY 1.5 1.0 100,000 USD AUD/USD 1.5 1.2 100,000 AUD NZD/USD 2.7 2.3 100,000 NZD EUR/GBP 2.0 1.5 100,000 EUR USD/CAD 2.3 2.0 100,000 USD EUR/JPY 2.2 1.8 100,000 EUR USD/CHF 2.0 1.5 100,000 USD GBP/JPY 4.0 2.5 100,000 GBP USD/MXN 250 200 100,000 USD AUD/JPY 3.0 2.0 100,000 AUD NZD/JPY 4.5 3.5 100,000 NZD   easyMarkets(イージーマーケット)で取引可能な金属商品とスプレッドをまとめました 銘柄 スプレッド 1 Contract Web/App  MT4  XAU/USD 40 35 100 troy ounces XAG/USD 400 300 1,000 troy ounces XPT/USD 450 250 50 troy ounces XPD/USD 400 350 100 troy ounces CPR/USD 45 40 25,000 pounds   easyMarkets(イージーマーケット)で取引可能なコモディとスプレッドをまとめました 銘柄 スプレッド 1 Contract Web/App  MT4  OIL/USD 4 3 1,000 barrels GAS/USD 100 50 100 metric tons BRT/USD 4 3 1,000 barrels HEO/USD 25 20 42,000 gallons NGS/USD 12 5 10,000 mmBTU WHT/USD 100 70 5,000 bushels CRN/USD 100 80 5,000 bushels CTN/USD 16 15 50,000 pounds SOY/USD 175 150 5,000 bushels CFE/USD 40 30 37,500 pounds SGR/USD 4 3 112,000 pounds CCO/USD 6 5 10 metric tons   easyMarkets(イージーマーケット)で取引可能な指数とスプレッドをまとめました 銘柄 スプレッド 1 Contract Web/App  MT4  SPI/USD 0.75 0.5 1 * Index rate * 50 USD DOW/USD 4 3 1 * Index rate * 5 USD NDQ/USD 1.75 1.5 1 * Index rate * 20 USD FTS/GBP 2 1.8 1 * Index rate * 10 GBP DAX/EUR 2 1.8 1 * Index rate * 12.50 EUR ESX/EUR 4 2 1 * Index rate * 10 EUR CAC/EUR 2 1.5 1 * Index rate * 10 EUR SWI/CHF 4 3 1 * Index rate * 5 CHF ASX/AUD 2 1 1 * Index rate * 25 AUD NKI/USD 12 10 1 * Index rate * 5 USD HSX/HKD 14 10 1 * Index rate * 50 HKD CNX/USD 25 15 1 * Index rate * 2 USD IND/USD 5 5 1 * Index rate * 10 USD USX/USD 4 4 1 * Index rate * 1,000 USD   easyMarkets(イージーマーケット)は知名度の高いほとんどのブローカーと比べて、競争力の高い価格設定をしています。主な3つの口座タイプ間での取引コストはさまざまですが、スプレッドはスタンダード口座、スタンダード口座、VIP口座で固定されています。 VIP口座は最低入金額$10,000、スタンダード1口座は最低入金額$100とベストな価格設定です。両口座で固定スプレッドを提供し、MT4のEUR/USDは1ピップまたは1.8ピップです。 口座開設はこちらから!   easyMarkets(イージーマーケット) 入出金について 入金手段 許容国 入金時間 入金手数料 中国を除く全ての国 即時 無料 全ての国 即時 無料 全ての国 即時 無料   easyMarkets(イージーマーケット)は銀行振込、クレジットカード等の入出金方法がありますが、日本人には銀行送金とクレジットカードからが最も容易です。 入金およびクレジットカードには手数料がかからず、出金に制限はありません(*1)。ただし、銀行振込による出金は$50以下では不可能です。 (*1)マネーロンダリングの制限があるので、入金以上の利益は銀行送金となります。 !注意! 最低入金額が$100なので、日本円では約11,000円以上の入金が必要です。 また、$500なら、約55,000円の入金が必要です。 (入金時のドル円レートをご確認ください) 【日本初解説】easyMarkets(イージーマーケット)で入金する手順 easyMarkets(イージーマーケット)での入金は3ステップで完了します。 入金する MT4の口座情報のメールが届く 資金振替を行う。 入金画面を表示 ログイン後、図のように「Deposit Funds」を選択します。選択箇所は2箇所ありますが、どちらからでも可能です。 入金方法を選択 次に、入金方法を選択します。 今回はクレジットカードによる入金を例にして説明します。 Amount:入金したい金額 Card Holder Name:クレジットカードの契約者名(山田 花子 の場合、YAMADA HANAKO) 入金額と契約者名を入力したら、NEXTを押します。 MT4の口座情報が記載されたメールが自動的に届きます サポートに確認したところ、5分~10分程度かかる場合があります。 迷惑メールに振り分けられることがあるので、メールボックスを確認してください。 もう一度入金のメニューを開きます 先程の「Deposit Funds」ボタンから、入金画面を開きます。 資金の振替を実行します 入金画面を再度開くと先ほどまでなかった、「INTERNAL...
海外FX口座開設キャンペーン

【まんぼう総裁限定】海外FX口座開設キャンペーンの魅力を一挙解説

  まず始めに   全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) もう10月中旬になりましたが、いかがお過ごしでしょうか? まんぼう総裁の9月・10月は   光の速さ   で終わってしまいました。 ご承知のとおり、VANTAGE FXの口座開設キャンペーンを開催したところ、   怒涛の400人以上の応募   で、キャッシュバックの振り込みに追われてここ数週間は必殺振込人だったのです。 忙しい毎日でしたが、 #まんぼう総裁キャンペーン このリンクのように、多くの方に満足してもらえました。 ↓こちらの方は、2万3000円から10万円まで増やすことに成功したようです。 みんながみんな勝てるわけじゃないんだけど まんぼう総裁のキャンペーンがきっかけでチャンスを活かしてチャンスを掴んだ人が確実にいるわけですよ チャンスを拾うか否かで全然変わるよなと マーケットは忘れて美味しいものでも食べてもらいたいですね😆 pic.twitter.com/Rx1NuJhztv — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) September 25, 2020 ツイートにあるように、実質の種銭が3000円で10万円を達成できたわけですね。 さて、このように好評いただいたメッセージを読んでみると、 ほんまにお金が落ちてるレベル! 毎回素晴らしいキャンペーンを打ち出してくださりとても助かります 光の速さで振り込まれました スプリットも狭いし最高でした! vantagefxはストップアウト0もありとてもトレードしやすいです。 これからも、是非取り引きさせていただきます 海外口座は不安という方もまんぼう総裁の記事を読めば安心 また機会があればよろしくお願いします というキーワードに気づくと思います。 そこで、これらのキーワードを掘り下げつつ、これまでの口座開設キャンペーンを振り返ってみたいと思います。 それでは行ってみましょう!   なぜ口座開設キャンペーンを開催するのか? キーワード:ほんまにお金が落ちてるレベル! まんぼう総裁もかつてアメブロで公開していたように、チャンスを探して苦労していました。   こんな感じで、無限ループでもあったのです。 なので・・・   入り口の種銭は非常に大事   という気持ちは誰よりもわかっています。 他のサイトでもキャッシュバックをやってたりするのはあったりしますが、まんぼう総裁は可能な限りハードルを低くしています。 そもそもキャッシュバックしないアフィリエイターもいますけどね。 他のアフィリエイターにはそれぞれ方針があるので、あーだ・こーだって言いませんが、種銭に苦労している方にはまんぼう総裁から口座開設をするのが有利だと自負しています。 また、まんぼう総裁から登録した方は来年以降の海外FXブローカー本拠地凸が何よりも楽しみだったりしますしね( *´艸`) アフィリエイターとしては入り口でキャッシュバックしている分、薄利になりますが、みなさんの喜びでまんぼう総裁も元気になっているのでOKだと思っています。   口座開設キャンペーンによるまんぼう総裁のリスク キーワード:光の速さで振り込まれました どのブローカーもだいたいそうですが、アフィリエイト報酬は1ヶ月以上後に振り込まれます。 しかし、まんぼう総裁の口座開設キャンペーンのキャッシュバックはブローカーからアフィリエイト報酬を受取る前にみなさんに振り込んでいます。 2020年9月に開催したキャンペーンだと、400人に対して2万円を振り込むことになります。 つまり、ブローカーがアフィリエイト報酬を支払わないでトンズラしたらまんぼう総裁は800万円以上の損失になるわけです。 800万円って、サラリーマンの年収ぐらいですよね? 他のサイトがまんぼう総裁並のハードルの低さを実現できないのは、 それだけのパワーしかない ってことですかね?(それ以外の解釈があったら教えてくれ) 今年に至っては、某ブローカーで組織的なアービトラージをやられて150万円ほどの損失を喰らいました。 どこのブローカーかは伏せるけど とあるブローカーのキャンペーンを利用してまんぼう総裁から40人ぐらい一気に登録されてその内の6人が同時反対売買やってアフィリエイト報酬を取り消された事あるよ アフィリエイト報酬取消し+キャッシュバックで約150万の丸損を食らった経験がある😇 https://t.co/P09z9Rd8WA — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) September 26, 2020 まあ、この事件はまんぼう総裁としても勉強になったいうか、油断していたということでしょう。 まんぼう総裁が先行してお金を振り込むのがどれだけリスクが高いかを考えて欲しいと思います。 キャッシュバックの条件がちょっと細かくなったと気づいた方もいると思いますが、こういう理由なのでご理解ください。 ここまでのリスクをまんぼう総裁が受けるのは、キャンペーンを利用してくれるみなさんも必死で種銭を用意しているはず(どう考えても給料日と思われる日に入金がある)なので、その熱意に答えるべきという信念があるからです。 vantage FX のキャンペーンでまんぼう総裁は先行してリスクを取って約1000万をばら撒きました 昨日、その大きなリスクは解消されました つまり、くだらない金額で出金できないとか言ってる人がいたら自分に原因はないか考えてみましょう きちんと書類出してない人だと思うけどね — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) October 10, 2020 ま、1000万円のリスクは一時的に追ったものの、無事にアフィリエイト報酬は受け取ることができました! すぐに還元祭りで第二弾やるけどね!   どんなブローカーでキャッシュバックを開催しているのか? キーワード:スプリットも狭いし最高でした! キーワード:vantagefxはストップアウト0もありとてもトレードしやすいです。 キーワード:これからも、是非取り引きさせていただきます まんぼう総裁のサイトでは、多くのブローカーを紹介特集しています。 基本的にはまんぼう総裁自身もトレードに使います。(相場の状況にあったブローカーを選定している) その中でも、 Exness easyMarkets iFOREX FXGT VANTAGE FX IRON FX の6ブローカーでキャッシュバックを開催しているわけですが、 メイン口座として使える 特殊な特色(サービス)がある 金融ライセンスがあり、トンズラする可能性が低い まんぼう総裁自らブローカーの本拠地に行った事がある・又は行く予定がある といったことが条件となっています。 (本当はこれ以外でもやってもいいけど、ブローカーへの問い合わせ等々で手が回ってないのです)   Exness Exnessは2020年の初頭にマレーシアオフィスに訪問を実現したまんぼう総裁イチオシのブローカーです。 オフィスの風景 オフィスのエントランス(ロゴがカッコいい) Exnessの特徴はなんと言っても   無制限レバレッジ・ロスカット水準0%   でしょう。 0.6ドル(60円ぐらい)でポンド円0.01ロット発射することが可能な唯一無二のブローカーです。 ゴールドも1ドルで0.01ロットの発射が可能です。(即ゼロカットは普通ですが) アフィリエイトの方法も特集していますが、読んで頂くと 手続きはとても簡単 とわかります。 これは外資系の企業ならではの合理的な考え方に基づくなーと感心もします。 X-SERVERの料金体系なんかも解説しているので一読していただけると嬉しく思います。 Exnessの上位口座が日本人に人気のTitanFXと比べても遜色のないことを調査した記事です。 この比較は日本でも例が無いので、トレード戦略の一環としてご覧いただくと光栄です。(てゆーか、読むと「マジで?」って思いますよ。) このように、まんぼう総裁サイトでも多く取り上げているブローカーです。 Exnessのキャッシュバックはこのような条件です。 Exnessに口座開設ボーナスの提供を交渉をした経緯があるのですが、おそらくCEOの基本的な考え方としてボーナスは提供するべきではないというのがあるのだと思います。 そこで、まんぼう総裁が口座開設ボーナスに相当する口座開設キャンペーンをすることにしています。 ブローカー 最低入金額 最低取引料 制限なし 10万通貨   また、exnessに関してはキプロス本社行きが確定していますのでまんぼう総裁から登録して実戦したユーザーは今後も楽しみにしていて下さい\(^o^)/*マレーシアももちろんまた行くよん♪   easyMarkets 固定スプレッドで100%入金ボーナスもあるeasyMarketsも2019年11月に訪問しました。 「スプレッド狩り」なんて言葉もあるように、FXでトレードするにはスプレッドの大小が勝敗を分けるわけです。 スプレッドはブローカーの利益となるため、ブローカーからすると「広げたい」とか「狩りたい」というのが本音というところに対して、「スプレッドを固定で提供する」というのは革命的な事実でしょう。 スイングトレードをするなら週明けのスプレッドを気にしなくてはならないので少ないロットで取引せざるを得ませんが、easyMarketsならそういう気遣いは無用です。 純粋に相場観に基づいたトレードに集中できるというわけです。 固定スプレッド以外にも取引無効のサービスがあるなど、他のブローカーにはないサービスが満載です。 先日付取引ができるのも大きな特徴だったりします。 今年はアフィリエイトの世界大会があり、みなさんのおかげでまんぼう総裁が世界一になることができました。(でも、コロナのせいで優勝賞品の海外遠征ができてないですが...) easyMarketsのキャッシュバックはこのような条件です。 100%入金ボーナスが5万円までなので、最低入金額よりはMAX受け取ってキャンペーン攻略したほうがより安全確実です。 ブローカー 最低入金額 最低取引料 3万円($300) 20万通貨   iFOREX 世界的なシェアを誇る老舗ブローカーのiFOREXに世界初の現地訪問を実現したのも昨年のことでした。 iFOREXエントランス iFOREXオフィス風景 まんぼう総裁も原油や天然ガスでiFOREXはかなり活用したブローカーです。 やはり商品先物取引のスプレッドが異常とも言える狭さなので、現在でもキャンペーンに力は入れています。 個別株も取引できるのが特徴で、銘柄数も豊富です。 原油取引は短時間で巨額の金額を稼ぐことを可能にするポテンシャルがありますが、今年は派手に敗北したこともあります。(以下の記事は、逆ポジションなら爆益っていう例ね) 日本人トレーダー達の間ではスーパースターとも言える岐阜さんをiFOREXユーザーにしたのもまんぼう総裁でした。 このときの岐阜さんは(今でもですが)とてもアツかった印象です。 英語に苦労しましたが、iFOREXで法人口座を開設する手順も公開しています。ここまで詳しいのはほとんど無いはずなんですけどね。 iFOREXのキャッシュバックはこのような条件です。 実はeasyMarketsよりもキャッシュバック条件のハードルが低いのです。 ブローカー 最低入金額 最低取引料 3万円 5万通貨   しかも、初回入金額が高額だと、キャッシュバック金額もお得になります。 これは他のサイトでは提供していない   超お得なキャンペーン   なのです。 初回入金額 取引量 キャッシュバック金額 3万円以上5万円未満 0.5Lot以上 5000円 5万円以上10万円未満 0.5Lot以上 1万円 10万円以上 0.5Lot以上 1万5000円   FXGT FXGTは日本人が仮想通貨を取引するには最良のブローカーといえるでしょう。 ボーナスキャンペーンの頻度が「ほぼ通年」なので、ボーナスが好きなトレーダーには嬉しいブローカーです。 仮想通貨だけでなく、為替やゴールドも取引できます。 レバレッジが500倍というのも十分な水準です。 仮想通貨もレバレッジ500倍というのがイカれています。 FXGTのアフィリエイトについても公開しています。 それだけポテンシャルが高いブローカーってことです。 なので、FXGTはExnessといっしょの考え方でキャッシュバックキャンペーンを通年で開催しています。 直球でアピールすると、FXGTを検討している方はまんぼう総裁サイトから口座開設をするのが一番オトクです。 なぜなら、他のブローカーで期限や人数限定のキャンペーンを開催するときに優先的に... おっと、ご自身の判断で検討してくださいね。 また、次回キプロスに行った際に確実に凸しに行くブローカーでもありますヽ(^。^)ノ ブローカー 最低入金額 最低取引料 制限なし 15万通貨   【超重要】期間限定入金ボーナスについて 50万円以上の入金(MT5への資金移動)に対して、一撃必殺入金70%ボーナスを付与! チャンスは一度きりの最強ボーナス! 一撃で大量ボーナスを獲得し是非ともトレードにお役立てください。 一撃必殺入金ボーナス期間 ~2021年2月15日09:59 (サーバータイム: GMT+3) <日本時間 ~2月15日 15:59> 一撃必殺入金ボーナス受取上限額 1,500,000円 相当額 ※換算レートにつきましては、ボーナス付与時に計算されます。 ※換算レートにつきましては、別途プライスフィーダーよりレートを受け取っており、当社で提供しております通貨ペアレートとは異なる場合がございます。 一撃必殺入金ボーナス対象通貨 JPY USD EUR BTC ETH USDT 一撃必殺入金ボーナス付与例 500,000円 × 70% = 350,000円のボーナス付与 1,500,000円 × 70% = 1,050,000円のボーナス付与 3,000,000円 × 70% = 2,100,000円 > 1,500,000円のボーナス付与 ※日本円で入金する場合には2,142,857円以上を入金することで最大金額150万円を獲得可能! ※他の通貨で一撃必殺入金ボーナスを受け取る際には、換算レートによって上下いたします。   1周年ありがとうキャンペーン第一弾概要 初回入金で200%ボーナス!を筆頭に2回目・3回目・常時と、FXGTの代名詞とも言える入金ボーナスキャンペーンを実施いたします。 各種入金ボーナスにつきましては、MT5へ資金移動を行っていただいた際に付与させていただいております。MT5への資金移動が完了した後に、MT5にログインしていただきまして「クレジット」の項目をご確認くださいませ。 1周年ありがとうキャンペーン第一弾ボーナス内容 初回入金 200%ボーナス 2回目入金 60%ボーナス 3回目入金 50%ボーナス 常時入金 20%ボーナス 1周年ありがとうキャンペーン第一弾入金ボーナス受取可能上限額 初回入金200%ボーナス・・・30,000円 相当額 2回目入金60%ボーナス・・・500,000円 相当額 3回目入金50%ボーナス・・・500,000円 相当額 常時入金20%ボーナス・・・全期間を通じて7,000,000円 相当額 ※初回入金・2回目入金・3回目入金ボーナスのカウントは、アカウント開設後からの累計入金回数(資金移動)のカウントとなります。当キャンペーン期間中の入金(資金移動)回数ではございません。 ※常時入金ボーナスの上限額につきましては、当キャンペーン終了後も獲得されたボーナス(クレジット)の額は記録されていき、一つのFXGTアカウントで獲得された常時入金ボーナスの金額が700万円相当額を超えた場合には、それ以上常時入金ボーナスを受け取ることができません。 ※通貨ごとの上限額については、ボーナス(クレジット)発生時にその時点でのレートにて、決定されます。そのレートにつきましては、別途プライスフィーダーより受け取っているレートとなっており、現在当社で提供している金額とは異なる場合がございます。 1周年ありがとうキャンペーン第一弾対象通貨 JPY USD EUR BTC ETH USDT 1周年ありがとうキャンペーン第一弾期間 2021年2月5日10:00(サーバータイム:GMT+3) ~ 2021年2月9日09:59 (サーバータイム: GMT+3) <日本時間 2月5日 16:00 ~ 2月9日 15:59> まんぼう総裁限定のFXGTキャッシュバックキャンペーンでは、最低入金額を設けていません。 しかし、一撃必殺入金ボーナスか1周年ありがとうキャンペーン第一弾を活用すれば、キャッシュバック受け取り条件の1ロット取引が超楽勝になります。 IRON FX 相変わらずIron FXは酷評の記事が目立ちますが、現地訪問したまんぼう総裁から言わせると いつまで酷評を信じるの? としか言いようがないですね。 シェアリング・ボーナスは面白い発想だと思いますし、まんぼう総裁のキャッシュバックを利用すればお金を増やせる可能性を秘めています。(ハイレバ脳死トレードだとそうは行かないですが。) 最低入金額が高めに見えますが、シェアリング・ボーナスを合わせて活用するとキャッシュバックがまるまる純益になります。 ブローカー 最低入金額 最低取引料 6万円 10万通貨   ブローカー情報の収集・紹介について キーワード:海外口座は不安という方もまんぼう総裁の記事を読めば安心 国内FXブローカーだとスプレッドが0.3pipsなんてものもありますが、いかんせんレバレッジが25倍なので必要証拠金が大きいです。 税制面から考えると、種銭が潤沢にあるなら国内FXブローカーを使うという選択肢もありでしょう。 レバレッジ25倍で必要な証拠金は、 ドル円を1万通貨取引するなら証拠金は約4万円 ドル円を10万通貨取引するなら証拠金は約40万円 ドル円を1000通貨取引するなら証拠金は約4,000円 となります。 10万通貨の取引に40万円必要ですが、特に子供がいるサラリーマンのパパ(ママもですが)が40万円を用意するってそんな簡単なことではないですよね? まんぼう総裁が紹介しているのは海外FXのブローカーばかりですが、上手に取引ができれば5万円もあれば10万通貨の取引が可能です。 ボーナスやまんぼう総裁のキャッシュバックを組み合わせれば、今回開催したVANTAGE FXのキャンペーンのようにより低リスクでハイリターンを狙うことも可能です。 国内FXブローカーのような0.3pipsというのは、海外FXブローカーだと厳し目な側面がありますが(上位口座なら0.0pipsで外付け手数料)、より有利な情報がないかと細かい調査をしています。 情報提供のために外部発注までしています。 つまり、みなさんが有利なトレードを実現するための情報公開にも 多額のコストを使っている のです。 多額のコストを使っても、 情報に基づく有利なトレードが実現できて儲かる 余剰資金を別のブローカーに投入できる また儲かる 余剰資金を別のブローカーに投入できる : と、いうプラスのスパイラルに突入できれば、みんなも儲かり、まんぼう総裁も儲かり、余剰資金を別のブローカー調査のコストに使えるという 永遠に儲かる ことになるわけです。(だから、種銭を全部失うような無茶はしないでね。)   今後のキャンペーンについて キーワード:また機会があればよろしくお願いします 次回のリクエストをたくさんいただいていますが、 ふっふっふっ とだけ言っておきましょう。 上述したように、外部発注もしている(=新規開拓に勤しんでいる)とか、まんぼう総裁自身もアンテナを貼りまくっているとか、ブローカーからの突然営業もあるわけですよ。 従って、「XXサイトにあって、まんぼう総裁サイトで取り上げてないのはなんでだろ?」って考えるとワクワクしますよね? とも、付け加えておきましょう。 つまり、ここまで読んでくれた方は、 明るい未来があるかもしれませんね。 というわけで、またねー(・ω・)ノ 期間限定ミルトンマーケッツコラボについて 「ふっふっふ」っの正体は、 こちらの記事にあるように、ミルトンマーケッツとのコラボが実現しました。 新規に口座開設をしてくれた方・これまでに口座開設をして未入金の方に対して、1万円以上の入金と一定以上の取引ロットで5,000円がキャッシュバックされるというものです。 2020年2月だけのキャンペーンなので、ぜひご利用ください!! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ

【海外FX】株価指数取引に適したブローカーを比較検討しました

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) ようやく暖かくなってきて日中も過ごしやすくなってきましたね! 世間はコロナによる緊急事態宣言やらGWも外出できないとか、いっこうに元気がない状況ではあります。 それに呼応してなのか株価指数が下落を見せるなど、ひょっとしたらチャンス相場になる可能性もでてきた感じです。 そう言えば、株価指数ってどこのブローカー使えばいいんだ? ということを比較検討していなかったので、この機会に記事にしてみました。 GOLDについては以下の記事で比較特集しているのですが、けっこう閲覧数が多いんですよね。 なので、GOLD記事のように比較表を作って、各々見解を述べる形式でまとめてみました。 それでは、行ってみましょう! 株価指数レバレッジ一覧 最初にまとめます。 ブローカー FX ダウ 日経225 GOLD WTI 原油 ビットコイン easyMarkets 400倍 100倍 80倍 200倍 100倍 30倍 Exness 無制限 100倍 100倍 無制限 50倍 100倍 Milton Markets 1000倍 調査中 調査中 1000倍 調査中 調査中 iFOREX 400倍 200倍 200倍 200倍 100倍 10倍 FXGT 500倍 100倍 100倍 100倍 100倍 500倍 XM 888倍 100倍 200倍 888倍 66倍 5倍 FBS 500倍 33倍 - 333倍 33倍 - TitanFX 500倍 100倍 100倍 500倍 500倍 - Axiory 400倍 100倍 100倍 100倍 20倍 - HotForex 500倍 50倍 5倍 200倍 66倍 10倍   このように一覧にすると、ダウはiFOREX、日経225はiFOREX、XMが高いレバレッジではあります。 常にバイレバという戦略もありますが、数値だけではなくブローカーの特色も交えて解説していきます。 easyMarkets(イージーマーケット)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 easyMarkets 100倍 80倍 ※日経225のレバレッジ80倍が適用されるのはMT4アカウントです。オリジナルアプリアカウントでは50倍になります。 easyMarkets(イージーマーケット)は御存知の通りまんぼう総裁イチオシブローカーです。 なんと言っても固定スプレッドであることから、週末・週明けのスプレッドの広がりによる影響を全く受けないので、中長期のポジション保有による戦略に大きな威力を発揮できます。 指数レバレッジについては、ダウが100倍で日経225が80倍ということで、どちらかと言うと標準的でしょう。 固定スプレッド以外にも、dealCancellationという独自のサービスがあり、一定の手数料を支払うことでトレードをなかったことにできるというものがあります。 あまり知られていないかもしれませんが、ダウ・日経でもこのdealCancellationを利用することができます。 また、 easyTradeというバイナリーオプションの拡張サービスがありますが、どういう訳か(笑)ナスダックでこのeasyTradeを利用することができます。 NYヤンキー入場時にこのサービスでチャレンジするのも面白いと想います。 Exness(エクスネス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 Exness 100倍 100倍   エクスネスもまんぼう総裁お勧めブローカーです。 無制限レバレッジというとてつもないサービスを提供しているので、少額トレーダー最後の希望と言えるブローカーでしょう。 ↑9000円の証拠金でポン円を2ロット発射可能。 なかでも、ゼロ口座という口座は圧倒的に稼げる可能性を秘めています。 意外なことにエクスネスのヘビーユーザーでも最近までゼロ口座の破壊力に気づかないでいたケースがありましたが、今後はエクスネスファンの中でも流行っていくのではないでしょうか? エクスネスゼロ口座は週末もスプレッドがゼロ これも驚愕と言えますが、エクスネスゼロ口座はダウに関して言うと、週末もスプレッドがゼロなのです。 easyMarketsと同様に、ダウの取引には大きな意味をもつということを再確認しましょう。 無制限レバレッジだけがExnessの特徴ではないということですね。 それと、ビットコインが100倍のレバレッジで取引できるのと、スワップフリーなのが魅力でしょう。 後述しますが、FXGTは仮想通貨のハイレバレッジトレードに特化したブローカーである一方で、マイナススワップが4時間おきに取られるのでレバレッジを効かせたガチホトレードには向きません。 ビットコインで中長期トレードをしたいという方にもExnessはお勧めです。 Milton Markets(ミルトンマーケッツ)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 Milton Markets 調査中 調査中   ミルトンマーケッツは取引コストの削減に力を入れいているブローカーで、まんぼう総裁もミルトンマーケッツの役員さんにお会いしたときに力説されました。 ダウや日経225のレバレッジは現在確認中なので、正確な数値が判明したら見解を書きますね。 ただ、GOLDのレバレッジが1,000倍という割りと狂ったサービスを提供しているということと、それでありながらボーナスキャンペーンを連発しているということで、ミルトンマーケッツも是非口座をもっておいてほしいブローカーだと思っています。 iFOREX(アイフォレックス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 iFOREX 200倍 200倍   iFOREXはeasyMarketsと同様に老舗ブローカーであり、指数や商品取引をするならiFOREXを使うべきと言っても過言ではないブローカーです。 WTIについてはスプレッドがeasyMarketsに負けているということで、まんぼう総裁としては寂しさを感じざるを得ませんが、現時点ではボーナスオファーの頻度がeasyMarketsよりも頻度が高いかなー?というのが優位なところでしょうか? まあ、easyMarketsに転職したMさんがeasyMarketsで色んなことを仕掛ける営みをしているのでiFOREXもあぐらをかいてはいられないとは思いますけどね。 さて、ダウ・日経225についてですが、iFOREXはどちらも高めのレバレッジで取引が可能です。 株式指数レバレッジが200倍というのは(上手にトレードすれば)稼げる可能性を秘めているということです。 本記事では比較の対象にしていませんが、天然ガスについてはレバレッジの観点からもスプレッドの観点からも一番取引しやすいブローカーでしょう。 そういう意味でも、iFOREXにはいつでも入金できる準備をする必要があるかなと思います。 FXGT(エフエックスジーティー)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 FXGT 100倍 100倍   FXGTはビットコインを始めとする仮想通貨取引の短期トレードに適したブローカーでしょう。 比較記事なのでダウと日経225のレバレッジも掲載しましたが、FXGTで指数のトレードをするには微妙かもしれません。(スプレッド的に) 上限使い切りボーナスを上手に使えば効率よく稼げる可能性があるので、そういう意味でもFXGTで指数取引に固執する理由はないかなと思います。 まんぼう総裁もたまにビットコイントレードします。 iforexでわけのわからない草コインで焼かれた話をFXGTでリベンジ完了 お疲れ様でございました😎 pic.twitter.com/UIJd9FCN8j — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) April 18, 2021 他のFXGT紹介サイトではここまでのスクショってほとんどないですが、着金が早いということは特筆に値するブローカーでしょう。 XM(エックスエム)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 XM 100倍 200倍   法人口座が作れないXMはまんぼう総裁としては魅力を一切感じないブローカーではあるものの、依然としてXMに固執している(としか言いようがない)ファンが多いのも事実です。 スプレッドが決して狭いとは言えないのになんで人気があるのか謎ではあります。 とは言え、特筆することがあるなら、なぜか日経225のレバレッジがiFOREX並に200倍なのです。 一応、100%ボーナスのリセットも年に数回あるので、日経225に特化した使い方もなくはないかなー? と、言ったところです。 FBS(エフビーエス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 FBS 33倍 -   まんぼう総裁は「世界中のユーザーが利用しているブローカー」というのを優良ブローカーの条件の一つとしていますが、FBSは正に世界中で使われているブローカーではあります。 しかし、... 日本語翻訳がいつまで経ってもイケてない というのが、日本人ユーザーに浸透しきれない理由なのかな? とは思います。 で、ダウ・日経225については、 FBSでダウはヤメておけ という結論ですね。レバレッジが33倍ですし。 意外(?)な特徴で言うと、なぜかユーロ系の通貨ペアのスプレッドが狭い傾向にあります。 100%ボーナスも常時使えるという点も総合すると、このように特定の通貨ペアを主軸にするという使い方もう有効でしょう。 最近では300%ボーナスのプロモーションも開催されるなど、プロモーションが豊富なブローカーです。 FBSも口座開設をして損はないブローカーだとは思います。 TitanFX(タイタンエフエックス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 TitanFX 100倍 100倍   TitanFXは狭いスプレッドが売りのブローカーですが、指数に関してはレバレッジという観点からすると標準的としかいいようがないですね。 ただし、WTIのレバレッジが500倍なので、原油価格の一方通行が確実というときには驚異の破壊力をもつことは間違いありません。 ↑このときはまさかの200万円の敗北でしたが、   一日で5%上昇からの、10%下降の波に乗れればハンパなく稼げる銘柄です。 こういうチャンスのときに口座がないととても後悔するので、TitanFXにも口座は作っておきましょう。 Axiory(アキシオリー)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 Axiory 100倍 100倍   TitanFXを例にしたので、スプレッドが狭いブローカーとしてAxioryも掲載しましたが、TitanFXと同様に指数に関しては光るものがありませんね... とは言いつつも、スプレッドが狭いブローカーでありながら、100%入金ボーナスもほぼ定期的に開催するので、ここも限定的な使い方であっても口座は持っておきましょう。 HotForex(ホットフォレックス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 HotForex 50倍 5倍   HotForexは「超」がつくほど優良ブローカーですが、日本人に浸透していないのが謎ではありますね。(欧州では大人気なんですが) トレードコンテストも開催したりなど、面白いプロモーションを投下してくるなど、ユーザーを飽きさせない努力を継続しているブローカーです。 なかでも、   クッション機能はないにせよ、100%ボーナスの利用幅が大きいのが特徴です。 ↑口座タイプも複数あり、ECN口座はXMのZero口座よりもスプレッドが狭いので、XMの上位互換のブローカーと思います。 しかし、... 指数取引にはレバレッジの観点から不向きではあります。 ダウが50倍で、日経225が5倍なので。 と、いうことで、HotForexは指数以外で活用するのがおすすめです。 指数レバレッジ比較まとめ あれ? TTCM Big Boss Anzo Capital Yadix Iron Fx Gemforex : とか、まんぼう総裁が紹介してる他のブローカーの指数レバレッジは? とか、言われそうですが、... 今回はこれで勘弁な! ということで、ご了承願います。 なぜなら、ここまで数値を整理するのも、見解を記述するもの、どえらく時間がかかっているからです。 もっというと、 ナスダック無いんだけど? とかも聞こえてきそうですが、どれもこれもひっくるめて徐々にメンテンスするから後日のお楽しみにしてください。 今回の比較表はレバレッジを主眼にしてみました。 現時点ではスプレッドのみの比較ですが、ここにスプレッドやスワップポイントも比較することでより最適な解に近づくでしょう。 チャンス相場到来の前に解説するべきブローカーを見極めて準備をしてみてください。 というわけで、またねー(・ω・)ノ

【海外FX】easyMarkets(イージーマーケット)のVIP口座を破格で使えるキャンペーン開催!!【まんぼう総裁限定】

キャンペーン継続のお知らせ 2021年4月6日更新 好評いただいている本キャンペーンは当初は3月上旬で終了でしたが、2021年5月末まで利用が可能になりました。 固定スプレッドのVIP口座を格安で使えるチャンスなので、是非活用してください! VIP口座 pic.twitter.com/kvy9VXNrAF — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) April 5, 2021 上記のスクショにあるように、 WTI原油 ゴールド ナスダック ドル円 ユロル これらの銘柄をトレードする方には重宝すると思います。 今日だけでも、 や、 ユロルやWTIでボラがでているので活用したいところです。 まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 昨日の記事は読んでくれましたか? ミルトンマーケッツのキャンペーンは、少額トレーダーにもガチのトレーダーにもかなりお得なキャンペーンなので是非ご利用ください。 さて、本日投下するキャンペーンは一定の資金力があるトレーダー向けのものです。 某ブローカーから転職してきた日本人サポートがeasyMarketsの上層部に交渉してまんぼう総裁限定のキャンペーンが実現できました! キャンペーンの内容は、 VIP口座を格安で使い倒せるぅぅぅぅぅぅ だあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!! って、ことで、キャンペーンの内容を詳細に説明したいと思います。 それでは、行ってみましょう! easyMarkets(イージーマーケット)VIP口座格安キャンペーンの全容   全容... は、シンプルで↑の通りなんです。 取引可能Lot: 1Lotから0.01Lotへ引き下げ 必要入金額:100万円から50万円へ引き下げ 実施期間:2021年2月上旬~3月上旬(成果によっては延長可) 注記:10分未満のスキャルピングは監査対象です(特にEAの利用はお気を付けください) まず、利用条件が100万円から50万円になっているのがお得です。 ↑の記事でも書きましたが、 ブローカー easyMarkets TTCM Exness Milton Markets 口座名称 VIP口座 VIP口座 ゼロ ELITE 約定力 高 最強 高 高 ストップレベル 幅あり すべて0 幅あり 為替は0 指数/ゴールドは幅あり 最低入金額 100万円 ↓ 50万円 200万円 10万円 100万円 ↓ 50万円 手数料(片道) 0 1.5$ 3.5$ 0 スプレッド 固定 激狭 狭い 激狭 入出金方法 普通 充実 充実 普通 出金スピード 普通 速 激速 やや遅め サポート 充実 充実 充実 充実 レバレッジ 400倍 200倍 無制限 200倍 ストップアウト 30% 50% 0% 50%   ミルトンマーケッツもeasyMarketsも2月のキャンペーンでは最低入金額が100万円から50万円にディスカウントされています。 easyMarketsのVIP口座は元々最低ポジションが1Lotということで、仮に100万円を入金できたとしても、1Lot発射するのはやや心細い維持率となります。 今回の大きな特徴は、最低入金額が引き下げられたことと、最低ロット数が0.01Lotになったということで、VIP口座に興味があっても躊躇してしまうような問題はかなり解消できているはずです。 上位口座が有利な理由をリスクリワードレシオで考える 超久しぶり(?)に生真面目な解説をしますが、リスクリワードレシオとは、リスク(損失)とリワード(利益)の大きさの比率のことを言います。 日本語だと「損益比率」だね。 では、リスクリワードレシオの計算方法をおさらいします。 リスクリワードレシオは以下の計算式で求められます。 勝ったときの利益 ÷ 負けたときの損失 = リスクリワードレシオ この式は、利益と損失にはどちらもプラスの値を使います(要するに絶対値ってことですね)。つまり、リスクリワードレシオは0以上の値を取ることになるわけです。 リスクリワードレシオの計算してみる リスクリワードレシオの計算例をいくつか紹介します。 EX1) 金額で計算 あるトレードで狙っている利益が30,000円、想定している損失が20,000円の場合、そのトレードのリスクリワードレシオは 30,000円 ÷ 20,000円 = 1.5 となります。 EX2) pips数で計算 pips数でリスクリワードレシオを計算することも可能です。 あるトレードで想定される獲得pips数が20pips、想定される損失pips数が10pipsの場合、そのトレードのリスクリワードレシオは 20pips ÷ 10pips = 2.0 と、なるわけです。 EX3) 過去トレードをまとめて計算 過去のトレードからリスクリワードレシオを計算する場合は、取引毎にロット数が異なるため、pips数で計算します。 これも計算方法はシンプルで、過去のトレード結果から、「勝ちトレードの平均獲得pips数」と「負けトレードの平均損失pips数」を算出します。で、割り算するだけです。 過去トレードのうち、勝ちトレードの平均獲得pips数が30pips、負けトレードの平均損失pips数が40pipsの場合、リスクリワードレシオは 30pips ÷ 40pips = 0.75 期待値(損益) 損益の期待値は、トレード1回あたりの損益の平均値のことを意味します。 統計/確率に詳しい方にはわかると思いますが、損益の期待値がプラスの場合はトレードをすればするほど資産は増えていき、損益の期待値がマイナスの場合はトレードをすればするほど資産は減っていくということです。 パチスロ打つ人なんかは、この期待値を大事にしますよね? 高設定なら全ツッパでもOK→なぜならトータルでプラスになるから 低設定ならとっとやめる→なぜなら全ツッパすると確実にマイナスになるから 故に、自身のトレードの期待値がプラスになるように計画することが大切なわけです。 期待値の計算方法 損益の期待値は、勝った場合の利益・負けた場合の損失・勝率を用いて以下の式で計算できます。 勝ったときの利益 × 勝率 – 負けたときの損失 × (1 – 勝率) = 損益の期待値 この式からもわかるように、損益の期待値を上げるには 勝った場合の利益を大きくする 勝率を高くする 負けた場合の損失を小さくする のバランスを考えることが必要となります。 期待値の計算例 損益の期待値計算をしてみましょう。 EX1) これから行うトレードで計算してみる これからエントリーしようとしているトレードで、利確の場合の利益が20,000円、損切の場合の損失が10,000円、想定される勝率が30%の場合、そのトレードの損益の期待値は 20,000円 × 0.3 – 10,000円 × (1 – 0.3) = -1,000円 となります。 これだと、ギャンブルトレードと言われても仕方ありませんね。 では、勝率が40%ならどうでしょう? 20,000円 × 0.4 – 10,000円 × (1 – 0.4) = 2,000円 これだと、プラスになります。 では、これらをベースにいくつかシミュレートしてみます。 モデル 1Lot TP:20pips SL:pips TP 勝率 SL 1-勝率 期待値 勝率30% 20000 0.3 10000 0.7 -1000 勝率40% 20000 0.4 10000 0.6 2000 ↑モデル計算   0.5pips広い 1Lot TP:20pips SL:pips TP 勝率 SL 1-勝率 期待値 勝率30% 19500 0.3 10500 0.7 -1500 勝率40% 19500 0.4 10500 0.6 1500 ↑スプレッドが0.5pips広い、もしくは0.5pips拡大する 1.0pips広い 1Lot TP:20pips SL:pips TP 勝率 SL 1-勝率 期待値 勝率30% 19000 0.3 11000 0.7 -2000 勝率40% 19000 0.4 11000 0.6 1000 ↑スプレッドが1.0pips広い、もしくは1.0pips拡大する この比較をみて分かる通り、スプレッドが0.5pips、1.0pips広いということは、期待値を大きく下げるということになります。1.0pipsで期待値半分です。 この例を100回繰り返すと、 狭いスプレッド:100回 × 2,000円 = 20万円 広いスプレッド:100回 × 1,000円 = 10万円 と、大きくひろがります。   バルサラの破産確率をご存知の方にはわかると思いますが、期待値が下がるとトンでもなく爆死に向かいやすくなります。 「いやいや、ボーナスあればいいんじゃねー?」って言う考えを捨てられない方は、キチンと計算しましょう。 計算というか、「ボーナス出金できないからね」ってことを合わせて計算すると期待値がどうなるかわかります。 ボーナスの使い所を再考してみましょう。 easyMarkets VIP口座格安キャンペーンまとめ この記事では、リスクリワードレシオ、損益の期待、期待値を計算する方法をおさらいしつつ、スプレッドが期待値にどのように影響するか解説しました。 キャンペーンで使用できる期間が限定されていますが、より取引コストが安い条件を活用することは理論上(手法が一定であれば、の条件もあります)は勝ちやすくなるということです。 パチンコの貸玉が1玉=4.05円になったらガッツリ期待値が下がるのと同じです。 キャンペーンではEAの利用に注意の旨がありますが、秒速スキャルピングをするEAでなければ固定スプレッド・狭スプレッドのeasyMarkets(イージーマーケット)で運用するのも有利な戦略になるわけです。 また、easyMarkets(イージーマーケット)に関しては、まんぼう総裁限定のキャッシュバックキャンペーンも常時開催しているので、新規にeasyMarkets(イージーマーケット)のVIP口座でキャッシュバックを受け取ることも可能です。 先日お会いしたミルトンマーケッツのKさん(ミルトンマーケッツの役員)も、トレードコストを安くすることに相当な努力をしているそうです。 つまり、海外FXの本当のサービスはハイレバレッジ・低コストだということですね。 キャンペーン実施期間が2021年2月上旬~3月上旬なので、この機会をお見逃しなく! あ、今回のキャンペーンでVIP口座使用者と、easyMarkets(イージーマーケット)新規口座解説してくれた方にはeasyMarkets(イージーマーケット)公式グッズをプレゼントするのでお楽しみに! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ
海外FXゴールド比較

【海外FX】ゴールド銘柄のスプレッド・レバレッジ・ボーナス比較表

まず始めに   全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) ブログの更新をさぼってたので更新をどんどんしていきたいと思います!! 気がつけば、雇用統計などのイベントも終わってましたね! ちょっとブログ更新の気合を入れ直して頑張りたいと思います!(; ̄ー ̄川 アセアセ     先日FRBパウエルの要員発言がありましたが、バッチリ勝てたかな? てゆーか、よっぽどの神ポジで高みの見物じゃなければ、ヘタにイベントに挑まない方が得策ではありますけどね。 さて、こういうイベントで大きく値動きするのはゴールドや原油などですが、今回はゴールドに焦点をあててブローカーの比較をしてみました。   この記事を読めば、ブローカーを複数口座開設するメリットがわかってくるかと思います。   それでは、行ってみましょう!   ゴールド(XAUUSD)銘柄とは?   解説は不要と思いますが、金(きん)価格の商品です。 一日に1000pips以上の値動きを見せることも珍しくないポンド以上のボラティリティがあり、短時間で決着しやすい特徴があります。 数分で1000pips(10ドル)以上の値動きがあることもあり、上手に取引できれば利益を得やすい商品だと言えます。 当然ながら反対方向に相場が進んだ場合は即ロスカットされることになるので、ストップロスを入れておかないとゼロカットまでもっていかれます。 日経平均やダウ・原油・天然ガスなどの一方通行商品と同等以上のボラティリティを持つCFD商品よりもスプレッドが狭いのも特徴です。   ゴールド取引に必要な必要証拠金(1ロットの場合)   ポンド円のような通貨ペアなら「1ポンド = 何円」という計算で証拠金を計算しますが、ゴールドは重さで計算をします。 GOLD(きん)としての重さ、1オンス(oz)を単位の基準とします。日本人には馴染みのない単位のオンスは約30グラムです。このオンスで単位とUSドルで換算するというわけです。   GOLD取引に必要な証拠金   2020年6月16日の1オンス(oz)あたりの価格は1727ドル です。 XMTradingの証拠金計算機で必要証拠金を計算してみました。   レバレッジ 必要証拠金 (0.1ロットで計算) 100倍 18,566円 200倍 9,273円 400倍 4,637円 500倍 3,710円 888倍 2,088円 1,000倍 1,857円   当然ですが、レバレッジが大きいほうが必要な証拠金が少なくてOKです。(即ゼロカットもありえますが)   有事の際に金の価格が変動する GOLDは核汚染でもされない限りどんな薬物によっても劣化しないという特徴があるので安全資産と言われています。 好景気の時には株価の値上がりを期待して株を購入する傾向がありますが、戦争・紛争・恐慌で世界情勢が不安定になると安全な資産である「金」を購入するトレーダーが増えます。 その結果、価格が高騰するわけです。 ただし、今年のコロナウイルス相場は特殊でした。 あまりも株価が暴落したため追証の支払いのためにGOLDが売却によって現金化され、同時に大暴落するという結果となりました。     ゴールドには「限月」がない 原油先物や天然ガス先物をトレードするトレーダーにはピンとくることですが、ゴールドには限月がありません。 「限月(げんげつ)」とは、株価指数先物や商品先物といったCFDの取引が強制的に終了する月のことです。 簡単に言うと、「先物(さきもの)」と呼ばれる商品は、ポジションを持っていられる期限が限定されているということです。 ゴールドには限月がないので、為替と同様にいつまでもポジションを保持することができます。   ブローカー別GOLDスプレッド実測   近しい時間帯でゴールドのスプレッドをブローカーごとに実測しました。カッコ内はスプレッド値です。 Exness(スタンダード)・Genetrade・GEMFOREX Exness(ゼロスプレッド)   ※ゼロスプレッド口座なので、別の日に測定 Axiory・HotForex・Anzo Capital IronFX・GKFX Prime・XM Trading iFOREX・easyMarkets VANTAGE FX 海外FXボーナスとゴールドレバレッジの比較 上述したゴールド実測値・レバレッジ・ボーナス・ボーナスクッション・ロスカット水準を表にまとめました。 ブローカー スプレッド レバレッジ ボーナス クッション ロスカット水準 Exness(スタンダード) 50 無制限 なし ー 0% Exness(ゼロスプレッド) 0 無制限 なし ー 0% Genetrade 35 1000 あり あり 50% GEMFOREX 30 1000 あり あり 20% Axiory 32 100 なし ー 20% HotForex 120 200 あり なし 20% Anzo Capital 32 500 あり なし 50% IronFX 46 100 あり なし 20% GKFX Prime 55 100 あり あり 20% XM Trading 45 888 あり あり 20% iFOREX 80 200 あり あり 0% easyMarkets 75 50 200 あり あり 20% VANTAGE FX 13 500 あり あり 50% Milton Markets 15 1000 あり あり 50% yadix 11 100 あり なし 50%   ※easyMarketsは測定時には75前後だったものの、まんぼう総裁から指摘した結果2020/06/22時点で50前後になりました。 では、この表をもとに、まんぼう総裁の独断と偏見でコメントしてみます!   Exness(スタンダード・ゼロスプレッド) スタンダード口座の場合でもスプレッドが50程度なので、レバレッジ無制限の超ハイレバで取引することが可能です。 スクショにあるように、10ドルにも満たない証拠金から100ドルの利益を確定することも可能です。 驚異的なのが、ゼロスプレッド口座は、スプレッドが0です。 Lot数 手数料(片道) 10Lot $160($16) 1Lot $16($8)   1Lot発射の手数料が$16ですが、スプレッドが0なのでかなり取引コストが安いということがわかりますよね?   ゴールドをレバレッジ無制限で発射できる 維持率0%まで耐えられる スワップフリーで取引できる   という優位性があるため、ゴールド取引として活用できるブローカーとしては及第点である! 特に、スワップフリーなのが見逃せません。 大きなロットで取引するときのスワップポイントはだいぶ大きいです。 つまり、トータルコストが圧倒していると考えてください。 究極のゴールドハイレバレッジトレード成功例 証拠金3,000円でGOLDを合計0.5ロット発射して、 2ドルの値幅で1万円の利益確定に成功しました。 他のブローカーではそもそも3,000円で0.5ロットのGOLDを発注することすらできません。 もちろん、即ゼロカットの可能性がありますが、Exness(スクスネス)ゼロ口座であれば手っ取り早く稼げる可能性があるのです! さらに、3万円の証拠金で10ロット発射を試みましたが、これも成功しました。(ホントに即死するから参考までに ということで) Exness(エクスネス)の無制限レバレッジ&GOLDで儲かる方法 Exness(エクスネス)のオリジナルアプリをインストールすることで、無料のトレードシグナルを受信することができます。 結構的中するので、GOLDで稼ぎたい方は是非インストールしましょう!   Genetrade   ロスカット水準が50%なのとボーナスが50%であることを総評すると、意地でも使うという理由はない。   GEMFOREX   100%ボーナスでハイレバ取引が可能だが、約定力に難がある。   Axiory   ボーナスが無いので、スプレッドと約定力で勝負。ただし、レバレッジが100倍なので物足りない。   HotForex ボーナスがあるものの、クッションの役割が無いのと、スプレッドが広め。今はGOLDには向かない。   Anzo Capital レバレッジが500倍なのが意外(?)。ただし、ボーナスが50%で1回のみ・強制ロスカットが50%なので局所的に使うか?   IronFX レバレッジが100倍なので、ボーナスがあるにせよ、意地でもGOLDを取引する理由にはならない。   GKFX Prime GKFX Primeは現在日本人トレーダーの受け入れを停止しています。 レバレッジが100倍なので、iFOREXのボーナスオファーが無い時期なら、期間限定のクッション付き100%ボーナスでレバレッジを200倍として取引する選択もあり。 今なら口座開設ボーナス&100%入金ボーナスのキャンペーンもやっているので、検討する価値はあるかと思います。若干スプレッドが広めですが。   XM Trading GEMFOREXに近いレバレッジで、入金ボーナスを活用して取引するのもあり。ただし、スプレッドが若干広い。   iFOREX レバレッジ200倍なので、100%ボーナスの時は活用したい。ただし、意外にスプレッドが広い。   easyMarkets レバレッジ200倍なので、100%ボーナスを活用したい。本記事執筆時はコロナウイルスの影響により、スプレッドが75程度であったが、2020/06/22時点では50程度になりました。 iFOREXより狭い・固定スプレッドである、ということを考えると有利な条件と言える。(週末・週明けのスプレッド拡大の影響がない) 今はGOLD取引に向かないが、easyTradeやdealCancellationと組み合わせるのも面白い。 VANTAGE FX まず、スプレッドが圧倒的に狭いです。そして、約定力が高いのでほぼ滑りません。 ゴールドをトレードするとわかりますが、かなり快適です。 レバレッジが500倍というのも見逃すことができなく、ゴールドトレードのメイン口座として使えるのは間違いありません。 まんぼう総裁も注目しているブローカーなので、超お得なキャンペーンも開催しています。 是非ご利用ください! Milton Markets ロスカット水準が50%ではありますが、ミルトンマーケッツのGOLDの取引コストはハンパじゃないスペックであると言えます。 レバレッジが1,000倍ということで、GEMFOREXの1,000倍と同じですが、GEMFOREXのスプレッドとは比較にならない狭さです。 プロモーションが頻繁に開催され、入金100%ボーナスがあるときにはGOLD取引のチャンス到来ということです。 重要なのが、GOLDのストップレベルが0だということです。 もっと言うと、TitanFXのBLADE口座よりもスプレッドが狭いので、GOLDトレーダーはボーナスキャンペーンが開催されたら利用するべきブローカーということになります。 Yadix YadixのGOLDレバレッジは100倍です。 口座は3種類あり、クラシック口座のスプレッドは50とだいぶ広いです。 冒頭に表に記載したスプレッド(11~13)はスキャルパー口座のもので、他のブローカーと比較しても狭い方ではあります。 公式ページではボーナスが25%というプロモーションがあるとありますが、実際に口座を開設すると100%ボーナスのオファーがあります。(期間は限定ですが。) ゴールド取引比較のまとめ   本来なら当サイトで紹介しているブローカーを全部調査したいのですが、...   スーパー大変   なので、徐々にリライトしていこうと思ってます。   比較をすることで、レバレッジをとるのか、スプレッドをとるのか、ロスカット水準をとるのかと、色んな角度で考察することができます。   表に表現しきれてないこととして約定力がありますが、これはみなさんで実際に使ってみて報告をいただけると嬉しく思います。 最近でも某ブローカーの原油銘柄が改悪されているなどの報告もあり、ユーザーの報告があることで、まんぼう総裁も動きやすいのです。 ポイントとしてはまんぼう総裁のみの意見ではなくてユーザーの声が沢山ある方が良いわけです。     「XXXのブローカーに比べてスプレッドが異常なんだけど? どういうつもり?」 「名物銘柄があった方が話題性抜群だと思うから採算度外視でどう?」   とか、交渉しやすいわけです。 こういう比較表があった方が建設的なんですよね。 と、ゆーわけで、今日はここまでにしたいともいます。 それでは、またねー! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ
easyMarketsで100%ボーナスを唯一提供可能なリンク

【easyMarkets】イージーマーケットのメリット・デメリットを徹底解説【ハイレバ戦士まんぼう総裁】

まず初めに   全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) さて、2019年最大の目玉中の目玉・・・ 老舗18年ブローカーであるeasyMarkets(イージーマーケット)     公開してまだ一日ですがとっても数多くの方からご登録頂きありがとうございます\(^o^)/ やはり実際に11月にキプロスの本社で打ち合わせしてきた強みは最も説得力が高いと思います。 そんな2020年に確実に流行る事間違い無しなeasyMarkets(イージーマーケット)ですが、まんぼう総裁がメリット・デメリットを余すことなくお伝えしていこうと思います(・ω・)ノ アイフォ戦士デビューがまだの方はこっちの記事もチェックしてね(*^^)v それでは行ってみましょう!!   easyMarkets(イージーマーケット)のメリット   easyMarkets(イージーマーケット)をまんぼう総裁から登録するメリット また、どこから登録するのかはあくまでもユーザーの自由になりますが、実際にeasyMarkets(イージーマーケット)のキプロス本社で打ち合わせしてきた事実・及び優位性は揺るぎないものになります。 そしてまんぼう総裁からの登録者限定で100%ボーナスが受けれるわけです。(大手海外FXサイトのみんなで海外FXとか見てごらん・・・50%ボーナスだからw) また、まんぼう総裁からのサブアフィリエイトの登録者はまんぼう総裁のように100%ボーナスでユーザーに紹介が可能なわけです。 (*普通に直HPでパートナー登録したら50%ボーナスでしか紹介は出来ませんのでご注意下さい)   あとはeasyMarkets(イージーマーケット)はまんぼう総裁がiforexに引き続き覇権を取るのが確定的な為、情報網についても他者の追随を許さないというのもあります。   ・100%ボーナスが適用される ・サブアフィリエイトは100%ボーナスで紹介できる ・多大なる情報提供が可能   もうこれだけでメリットは充分な気もします( *´艸`) いわゆるまんぼう総裁のWINWINWINシステム構築の完成版なわけです。   そもそもインターネットやツイッターで海外FXブローカーを紹介している人の大多数が自分で実際に実弾を入れてブローカーを試していないような人ばかりですからね・・・。(特にネットはひどい) そんなところから登録するぐらいならまんぼう総裁からの方がどう考えても良いと思っています。 まんぼう総裁の海外FXブローカーの実弾投入最低金額は100万円以上ですからね( *´艸`) まぁもうわかってる人が大多数だと思いますし、新興ブローカーでも速やかに実行していますからね。 以上、長くなりましたがまんぼう総裁から登録するメリットは確実にあるわけなので後は皆さんがご判断して下さい( ^^) _旦~~ easyMarkets(イージーマーケット)の客観的なメリット   海外FXブローカーが増えるということは、自動的に他のブローカーとの競争になります。 従って、海外FXブローカーが増えると言うことは皆さんにとって自動的にメリットになりえます。 easyMarkets(イージーマーケット)は老舗18年の運営実績があり、かつライセンス2個所有と言うこともありますのでどこぞの無ライセンスブローカーとは違って一定の安心感があります。 iforexの互換性なブローカーになりえそう、また面白いオリジナルなサービスを提供しているのも気になるところですね。 簡単に客観的にまとめると・・・   ・海外FXブローカーが増えると他社との競争に繋がって良い ・老舗18年の運営経歴があり、ライセンス2個所有の為、一定の安心感がある ・オリジナルアプリ限定で面白いサービスが多々ある   いまのところこんなところでしょうかヽ(^。^)ノ easyMarkets(イージーマーケット)のデメリット   easyMarkets(イージーマーケット)のまんぼう総裁が考えうるデメリット   これは比較的シンプルかもしれません。   ・日本での実績がまだ無い事(2019年12月9日現在) ・出金経路が国際銀行送金しか無い事 ・日本人サポートが1人な事(対応が遅い可能性あり) ・日本に進出したばかりなので情報が少ないこと   他には今のところ思いつかないですが、こんなところでしょうか?(・ω・)ノ あとは一旦は様子見をする人もいると思うんですが、基本的にeasyMarkets(イージーマーケット)は会社の体力もあり儲かっているブローカーの為、今後はボーナスキャンペーンなどは行わない可能性も高くなります。 easyMarkets(イージーマーケット)の客観的なデメリット   上記で挙げた以外に何かありますでしょうか? ・日本での実績がまだ無い事(2019年12月9日現在) ・出金経路が国際銀行送金しか無い事 ・日本人サポートが1人な事(対応が遅い可能性あり) ・日本に進出したばかりなので情報が少ないこと ・あえて積極的に使う必要がないこと(NEW)   こんなところぐらいでしょうか?? もし他にもこういうのがあるよーってのがあれば教えて下さい。 今のところパッと思いついた感じでは他には見当たりませんw   easyMarkets(イージーマーケット)は2020年に確実に流行る   どう考えても流行ります( *´艸`) 自信ありですね(*^^)v 予言します!! easyMarkets(イージーマーケット)は2020年確実に流行るブローカーとなるでしょう!! これは100%当たる確実な事だと思っています( *´艸`) もちろん日本に進出し始めたスタートアップなので完全なブローカーではありません。 (特にサポート体制はまだ少し心配が残る) easyMarkets(イージーマーケット)を使っていく人で建設的な意見を元に良いブローカーに育って欲しいとまんぼう総裁は思っています。
easyMarketsのeasyTradeをレビュー

【海外FX】easyMarkets(イージーマーケット)のeasyTradeを解説

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) さて、easymarkets(イージーマーケット)も公開から数多くの方がまんぼう総裁よりご登録頂きましてありがとうございます\(^o^)/ easymarkets(イージーマーケット)は老舗18年です!! ただし、日本スタートアップですのでまだまだこれからのブローカーでもあります。 出金経路の整備についてはまんぼう総裁も色々と要望していますのでユーザーの方は今後良くなっていくんだなって覚えておいて頂けたらと思います。 まんぼう総裁はまだ法人口座が作れていないんですが、めちゃんこ提出しなきゃならない書類があってゲロ吐きそうです"(-""-)" 法人トレーダーの場合は最初の口座開設が非常に面倒なんですよね"(-""-)" まぁ皆さんには関係無いかもしれませんが、なかなか忙しくて手が回ってない状況です。 しかし色々と頑張って主体的に発信しなきゃなりませんねヽ(^。^)ノ さて、今日はそのeasymarkets(イージーマーケット)のeasytrade(イージートレード)について解説していきたいと思います!! バイナリオプションで格闘しているバイナリートレーダー必見です!! それでは行ってみましょう!     easymarkets(イージーマーケット)からメッセージが届いた     お! easymarkets(イージーマーケット)からの依頼だね。 easyMarkets(イージーマーケット)のO氏(写真左)はiforexの元社員でまんぼう総裁とは信頼関係が非常に構築されています( *´艸`) 彼曰く、日本ではeasytrade(イージートレード)は好きな人が多いはずだ!!との事です!! ふむふむ、「easytrade(イージートレード)の機能をレビューしてくれ!」か。 以前にもdealCancellationの紹介をしたから、今回もサクっと作るしかないよね?     それに、easymarkets(イージーマーケット)とはWINWINWINの関係だから、これは急いでやらないといかんね。 翻訳されたページも送信されてきました。     easymarkets(イージーマーケット)のスタッフも全力で頑張ってくれているんだなぁ! これはマジで急がないとね!     レビューを公開したらeasymarkeetsのみなさんは喜んでくれるかな?(赤枠のお二人。真ん中は日本人サポートのM氏) よし! easyTrade(イージートレード)の解説ページをみてみよう!     .... FAQの翻訳を送ってもらってないんだが?   まんぼう総裁のほうで翻訳しろってことね( ^ω^)・・・ easymarkets(イージーマーケット)とはWINWINWINの関係だから、これぐらいの無茶振りはやるしかないですね! 例によってGoogle翻訳だけど、ほぼわかるでしょう!! 1 Q easyTradeがバイナリオプションよりも優れているのはなぜですか? A easyTradeでは現在のペイアウトを取り戻すのに対し、バイナリオプションはすべてまたはゼロのオプションです。 バイナリオプションを取引する場合、ペイアウトは90%に事前に設定されているため、easyTradeの潜在的なペイアウトは無制限です。 easyTradeはヘッジとして効果的に使用することもでき、有効期限が切れる前にいつでも取引を終了できます。 2 Q easyTrade取引を開始する良い機会はいつですか? A 外国為替取引と同様に、市場がどの方向に動くかを推測することが重要です。 easyTrade取引を開く際には、市場のボラティリティがあなたの親友になる可能性があります。 市場の動きを活用して、トレンドを推測しましょう! 3 Q easyTradeの使用に料金はかかりますか? A easyTradeを開くために支払うリスク量。 4 Q リスクのある最小/最大額はいくらですか? A すべての通貨ペアには、異なるリスク額の範囲があります。 リスク額を入力しようとすると、システムは、選択した通貨ペアの利用可能な範囲を通知します。 5 Q リスク額はどの通貨ですか? A リスク額はアカウントの基本通貨です。 6 Q 同等の取引サイズはいくらですか? A 取引サイズは、リスク額、選択した取引時間、取引を開始した瞬間のボラティリティに依存します。 7 Q いつ取引を再開しますか? A 考えられる有益なシナリオでは、市場レートが損益分岐点を超えたときにリターンを開始します。 損益分岐点を超えると、資産のレートの動きに応じて、投資額に加えてリターンが返されます。 8 Q いつ取引が終了しますか? A 閉鎖には3つの理由があります。 取引は、選択した最大取引時間(1/3/6時間)に達すると失効します。 選択した有効期限の前に閉じることを選択できます。 不正なアクティビティが検出された場合。こちらをクリックしてクライアント契約を確認してください。 9 Q どのレベルでリスク額を取り戻すことができますか? A 損益分岐点に達すると、初期投資を取り戻します。レートが損益分岐点を超えた場合、潜在的な支払いは無制限です。 10 Q 取引をクローズせずに期限が切れると、アカウントの損益はどうなりますか? A 市場が好意的に動いた場合、現在の支払いが無料残高に追加されます。 市場があなたに不利な場合、あなたが失う最大額は既に支払われたリスク額です。 11 Q どれくらい失うことができますか? A 最大損失は、特定のeasyTrade取引に最初に投資した金額になります。 市場があなたに対してどれだけのピップを動かしても、リスク額を超える損失はありません。 12 Q 私の露出サイズは何ですか? A エクスポージャーサイズは、取引を開始した瞬間のボラティリティに応じて、プレミアム額と同等の取引サイズに応じて設定されます。 13 Q ヘッジは許可されていますか? A 悪意がない限り、ヘッジは許可されます。こちらをクリックしてクライアント契約を確認してください。 14 Q easyTradeは短期間(数時間または数日)で取引できますか? A 選択肢は1/3/6時間の間で異なります。プラットフォームでバニラオプションを取引することで、より長い時間枠で取引できます。   easyTradeの機能をまとめると、こういうことですね。 バイナリオプションを異なる方法で取引するアプローチ バイナリオプションとの違いは、1,3または6時間の時間枠を配置するオプションがある 取引方法が簡単 指定した時間が経過する前に取引を終了することが可能 EasyTradeで取引する場合、隠された手数料、手数料、スプレッドがない 取引は3つのステップで行うことができます リスク量を入力 取引がアクティブになる時間枠を選択 市場が上昇するか下降するかを予測 とりあえず、こまけえことはいいから、まんぼう総裁の協力者がDEMO口座で実験してみました。   easyMarketsのeasyTradeで取引する手順 銘柄、時間、上昇・下降を決定する   A 口座残高確認 B easyTradeを選択 C 取引銘柄を選択 D デフォルトだと、口座残高の1/10額になっている E 時間を選ぶ F 上がるか下がるかを選択     約定したらOKを押す   G 約定したので、OKを押す   約定直後の含み損 H 約定直後のP/L   取引中 I いい感じに下がってきました   含み損が減ってきました J 約定直後より含み益が減ってきました   プラ転したのでクローズする K 含み益になりました L 一気にクローズします   クローズ画面(手早くクリックしましょう) M CLOSEしましょう!   easyTradeの感想 確かに直感的な操作でわかりやすいとは思います。損失額を先に決めておけば、ひどい逆行を食らってもダメージが少なくて済むのは面白い発想ですね。 今回の例だと、休日にブログを執筆する都合でBTC/USDを取引銘柄にしたわけですが、ヤクザ参入前にポンド円に仕掛けて... なんてやり方もありですね。 バイナリーオプションが得意なトレーダーさんには是非試してほしいですね。 それと、操作方法のマニュアルを作成しておいたからこっちも参考にするとイメージがしやすいぞ!   easytradeの取引手順動画     動画のマニュアルは動画職人さんに光の速さで作成してもらいました!! 上記説明でわからないと言う方は動画も参考にして頂ければよいかと思いますヽ(^。^)ノ easyTrade(イージートレード)のポテンシャルについて 本記事を公開してから、デモトレードで検証しているトレーダーが増えています。 ハイローに詳しいトレーダーからは高いポテンシャルを持っている可能性があると好評をいただいています! ハイローの1時間トレードは1.89倍か2倍しゃん? これeasyMarketsのeasyTrade履歴(資金ないからデモ)なんだけど、このペイアウト魅力的だよね? 20万betで81万リターンだせ? 場合によっては100万狙える 何が言いたいかわかるよな?https://t.co/UnHrmwaA5U@manbou_FX ※勝手に宣伝してますw pic.twitter.com/uPJLBHv11i — 【公式】ソルト@メンタルお化け (@gamble_report) January 25, 2020 easytrade(イージートレード)の論評 バイナリーオプショントレーダーの方はどう考えても必見だと思います( *´艸`) バイナリーオプションは通常のペイアウトが決まっているのに対して、easytrade(イージートレード)の利益は無限大と言うのは今までに無かったはずです。 これをどう自分のトレードに活かすかは全てトレーダーのスキルにかかってくると思います( *´艸`) まぁいずれにしても面白い機能や珍しいものがあれば最少LOTで触ってみると言うのが良いかもしれませんね(・ω・)ノ ブローカーのサービスや機能をいかに自分の味方にするか?と言うのは非常に大事だと思います!! おっと!! それではまたね~ヽ(^。^)ノ  
5,127フォロワーフォロー

最新

ウィークリーアクセスランキング

トータルアクセスランキング