Exnessのレバレッジ無制限の使い方

【海外FX】Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限の使い方

レバレッジ無制限解放条件は2つです。 1. 取引回数10回以上 2. 取引量5ロット(50万通貨)以上 Exness(エクスネス)ならポジションの含み益を資金移動で利益確保することが可能です。建値にするよりも資金移動をしてしまうというテクニックです。また、多くのトレーダーが休日の世界情勢の急変リスクを回避するために週末にポジションをクローズすると思います。Exness(エクスネス)なら市場が終わった後でも資金移動ができるので、週末にクローズを忘れてしまっても利益を確保することが可能となります。雇用統計前に有利なポジションを注文できれば、雇用統計前に原資を退避して悠々と高みの見物も可能です。
海外FX個別株比較

【個別株】海外FXブローカーごとにスプレッドとレバレッジを比較!

  まずはじめに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) Twitterをご覧の方はご存知だと思いますが、まんぼう総裁は2020年4月から毎月100万円を米国株に入れていき、株をどんどん保有していっております。(今保有してる銘柄はかなりの含み損ですが・・・汗) 昨今のコロナウイルス蔓延に伴い、通貨や指数などはかなり不安定な動きをしており、トレーダー達を苦しめております。(ボラはだいぶ平常運転になりましたけどね) もちろんそれは株式も同様であり、企業によっては大打撃を食らい、近年稀に見る株価の暴落も発生しております。 そのような中、通貨ペアや指数などのスプレッドやレバレッジを海外FXブローカー同士で比較されることも多いですが、個別株につきましては、なかなか比較されることが少ないです。 その為、今回は自分のためでもあり、そして皆様に是非、どこで取引をすればお得なのか!?ということを知って頂くことも兼ねて、スプレッドとレバレッジの比較表を作成しました。 それでは行ってみましょう!!   個別株を取引する理由 個別株を取引する理由は簡単で、下記の画像のように個別株の場合、価格の変動がハンパないです。 *上記画像はiforexです   モデルナを例にすると、   週足で見ると顕著ですが、完全なる一方通行です。   個別株を比較したブローカーは?   今回、比較した海外FXブローカーは以下の4社です。 2020.7.17現在の表となりますので、ご注意ください。 iFOREX (697種類) Exness (30種類) easy Markets (52種類) Hot Forex (56種類) 上の一覧を見て頂くと分かる通り、iFOREXだけずば抜けて取引できる銘柄が多いです。   iFOREXで取り扱ってない株式はこれだ!   697株というすごい量の株式を取り扱っているiFOREXでもカバーしきれていない株が12個あります。 もし、興味のある株があれば、是非、このブローカーを開設しましょう!   黄色で色を付けているセルが、4社の中で優れているところです。 iFOREXの数が多いので、iFOREXが全てにおいて優れているわけではなく、表を見て頂くと分かりますが、Exness、easyMarkets、HotForexが取り扱っている株に関しては、かなりの数でiFOREX以外が優秀です。 具体的に数値をあげます。 iFOREXの総取引可能銘柄数:697種類 iFOREXで取引が出来る銘柄の中で、Exness、easyMarkets、HotForexでも取引出来る銘柄数:89種類 この89種類のうち、iFOREXよりスプレッドが優れている銘柄数:47種類 更に細かく言うと、 Exness:11種類 easyMarkets:11種類 HotForex:25種類 となります。 取引したい株式によってブローカーを分けるのが必勝のコツとなるでしょうが、iFOREXのこの取引銘柄数の多さはやっぱり魅力的ですよね!! 銘柄 iFOREX Exness easy Markets Hot Forex レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド A2A 20 0.0028 ABB 20 0.0527 ABNアムロ・グループ 20 0.019 ACI 10 0.036 ACS 20 0.053 Adyen 20 3.08 AIA 20 0.163 20 0.28 AIG 20 0.044 AMD 20 0.074 ANZ 20 0.041 20 0.03 ASMLホールディング 20 0.75 ASRネダーランド 20 0.066 AT&T 20 0.041 20 0.1 20 0.07 BASF 20 0.094 BHPグループ 20 3.93 20 0.06 Bilibili 20 0.057 BMW 20 0.106 BP 20 0.71 14 0.19 BPERバンカ 20 0.0056 BT 20 0.26 CBRE 10 0.06 China Literature 13.33 0.124 CNHインダストリアル 10 0.0147 CSL 20 0.63 20 0.5 CVS 20 0.088 DEH 13.33 0.0082 DeNA 20 1.8 DIA 20 0.0003 DOUYU.COM 20 0.016 DSM 20 0.289 ENEOSホールディングス 20 0.5 Etsy 10 0.139 EventBrite 10 0.012 Exor 20 0.116 Fosun Pharma 10 0.07 GEG 13.33 0.12 GMO 20 3.9 HDFC 20 4.03 HDFC銀行 20 2.38 HOYA 20 14.2 HSBC HK 20 0.084 20 0.22 HSBC UK 20 0.87 14 0.49 HUYA 20 0.032 IBM 20 0.17 14 0.1 ICICI銀行 20 0.78 Indra 20 0.016 INGグループ 20 0.015 ITC 20 0.44 ITV 20 0.15 JDドットコム 10 0.083 JFEホールディングス 20 1.1 JPモルガン・チェース 20 0.14 20 0.1 JSW 10 0.044 JSWスチール 20 0.45 JT 20 2.7 JUMIA 10 0.01 K+S 20 0.011 KDDI 20 4.5 KPN 20 0.0055 LG化学 20 1180 LG電子 20 168 LiveRamp 13.33 0.061 MAADEN 20 0.082 Mobily 20 0.061 MOMO 20 0.026 mongoDB 20 0.277 MS&AD インシュアランスグループホールディングス 20 3.9 NAB 20 0.041 NCB 20 0.081 Nio 20 0.043 NNグループ 20 0.074 OHL 10 0.0016 OPAP 20 0.02 PGE 20 0.016 PGNiG 20 0.0115 Pinduoduo 20 0.113 Pinterest 20 0.033 PKOバンク・ポルスキ 20 0.053 Pluralsight 20 0.025 PZU 20 0.066 QBEインシュアランス 20 0.021 RWE 20 0.059 SABIC 20 0.198 SBIホールディング 20 3 SBMオフショア 20 0.031 SGS 20 5.45 SIMON 20 0.09 SKF 20 0.42 SKハイニックス 20 186 SMC 20 78.8 Sogou 20 0.024 SOMPOホールディングス 20 5.1 STマイクロエレクトロニクス 20 0.057 SUBARU 20 3.2 SUMCO 20 2.2 SurveyMonkey 20 0.03 T&Dホールディングス 20 1.3 TDK 20 14.4 Tenable 20 0.039 TJX 13.33 0.072 Tモバイル 20 0.14 UBIバンカ 20 0.0072 UBSグループ 20 0.0257 UPMキュンメネ 20 0.053 VTB銀行 10 0.00008 Zoom 10 0.34 ZOZO 13.33 3.4 いすゞ自動車 20 1.3 みずほ 20 0.2 20 0.3 りそなホールディングス 20 0.5 アイクストロン 10 0.0195 アイシン精機 20 4.4 アエナ 20 0.27 アエロフロート 10 0.19 アクサ 20 0.042 アクシオナ 20 0.223 アクシス銀行 20 0.97 アクセンチュア 20 0.3 アクゾノーベル 20 0.188 アクティビジョン・ブリザード 20 0.107 アコー 20 0.056 アジムト・ホールディング 20 0.037 アストラゼネカ 20 19.98 アストンマーティン 20 0.12 アセリノックス 20 0.016 アッサ・アブロイ 20 0.47 アップル 20 0.52 20 0.16 20 0.3 14 0.48 アップワーク 10 0.019 アッヴィ 20 0.135 アディダス 20 0.429 20 0.5 14 0.33 アデコ 20 0.104 アトス 20 0.17 アトラスコプコ 20 0.95 アトランティア 20 0.031 アトレスメディア 20 0.0058 アドビ 20 0.58 アバスト 20 1.29 アバロンベイ 20 0.21 アビバ 20 0.66 アフラック 20 0.049 アプティブ 10 0.111 アホルド・デレーズ 20 0.057 アボット 20 0.13 アマゾン 20 4.04 20 1.44 20 2.5 14 1.3 アマデウス 20 0.107 アムジェン 20 0.34 アメリカン・エキスプレス 20 0.13 14 0.08 アメリカン・タワー 20 0.35 アメリカン航空 20 0.05 アメリカ・モビル 20 0.033 アモーレパシフィック 20 370 アラムコ 20 0.075 アリアンツ 10 0.338 20 0.37 アリオル・バンク 20 0.038 アリババ 20 0.33 20 0.18 20 0.2 14 0.14 アルカ・コンティネンタル 20 0.22 アルセロール・ミタル 20 0.023 アルタ・ビューティ 20 0.275 アルティス 20 0.0082 アルトリア 20 0.056 アルバーツ・インダストリーズ 20 0.066 アルファ 20 0.026 アルファベット 20 2.05 20 1.44 アルファ・ラバル 20 0.45 アルファ銀行 6.67 0.0013 アルプス電気 20 1.9 アルマライ 20 0.122 アングロ・アメリカン 10 4.35 14 1.18 アンハイザー・ブッシュ・インベブ 10 0.07 イエス銀行 5 0.043 イオン 20 3.3 イノビオ 6.67 0.033 イベルドローラ 20 0.025 20 0.04 14 0.02 イルミナ 20 0.51 14 0.45 インテル 20 0.08 20 0.1 20 0.1 14 0.04 インテーザ・サンパオロ 20 0.0042 インディアブルズ 5 0.49 インディテックス 20 0.052 インドステイト銀行 20 0.42 インフィニオン 20 0.039 インフォシス 20 2.05 インベストール 20 1.16 インマー銀行 20 0.033 イージージェット 13.33 1.54 イートン 20 0.126 イーベイ 20 0.079 20 0.1 14 0.04 ウィン・リゾーツ 20 0.11 ウェアーハウザー 20 0.034 ウェスファーマーズ 20 0.105 20 0.08 ウェルズ・ファーゴ 20 0.034 20 0.1 ウエストパック 20 0.04 20 0.03 ウォルグリーンズ・ブーツ 10 0.056 ウォルマート 20 0.178 20 0.14 ウォルマート・デ・メヒコ 20 0.126 ウッドサイド 20 0.047 20 0.07 ウニクレディト 20 0.02 ウニベイル・ロダムコ 20 0.11 ウニポルサイ 13.33 0.0049   個別株比較まとめ 今回取り上げた個別株を取り扱っているブローカーは以下の4社です。 iFOREX easyMarkets Exness HotForex iFOREX・easyMarkets・HotForexはボーナスも豊富なブローカーで、100%入金ボーナスを利用することで、レバレッジを2倍上げることが可能です。 つまり、個別株取引が30倍~40倍のレバレッジで取引することが可能ということです。 Exnessには入金ボーナスがない代わりに、無制限レバレッジを利用することが可能です。 少額で証拠金を増やした後に、個別株取引に挑むという戦略もありですよね。 為替一辺倒・商品一辺倒・指数一辺倒ではなく、個別株取引も戦略に加えることで、より稼げる可能性を見出していただけたらということで、本記事を公開しました。 それでは、またね~!

【海外FX】レバレッジ無制限のExness(エクスネス)口座開設キャンペーン開始!

  まず始めに *当サイトにある画像を無断で盗用した場合はそれなりの措置を速やかに取ります 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) さて、まんぼう総裁のTwitterをフォローしてくれてる皆さんは既にマレーシアに行ったツイートでご存知だと思いますが   みなさんお待ちかねの・・・   口座開設ボーナス   ブローカーの紹介です!   ... と思ったのですがブローカーから口座開設ボーナスのサービスは提供できないという連絡をもらってしまいました"(-""-)" 現場サイドとギリギリの交渉をしていたんですが、TOPの経営方針が厳しくてブローカー側のサービスは無いことになりました( ;∀;) しかしツイッターで予告もしてみんなを期待させてしまったので・・・     ことにしました\(^o^)/   それと、レバレッジ無制限ブローカーなので、とてつもなく面白い予感がします。 それでは行ってみましょう!! Exness(エクスネス)の特徴を動画で解説 Exness(エクスネス)の概要 ※2020年9月現在Exnessはレアル・マドリードのスポンサーではありません。 以下の記事は公開時のものです。 スペインのマドリードをホームとする名門サッカーチーム   「レアル・マドリード」   の公式スポンサーであるExness(エクスネス)     もはやサッカーを知らなくてもレアル・マドリードと言う名前ぐらいは聞いた事があると言っても過言じゃないと思います! Exness(エクスネス)はその名門のサッカークラブのレアル・マドリード公式スポンサーです! 日本では全然馴染みの無いブローカーではありますが、海外ではとても大きいブローカーとなっております。 もちろん日本語のページの対応もされており、翻訳等も必要なく、日本人サポートも既にいますので、とてもトレードがしやすい環境となっております。 レバレッジはなんと2000倍~無制限!ビットコインなどの入金にも対応しており、ゼロカットももちろん対応!   Exness(エクスネス) ライセンスについて   運営会社 Exness (Cy) Ltd 運営会社所在地 1, Siafi Street, Porto Bello, Office 401, CY-3042 Limassol 設立 2008年 信託保全 分別管理   Exness(エクスネス)グループのライセンス   セイシェル共和国金融庁(FSA) Nymstar Limited社は、セイシェル共和国金融庁(FSA)によりライセンス番号「SD025」にて承認され監督を受ける証券会社です。 詳細情報はこちらでご確認ください。 FSAはセイシェル共和国のノンバンク系金融サービス分野での事業運営におけるライセンス承認、規制、規制の厳格な運用、コンプライアンス要件、監視、監督に責任を持つ独立した監督機構です。 Nymstar Limited社は当サイトの下、欧州経済領域(EEA)外で特定の国/所轄区域に向けたサービスを提供しています。   キプロス証券取引委員会(CySEC) Exness (Cy) Ltdはキプロス投資会社であり、キプロス証券取引委員会(CySEC、ライセンス番号178/12)により承認および規制を受けています。 詳細情報はこちらでご確認ください。 キプロス証券取引委員会(CySEC)は独立した監督機関であり、特にキプロスでの投資サービスの監督に責任を負っています。 Exness (Cy) Ltdはウェブサイト www.exness.eu の下で運営しています。   金融行動監視機構(FCA) Exness (UK) Ltdは、英国金融行動監視機構(FCA)により承認および監督を受ける投資会社です(登録番号730729)。 詳細情報はこちらでご確認ください。 金融行動監視機構(FCA)は、英国の金融サービス会社および金融市場の運営を監督するための機関であり、FCAが監督する金融サービス会社の一部についても健全性諮問を行っています。 Exness (UK) Ltdはウェブサイト www.exness.uk の下で運営しています。 地域に関する制限:Exnessグループは米国を含む特定の国/所轄区域の居住者にはサービスを提供しておりません。   Exness(エクスネス) 監査法人について   公式HPに会計報告を掲載しています。   驚くべきこととして、Big4と呼ばれる「デロイト・トウシュ・トーマツ」に監査されているのです。   まんぼう総裁も今までにいくつものブローカーを現地に行って直接見てきましたが、デロイト・トウシュ・トーマツに監査をされているブローカーは初めてでした。 このことからも、「一定以上の」信頼があると言っていいでしょう。 会社員のトレーダーさんならわかると思いますが、自分の会社がデロイト・トウシュ・トーマツに監査をされて平気な自信ありますか? ということです。   詳しくみると、取引量、アクティブトレーダー数・顧客への出金実績・パートナー報酬が閲覧できて、これらのデータをファイルでダウンロードすることもできます。 さらに監査報告も載せられていて、こちらには全MT4サーバー(9つ)で顧客残高をチェックしてEXNESSのお金と顧客のお金の整合性をチェック。2つの合計金額は約166億円、うち顧客資金が約67億、EXNESSの資金が約98億といったことが監査法人のデロイト・トウシュ・トーマツにより報告されています。     Exness(エクスネス) 所在地について     Exness(エクスネス)の本社はキプロスにあります。 キプロスの本社は主にBtoB向けの人材が働いているとの事です。 詳細については早くて5月(コロナウイルスが収束すれば)にキプロスに行きますので、その際に現地レポートをお届けいたします。   Exness(エクスネス) マレーシアオフィス外観     Exness(エクスネス)のマレーシアオフィスは市場調査・セールス・人事・サポートチーム・トレーニング部署・マーケティング・AMLチーム等を担っています。 日本人は既に2名います。 マレーシアオフィスは24時間開放されており、24時間シフト体制で社員の方が出入りしています。 また、マレーシアオフィスで働いている社員の数は300名以上になります。 マレーシアオフィスの突入レポート動画です。 マレーシアオフィスの突入レポート動画(ツイッターライブ)です。 Exness(エクスネス) 口座開設ボーナスについて   Exness(エクスネス)の口座開設ボーナスは2020年3月現在はありませんが、まんぼう総裁のアフィリエイトリンクから口座開設してトレードしてくれた方には3,000円キャッシュバックをいたします。   つまり( ^ω^)・・・   実質口座開設ボーナスです!   キャッシュバックの条件は   3,000円以上の入金をしてトレードするだけ!   です( *´艸`) 超ノーリスクですよね? 詳細については後程記載する当サイト限定特典をご確認下さい(=゚ω゚)ノ ※現在最低入金額制限を撤回したキャッシュバックキャンペーンを開催しています。 ↓ぜひご利用ください! Exness(エクスネス) 口座タイプ・取引銘柄について   Exness(エクスネス)はトレードスタイルに応じて様々な口座タイプがあります。   Exness(エクスネス) スタンダード口座 MT4 MT5 最低入金額 1 USD 最大レバレッジ 1:無制限 1:2000 取引金融商品 外国為替通貨ペア、貴金属、仮想通貨、エネルギー、インデックス(指数) ロット毎の手数料/片道 取引手数料はかかりません 最低スプレッド 0.3 最小ロットサイズ 7:00 - 20:59 GMT+0:200ロット 21:00 - 6:59 GMT+0:20ロット 最大ロットサイズ 0.01 最大ポジション数 無制限 ヘッジされた証拠金 外国為替通貨ペア、貴金属、エネルギー、インデックス(指数)には0% 仮想通貨には100% マージンコール 60% ストップアウト 0% 注文約定 成行約定 スワップ無し 利用可能(イスラム圏に居住に限る)   Exness(エクスネス) ロースプレッド・プロ・ゼロ口座 MT4アカウント MT4 口座タイプ ロースプレッド プロ ゼロ 最低入金額 1,000 USD 最大レバレッジ 1:無制限 取引金融商品 外国為替通貨ペア、貴金属、仮想通貨、エネルギー、インデックス(指数) ロット毎の手数料/片道 最大3.5 USD 取引手数料はかかりません 3.5 USDから 最低スプレッド 0 0.1 0 最小ロットサイズ 0.01 最大ロットサイズ 7:00 - 20:59 GMT+0:200ロット 21:00 - 6:59 GMT+0:20ロット 最大ポジション数 無制限 ヘッジされた証拠金 外国為替通貨ペア、貴金属、エネルギー、インデックス(指数)には0% 仮想通貨には100% マージンコール 30% ストップアウト 0% 注文約定 成行約定 即時、成行 成行約定 スワップ無し 利用可能(イスラム圏に居住に限る)   MT5アカウント MT5 口座タイプ ロースプレッド プロ ゼロ 最低入金額 1,000 USD 最大レバレッジ 1:2000 取引金融商品 外国為替通貨ペア、貴金属、仮想通貨、エネルギー、インデックス(指数) ロット毎の手数料/片道 最大3.5 USD 取引手数料はかかりません 3.5 USDから 最低スプレッド 0 0.1 0 最小ロットサイズ 0.01 最大ロットサイズ 7:00 - 20:59 GMT+0:200ロット 21:00 - 6:59 GMT+0:20ロット 最大ポジション数 無制限 ヘッジされた証拠金 外国為替通貨ペア、貴金属、エネルギー、インデックス(指数)には0% 仮想通貨には100% マージンコール 30% ストップアウト 0% 注文約定 成行約定 即時、成行 成行約定 スワップ無し 利用可能(イスラム圏に居住に限る)   Exness(エクスネス)の「ゼロ、プロ、ロー」口座の最低入金額について Exness(エクスネス)にもスプレッドが狭い口座があるのは上述したとおりです。 最低入金額は「初回」のみで、初回に$1000(10万円から12万円程度)の入金をするだけで利用可能です。 さらに、$1000を維持し続ける必要もありません。 Exness(エクスネス)で日経225を取引する場合 Exness(エクスネス)で日経225を取引する場合、MT4アカウントでは取引できません。 レバレッジは100倍ですが、日経225を取引したい場合は、MT5アカウントの開設が必要です。     Exness(エクスネス) ゼロカット対応&維持率0%OK!   他の海外FXブローカーと同じくゼロカットに対応しています。 そのため、追証の心配なく、ダイナミックなトレードが可能となっております。 特筆するのは、iFOREXと同様に   維持率0%まで耐えられる   ということです。   Exness(エクスネス) 無制限レバレッジについて EXNESSについてブログにまとめました。特に口座の違いについて詳しく書いたので口座開設考えてる人は参考にしてください。 EXNESS 海外FX業者解説 - ヨネダメガネの海外FXブログ-FXサーチ https://t.co/aySQUKHol8 @fxsearch1さんから — ヨネダ メガネ(海外FX) (@fxsearch1) March 26, 2020 マレーシアで一緒に訪問してくれたヨネダ君のブログでも解説されていますが、Exness(エクスネス)で無制限レバレッジを堪能するためには、 合計10回の取引が必要 合計5ロットの取引が必要 です。 その条件を突破すれば、以下の画像のように$30でポンド円を0.5ロット発射することもできます。 ※ハイレバギャンブルトレードを推奨しているわけではありません。 ※勝率が高いと思われるときには少額からでも爆益になる可能性があるというっことです。 ※画像はまんぼう総裁の協力者さんの提供ですが、逆に$30が秒でゼロカットされることもあるそうです。(そりゃそうだ) Exness(エクスネス) 無制限レバレッジの時間制限について ニュース 土曜・日曜 祝日 重要な経済ニュースが公開される15分前と5分後の間にかけて、公開されたニュースの影響を受ける金融商品での新規ポジションの必要証拠金は最大レバレッジ1:200に基づいて計算されます。 新規ポジションを開く際の証拠金所要額は、金曜日の19:00 GMT(FX市場が閉まる3時間前)から日曜日の23:00 GMT(FX市場が開いてから2時間後)まで最大レバレッジ1:200に基づいて計算されます。 土日に加え、祝日にも証拠金所要額が上昇する場合がありますのでご注意ください。お客様のレバレッジ調整前には、「Exnessニュース」のページで最新情報を公開いたします。 無制限レバレッジを誇るExness(エクスネ)ですが、上記のように時間帯によってレバレッジ制限があります。 顧客の資産保護と同時に、「ゼロカット上等」のギャンブルトレードを抑止する目的と思われます。 Exness(エクスネス) 取引ツールについて   利用可能なツールは、MT4とMT5が使用可能となっております。 各種OS・端末向けのMT5をダウンロード・インストールすることが可能です。 最近流行りのインストールが必要無いWebTraderも使用可能です。     この画像は、口座追加の画面ですが、MT4、MT5からの選択が可能になっているのがわかりますね。 MT4の場合はレバレッジ無制限が選択できます。   Exness(エクスネス) スプレッドについて スプレッドは普通です。 通貨ペア スタンダード ドル円 1.1 ユーロ円 1.9 ポンド円 2.0 ユーロドル 1.0 ポンドドル 1.5   Exness(エクスネス) 入出金について 入出金はクレジットカード・銀行送金・ビットコイン・STICPAY・bitwalletが使用可能です。   クレジット・カードからも入金が可能ですが、口座開設後の書類審査が完了しないと入金することができません。 また、エクスネス(Exness)は出金(上限)制限がありません。 ↓ 早く誰かがたくさん勝ってExnessで大きな出金問題なくやりました! と、言ってほしいです。 まだすごく大きく勝った方はいないですね。 :( — James#Exness#FX (@ExnessFx) April 9, 2020   Exness(エクスネス) 入金可能なクレジットカードについて 2020/03/25時点でまんぼう総裁に報告のあったクレジットカードでの入金実績です クレジットカード名/wallet 入金可否 JCB OK 楽天VISAデビッド 失敗 OK(2020/03/25確認) ジャパンネット銀行デビッドVISA 失敗 三井住友銀行デビットカード 失敗 三菱UFJクレジットカード 失敗 アコムMasterCard 失敗 STICPAY OK   Exness(エクスネス) 口座開設手順 バナーをクリックして、赤丸のところをクリックしてください。   メールアドレスとパスワードを入力します。 」 入力が完了すると、ダッシュボードに遷移します。右上の「実際に取引する」と押しましょう。 ここから電話認証が始まります。 電話番号を入力すると、ショートメッセージに認証コードが配信されます。 認証コードの期限は60秒なので、素早く入力しましょう。   ここから個人情報の入力を開始します。 まずは、名前と生年月日、住所を入力します。 住所の入力は海外方式です。 例:1-3-61, Koraku, Bunkyo Ku, Tokyo To, 112-0004, Japan     個人情報の入力が終われば、プロフィールの入力になります。 「プロフィールの確認」を押してください。   まずは、職業から入力します。     以下の選択肢にも回答が必要です。   あとは、パスポート・免許証 & 住所の確認書類のアップロードでOKです。   Exness(エクスネス) 追加口座について Exness(エクスネス)は口座を100個まで開設することが可能です。 まず、マイアカウントから「追加口座を開設」を選択します。 MT5のスタンダード口座開設を例にします。 MT5なら円口座を作成することが可能です。 ただし、MT5だと最大レバレッジが2,000倍に制限されます。 ニックネームの指定が必要なのは、WEBターミナルでの表示に使用されるからです。 これで追加完了です。 WEBターミナルを開いたところです。 Exness(エクスネス)は土曜日・日曜日もビットコイン取引が可能です。 FXGTも土曜日・日曜日でのビットコイン取引が可能ですが、レバレッジが500倍です。 FXGTのスプレッドとExnessのスプレッドを比較してみました。 LTCUSDがやや狭い以外はFXGTの方が狭いようです。 レバレッジをとるか、スプレッドをとるかの選択になりますね。 それと、easyMarketsでもBITCOINの取引が休日でも可能です。 easyMarketsの場合、easyTradeでBITCOIN取引をするのもありですよ! Exness(エクスネス) 銘柄&スプレッド   なぜか公式HPに銘柄一覧がなかったので、MT5のスクリーンショットで紹介します。 テキストデータは後日リライトしておきますね。   Exness(エクスネス) Tickデータ公開について Exness(エクスネス)の特徴としては、Tickデータの公開もしていることが挙げられます。 レート異常等の問い合わせの前に確認することが可能です。 この辺は約定実績を公開しているAxioryに似ているところです。   Exness(エクスネス) レバレッジについて レバレッジが無制限ということですが、公式HPを読むと口座残高によって制限があるようです。 このへんは、FBSと似ていますね。   口座残高よって利用可能な最大レバレッジが変動するので、永遠に   レバレッジ6,969倍で発射ぁぁぁぁぁ!!   ということはできません。 イカれたレバレッジでどこまで耐えられるかというシミュレーションは過去の記事にまとめたから合わせて参考にしてくださいね。   Exness(エクスネス) 仮想通貨ペアのスワップポイント Exness(エクスネス)の特筆に値する特徴として、 仮想通貨ペアがスワップフリー と、いう事実があります。 MT4から取引条件を確認したところ、たしかにスワップフリーであることがわかります。   また、エクスネス(Exness)の口座はレバレッジが2倍から設定可能です。 レバレッジをコントロールすれば、仮想通貨のガチホ作戦がかなり有利になるでしょう。 念の為、スワップポイントを計測するEAで測定してみました。 具体的には MarketInfo 関数で測定しています。 測定結果をまとめましたが、たしかにスワップフリーです。 BTCUSDm ストップレベル(0.1pips) 1600 BTCUSDm 買い注文スワップ 0 BTCUSDm 売り注文スワップ 0 BTCUSDm スワップ計算方法 0 BTCJPYm ストップレベル(0.1pips) 1600 BTCJPYm 買い注文スワップ 0 BTCJPYm 売り注文スワップ 0 BTCJPYm スワップ計算方法 0 ETHUSDm ストップレベル(0.1pips) 2100 ETHUSDm 買い注文スワップ 0 ETHUSDm 売り注文スワップ 0 ETHUSDm スワップ計算方法 0 LTCUSDm ストップレベル(0.1pips) 500 LTCUSDm 買い注文スワップ 0 LTCUSDm 売り注文スワップ 0 LTCUSDm スワップ計算方法 0 BCHUSDm ストップレベル(0.1pips) 3500 BCHUSDm 買い注文スワップ 0 BCHUSDm 売り注文スワップ 0 BCHUSDm スワップ計算方法 0 XRPUSDm ストップレベル(0.1pips) 3500 XRPUSDm 買い注文スワップ 0 XRPUSDm 売り注文スワップ 0 XRPUSDm スワップ計算方法 0       Exness(エクスネス) マレーシアオフィス突入レポート   成田空港からマレーシアのクアランプールへ行きます   エアアジアで行くのがコスパ最強です!!   エアアジアのCAさんはみんな美人でした( *´艸`) マレーシアに到着です!!     タクシーからのマレーシア風景です タクシーでクアランプールへ向かいます     クアランプールは高層ビルが沢山あり都会です ホテルに到着して朝食を食べます     マレーシアのお札はみんな同じ顔ですw ホテルからカリン塔が見えましたw   ホテルは6,000円です             ​                         当サイト限定キャンペーン 2020年5月1日以降に口座開設をしてくれた方は条件が変更されます。 まず初めに、このバナーからアクセスをして下さい。 *キャンペーン内容を熟読してください *キャンペーン手順を守らない方はキャンペーン対象外とします   口座開設はこちらから! <!-- --> ① 登録が完了したら口座番号をまんぼう総裁にツイッターDMでお知らせ下さい。 *注意 まんぼう総裁のバナーから登録されたか確認をします。なお、確認には数日かかる場合もあります。 ② まんぼう総裁が口座番号確認後、$30以上(3,500円前後)の入金をして下さい。 ↓2020/5/1以降に口座開設をした方 まんぼう総裁が口座番号確認後、入金をして下さい。 (最低入金額条件撤廃) ③ 何か好きな銘柄のトレードを5万通貨以上(0.5LOT以上)行ってください ↓2020/5/1以降に口座開設をした方 何か好きな銘柄のトレードを10万通貨以上(1LOT以上)行ってください *注意 銘柄はお任せします。通貨ペアであれば50,000通貨以上ってことです。 ↓2020/5/1以降に口座開設をした方 *注意 銘柄はお任せします。通貨ペアであれば100,000通貨以上ってことです。 ④ トレード履歴をまんぼう総裁にスクショを下さい *注意 トレードしたかのか確認をします。 ⑤ 確認後、銀行振り込み口座をお知らせください。 キャッシュバック金額は3,000円です。 ↓2020/5/1以降に口座開設をした方 キャッシュバック金額は5,000円です。   *注意 ジャパンネット銀行だと嬉しいですが、何でもOKです。 以上となります!(^^)! キャンペーン期間とキャンペーン人数   【キャンペーン期間】 終了期間未定   【キャンペーン人数】 無制限 Exness(エクスネス)の評判・口コミ Exnessにて稼働中のParadox。 証拠金3000ドルを超えるとレバレッジ1000倍に下がる事を今頃知り、今朝から証拠金20万円・レバレッジ2000倍にて口座引っ越し・新規稼働。 この証拠金で6通貨ペアのドS運用なので、レバ2000がやはり望ましい。 残高が30万超えないように定期出金が要るという事ですね。 pic.twitter.com/DCHXqXlie5 — 南国@FX自動売買 (@style_ea) April 16, 2020 Exness(エクスネス)に限らず、海外FXブローカーは口座残高が増えるとレバレッジが規制されますよね。 こまめに出金して常に無制限レバレッジを維持するというのは良い作戦ですね。 exnessのレバレッジ無制限も凄いと思うけど、普通に2000倍も凄いよな。 50万の入金で10億分も運用出来るって事やん!! 🤩 これってファンドマネージャー並みの資金管理さえ出来れば無敵状態ってことだぞ。 例えそれが出来なくても相場の大きい流れを間違わない限り負けない。つまり経験値が財産!! 🤩 — 🔥🔥火拳🔥🔥《紐》ACD親衛隊長【悪・即・斬】 (@hikenACD) April 15, 2020 ただし、Exness(エクスネス)と協議することで口座残高によるレバレッジ制限を撤廃することが可能です。 ハイレバ2000倍で強制ロスカットが0%やし、exnessは今のところ気に入ってるぞ — FX巨人 (@FX_kyochin) April 13, 2020 iFOREXも0%まで耐えられるので、この仕様がトレードスタイルにあっている方は多そうですね。 dmm BTCやりならexnessでやった方が良いやん。 税率一緒やし。スワップ取られないし。 — ハイレバ戦士 カットくん (@fx_clazyunko) April 12, 2020 そうなんです! 仮想通貨のレバレッジ規制が厳しくなる一方の国内仮想通貨取引所でBTC(ビットコイン)を取引するなら、スワップが取られないExness(エクスネス)はとても有利な選択肢なのです。 EXNESSは他の海外FX会社とはちょい違う感じ。 SNSマーケティングもしっかりしてるし、口座開設で日本市場アカウントマネージャーからも挨拶のメール入るし好印象。 後は変な出金拒否もなくインフラ環境とかイベント時の動きがまともだったら凄く良いかも。 対応はXM、Axiory、titan、FBS、gemよりも上 — fxeto (@fxeto) April 11, 2020 やはり、デロイト・トウシュ・トーマツの監査を突破できる企業の風格ですね。 トレーダーの感想も満足感が高いです。 うっひょー exnessでドル円2000倍ロングしたら1分でロスカした笑 これはおもしろいかも — sh (@magurowoturu) April 8, 2020 ロスカは残念でしたが、0%まで耐えられるから1分もったのですね。 FBSで1万円で1ロット発射すると、秒でロスカします。(まんぼう総裁ブログ執筆者&編集者さんが体験済) 昨日のJewelry Box♪の結果です。 昨日は損切り0回でした。 1日で元金からは95%の利益でした。 2,000ドルになったのでロットを上げてます。#JewelryBox#無裁量#Exness pic.twitter.com/KapmS3MSB2 — cheery_choco (@cheery_chocoEA) April 6, 2020 上手にトレードすると1日で95%の資産アップができるのがExness(エクスネス)のポテンシャルですね。 他の海外FXブローカーでも可能と言えば可能ですが、レバレッジ無制限を上手に活用している事例といえますね。 まんぼう総裁のブログで気になっていたExnessで昨日から取引スタート🙌 今のところ使い勝手も良い感じ💱 そしてキャシュバックキャンペーンの振り込みまでのスピード感が速すぎてビビった!!😵 ありがとうございまーす😊 https://t.co/Yg3y2Dd9D7 — ニク助 (@fe_0828) April 3, 2020 頑張ってくださいね! お金がない人の気持ちは誰よりも痛感しているので、キャッシュバックは光の速さで対応します! exnessの出金めちゃめちゃ速いな!しかもbtcでいける。 pic.twitter.com/OzEYKDVTvE — 焼き鳥総長(やけてない) (@yakitoribit) March 31, 2020 Exness(エクスネス)の出金に関しては、監査法人による監査が厳しいこともあって心配はないですね。 BTCでの出金が可能なのも嬉しいですね。 つまり、他の取引所でBTCを持っているなら、Exness(エクスネス)に引っ越して増やすことができるってことです! 今日の結果! XMで2倍か、エクスネスで無制限かで悩んでエクスネス。 来週で50万目指したいので枚数も0.5枚に。 ポンドルでちょっとナンピンはしたけど、トータルで2万弱ふえて目標達成したので終わり。 毎日継続できるよう頑張ります。 pic.twitter.com/vKLkqUZuQ0 — よめちゃん@FXで借金地獄と高卒手取り貧乏から脱出 (@tommy05182) April 24, 2020 入金ボーナスがあるのが海外FXの魅力であり、強みでもある反面、スプレッドが広くなることも事実です。 Exness(エクスネス)はボーナスがない代わりに、無制限レバレッジというサービスで入金ボーナス以上のパフォーマンスを実現しているといえますね。 エクスネスのチャット機能に心の底から驚いた。対応早すぎ、すごいなあ — みんち! (@5yBzd) April 9, 2020 Exness(エクスネス)のチャットはホントに早いですよ! ユーザーを困らせないという社風なんですよね。 うぉぉぉ! ぬはぁぁぁぁぁ! 早く無制限になりたい!#FX #エクスネス pic.twitter.com/tc3O1gdqKh — こうもん様 (@SB7WcCwYb884mKw) April 8, 2020 レバレッジ無制限には条件がありますが、条件を達成すると文字通り無制限の可能性があるので頑張ってください! さ、今日から新たな船出だ!#エクスネス pic.twitter.com/NjKsvjQEpm — oneone@ (@OnetakaOnetaka6) March 31, 2020 無制限レバレッジ開放おめでとうございます! Exness(エクスネス)の特性を活かしたリスクゼロテクニック Exnessのヘビーユーザーから素晴らしいテクニックが報告されました。 業者活🙇‍♂️ Exnessでほんとに凄い機能はこれ。 トレード中の資金移動。 建値にするより資金を別口座に移動で完全ノーリスクで次にいける。 pic.twitter.com/1MkwhFGHlp — えふえっくす剛@コツコツ無限地蔵 (@fx_gogogo) May 27, 2020 ポジション保有中に資金移動をして、リスクをゼロにするというテクニックです。 さっそく真似してみましたが、まさに無制限レバレッジの特性を活かしたテクニックです。 強調するべき点として、ポンド円の場合ストップレベルで6pipsぐらいなので利益が6pips以上にならないと建値が入れられません。 しかし、このテクニックを使えばストップレベル以下でも建値を入れられるということです。 しかも、大きな滑りがあってもゼロカットシステムでマイナス損益にならないということです。 このテクニックは、少額で超ハイレバの取引をするには非常に有効な手段となり得ます! なんとびっくり😳 含み益すら口座間資金移動が可能。 含み益=資金残高扱い。 毎日が驚きのExness✨ pic.twitter.com/EnrA8YlkH3 — えふえっくす剛@コツコツ無限地蔵 (@fx_gogogo) May 27, 2020 しかも、含み益すら資金移動できます! このように、異次元と言っていいほどのサービスを利用することで、新たなトレードスタイルが確立できると言っていいでしょう! Exness(エクスネス)の高額出金について Exnessは上述したように企業としても高水準の格があり、高額出金であってもなんの心配もありません。 2万ドル(200万円相当)の出金もこのように無事に完了します。 ただし、1回の出金には上限額があり、$5000ドルが上限です。 下記例は2万ドルの利益を4回に分けて出金した例です。 bitwalletへの出金で、2秒で出金が完了しました。 exnessのビットウォレット出金は$5000までなのでこのように毎回毎回連打しなくてはなりません😇 すげーダルいんだなこれが😅 慣れてるけどw pic.twitter.com/IDpfBG55q9 — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) July 22, 2020 Exness(エクスネス)の効果的な活用方法 レバレッジ無制限を効果的に使う方法を以下の記事に特集しました。 他の海外FXブローカーではほぼ不可能なポジションの含み益を他の口座に移動することで利益を確保しつつ、相場の展開によってはより多くの利益を追求できるという実践的な方法です。 Exness(エクスネス)のまとめ まんぼう総裁のExness(エクスネス)に対する評価は以下のとおりとなる! 評価 コメント 最低入金額 $1だけ入金する人は居ないと思いますが、最低入金額にほぼ制限がないと言っていいでしょう。 最大レバレッジ 2000倍を乱発すると即死しますが、ここ1番では威力を発揮できるでしょう。 最小スプレッド 大きな減点はないと言ったところです。 サポート体制 回答は早いです。チャットの返事に誠意を感じます。 入出金 STICPAYが使えるので便利でしょう。 bitwalletも準備中です。 ボーナス Axiory、TitanFXの路線に近いのでしょうね。 取扱銘柄 標準的でしょうか。 取扱ツール 特に減点する材料はありません。   ツイッターTLを見ていてExness(エクスネス)でトレードしているという報告をほとんどみないことから、日本人トレーダーにはまだ浸透していないという印象です。 浸透していない理由は、口座開設ボーナス・入金ボーナスが無いからだと思われます。 でも、ボーナスが無くてもハイレバであれば、 この時のように勝つことだってできるのです。 要するに、ボーナスの呪縛にとらわれて   「勝てるブローカー」   を見逃す愚を犯すのは機会損失ということです。   トレードスタイルや相場状況に応じてブローカーを変えるのは当たり前だからです!   今回キャッシュバックまでしてブローカーを紹介しているのは 勝てる可能性のあるブローカーに挑戦してほしい というまんぼう総裁の想いがあるからです。 是非Exness(エクスネス)を満喫してください! というわけで、またねー(・ω・)ノ
TitanFXとExnessを比較

【海外FX】TitanFXとExnessを比較|勝てるブローカーの結論は?

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 久しくブログを更新していなくて、すっかり検索順位が落ちてしまいました。(T_T) これまで海外FXのおすすめブローカーを口座開設ボーナスや入金ボーナスを中心にして公開し続けてきましたが、正直8月になって頭打ちになって来た感は否めませんでした。 「ボーナス以外に特集することないの?」とか言われると悲しいところですが、当サイトの本質は、   様々な海外FXブローカーをより深く解説し、 FXで勝てる(勝ちやすい)情報を公開して、 みんながブログを活用してくれて、 みんなが(取引で儲けて)裕福になってほしい! という、使命があると思って活動をしています。 検索順位挽回も目指したいですが、 みんなが裕福になってほしい! という使命を優先して年内を駆け抜けようと思います! それでは、行ってみましょう!   TitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)を比較する理由 今日公開する内容は、意外(?)なことに日本ではまだ比較記事がないTitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)の取引コストについてのものです。 TitanFX(タイタンFX)は日本人トレーダーにも認知度が高いブローカーで、ボーナスサービスがない代わりに狭スプレッドを売りにしているブローカーです。 まんぼう総裁もちょくちょく使っているブローカーで、入出金トラブルもなく優良なブローカーと断言できます。 なので、TitanFX(タイタンFX)についての記事もいくつか公開しているわけです。   一方で、「Exness(エクスネス)はどうなのか?」という問いに対しては、 Exness(エクスネス)も優良な海外FXブローカーだよ! と、断言できます。(なんせマレーシアに直接行って来て見てきてますからね) 優良だと判断しているから、記事にするし、 キャッシュバックキャンペーン対象のブローカーにするわけです。 では、「Exness(エクスネス)は日本人トレーダーに浸透しているのだろうか?」という疑問がでてきますが、ハッキリ言えばまだ浸透しているとは言えません。 なぜなら、SEOツールでExness(エクスネス)の検索ボリュームを調査すると、 このように、データが見つからないという結果になってしまいます。 しかし、TitanFX(タイタンFX)の場合、 かなりの検索ボリュームがあることがわかります。それだけ日本人への浸透度が高いと言えるでしょう。 しかし、以下の記事を読むと、 トンでもねぇ機会損失だぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ! ということがわかります。 ※検索ボリュームツールは自サイトのアクセス数を上げるためにだけ使うのではなく、このようにユーザーが機会損失をしている可能性を抽出するためにも使えます。(「順位が上がったー」ってドヤるのがアフィリエイターの役割ではありません) TitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)の取引手数料を比較 TitanFX(タイタンFX)のBLADE(ブレード)口座とExness(エクスネス)のZero(ゼロ)口座について、1ロット往復の手数料を比較しました。 1ロット往復手数料 TitanFX Exness 有利なブローカー USDJPY 720円(約7ドル) 7ドル 同じ EURUSD 720円(約7ドル) 7ドル 同じ EURJPY 720円(約7ドル) 10ドル TitanFX GBPJPY 720円(約7ドル) 15ドル TitanFX GBPUSD 720円(約7ドル) 9ドル TitanFX XAUUSD 72円 16ドル TitanFX   ドル円、ユーロドルは同じで、他はややエクスネスの方が割高です。 TitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)の買いスワップを比較 続いて、買いスワップについて比較します。比較する銘柄は代表的な主要銘柄とゴールドです。 買いスワップ TitanFX Exness 有利なブローカー USDJPY -2.160 -0.445 Exness EURUSD -3.670 -3.821 TitanFX EURJPY -3.960 -2.839 Exness GBPJPY -3.980 -0.674 Exness GBPUSD -3.710 -2.024 Exness XAUUSD -6.790 -84.000 TitanFX   単純な大小比較では、Exness(エクスネス)の方が有利な銘柄が多いです。 ゴールドの買いスワップはTitanFX(タイタンFX)の方が断然有利です。 TitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)の売りスワップを比較 売りスワップ TitanFX Exness 有利なブローカー USDJPY -3.980 -3.357 Exness EURUSD -0.890 1.167 Exness EURJPY -1.100 -0.497 Exness GBPJPY -5.220 -2.450 Exness GBPUSD -4.570 -0.960 Exness XAUUSD -1.910 0.700 Exness   売りスワップは全てExness(エクスネス)の勝利です。 TitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)スプレッドを比較 スプレッド TitanFX Exness 有利なブローカー USDJPY 2 0 Exness EURUSD 2 0 Exness EURJPY 5 1 Exness GBPJPY 11 0 Exness GBPUSD 7 1 Exness XAUUSD 16 20 TitanFX   スワップの比較も重要ですが、中長期的なトレードでなければスプレッドが勝敗の明暗を分けるのではないでしょうか? この比較表のように、Exness(エクスネス)の方が有利であることがわかります。 ゴールドについては、TitanFX(タイタンFX)が有利です。 ... では、無く、... 日本人トレーダーの間では、 「TitanFX(タイタンFX)と言えば狭いスプレッド」 で認知されていますが、比較をしてみると、 「Exness(エクスネス)にもTitanFX(タイタンFX)と同じくらいのスプレッド口座がある」 と、いうことが判明したということです。 TitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)のレバレッジを比較 最後にレバレッジを比較します。 TitanFX Exness 500倍 21億倍(無制限)   レバレッジについては、TitanFX(タイタンFX)は最大500倍が可能であることに対して、Exness(エクスネス)は最大21億倍(無制限)が可能です。 TLを見ていると無制限レバレッジが優位である理由を誤解しているケースがあります。 無制限レバレッジ = 爆ピラミッドが可能 だけでなく、 無制限レバレッジ = 含み益が出たら原資を逃せる という点が優位なのです。 その理由は↓の記事で詳しく解説しているので、よく読んでください! TitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)の入出金を比較 TitanFX(タイタンFX)の入出金方法 Exness(エクスネス)の入出金方法 日本人が主に使っていると思われる入出金手段としては、クレジットカード・bitwallet・STICPAY・仮想通貨・銀行送金ですが、 銀行送金 仮想通貨 TitanFX ○ × Exness × ○   どちらのブローカーにも一長一短があるとも言えます。 率直に言えば、bitwalletがあれば銀行送金手段は不要でもあり、仮想通貨で入出金できないという点ではTitanFX(タイタンFX)のほうがやや不便とも言えます。 例えば、FXGTやCryptoAltumは仮想通貨での入出金が可能であることから、入金ボーナスを駆使して仮想通貨という資産を増やしまくることができます。 もう終了していますが、BigBoss(ビッグボス)では仮想通貨入金でボーナスが上乗せされるキャンペーンも過去にあり、今や仮想通貨口座を作れないというのはブローカーとしては不利な条件とも言えるでしょう。 そういう意味でも、Exness(エクスネス)で仮想通貨入金が可能という点はTitanFX(タイタンFX)よりも柔軟であると言えます。 TitanFX(タイタンFX)とExness(エクスネス)を比較して理解してほしいこと ブローカーを比較することで、より有利な戦略を立案することが可能になります。 これまでは、日本人トレーダーには狭スプレッド取引はTitanFX(タイタンFX)が代名詞であるかもしれませんが、本記事で比較したとおり、Exness(エクスネス)でもTitanFX(タイタンFX)並に狭スプレッドで取引できる口座があることがわかるわけです。 スプレッドに際立った差異がないのなら、Exness(エクスネス)の無制限レバレッジで超ダイナミックなトレードをすることができる分、Exness(エクスネス)の方が有利であると言えます。 取引手数料はエクスネスの方が割高ですが、上述したようにポジション保有中に資金移動で原資を逃がせる優位性のトレードオフと言えます。なぜなら、資金移動後に相場が激変して逆行して滑りがあるとマイナス残高はエクスネスが負担するからです。(ゴールドで起きやすい) 最低入金額の比較はしていませんでしたが、Exness(エクスネス)のZero口座を使うためには、最低1000ドルの入金が必要です。 ただし、1000ドルの金額を維持する必要はなく、入金後は別の口座に移動すればいいわけです。 ↓Exness(エクスネス)サポートからのメール   総合すると、狭スプレッドで取引したいからと言って、TitanFX(タイタンFX)に固執する必要はないわけです。 「狭スプレッド取引ができるのはTitanFX(タイタンFX)だけ」と思っている方は、Exness(エクスネス)のZero口座での取引も検討するのが戦略の幅が広がると思います。 むしろ、積極的に無制限レバレッジのExness(エクスネス)で狭スプレッド取引をするのがおすすめです。 念の為言っておくと、TitanFX(タイタンFX)も素晴らしいブローカーだと思います。 レバレッジでTitanFX(タイタンFX)が勝っていることとして、原油レバレッジが500倍ということは見逃せません。 さすがに(?)Exness(エクスネス)も原油をレバレッジ500倍では取引できません。 執筆していた日の原油往復値幅ですが、↓ こういうボラをレバレッジ500倍で取引できれば爆益になるわけです。 ↓失敗することもあるけどね。(まんぼう総裁も毎回勝てるわけじゃありませんw負ける時は負けます) ↓あと、これもね。 まとめのまとめ 今回はTitanFX(タイタンFX)だけでなく、Exness(エクスネス)でも同等の狭スプレッド口座があることに着目してみました。 両ブローカーともに、口座開設ボーナスも入金ボーナスもありません。 まんぼう総裁もかつては種銭作りに苦労していたこともあって、当サイトではボーナスを中心とした記事に力を入れています。 ↓代表記事はこちらです。 おすすめなのは、 口座開設ボーナスでノーリスクで種銭を増やす 増やしたお金を出金して、入金ボーナスで更に増やす さらに出金して、Exness(エクスネス)で少額爆益トレードに挑戦する というシナリオです。 もちろん、口座開設ボーナスを提供しているブローカーにも限りがありますが、他のサイトと異なるのは、日本でほとんど知られていないマイナーブローカーを調査しているということです。 つまり、マイナーブローカーの口座開設ボーナスで練習して、メジャーブローカーの口座開設ボーナスで勝ちにつなげ、最終的にはExness(エクスネス)のようにより勝ちやすいブローカーを使うということです。 以上のことを総合して、新たな勝利への戦略の助けになれば幸いです。 というわけで、またねー(・ω・)ノ このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ
5,127フォロワーフォロー

最新

ウィークリーアクセスランキング

トータルアクセスランキング