ホーム まんぼうトレード まんぼうFXトレード

まんぼうFXトレード

まんぼう総裁おすすめ海外FX口座開設ボーナス特集

自己資金0円でOKの口座開設ボーナスを提供している海外FXブローカーを一挙に紹介 種銭・自己資金が無くてもOKです! FXデビューに最適です!

まんぼう総裁おすすめ海外FXブローカー

口座開設キャッシュバックキャンペーンを通年開催しています。 実質「海外FX口座開設ボーナス」なので是非ご利用ください!

海外FX個別株比較

【個別株】海外FXブローカーごとにスプレッドとレバレッジを比較しました!

  まずはじめに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) Twitterをご覧の方はご存知だと思いますが、まんぼう総裁は2020年4月から毎月100万円を米国株に入れていき、株をどんどん保有していっております。(今保有してる銘柄はかなりの含み損ですが・・・汗) 昨今のコロナウイルス蔓延に伴い、通貨や指数などはかなり不安定な動きをしており、トレーダー達を苦しめております。(ボラはだいぶ平常運転になりましたけどね) もちろんそれは株式も同様であり、企業によっては大打撃を食らい、近年稀に見る株価の暴落も発生しております。 そのような中、通貨ペアや指数などのスプレッドやレバレッジを海外FXブローカー同士で比較されることも多いですが、個別株につきましては、なかなか比較されることが少ないです。 その為、今回は自分のためでもあり、そして皆様に是非、どこで取引をすればお得なのか!?ということを知って頂くことも兼ねて、スプレッドとレバレッジの比較表を作成しました。 それでは行ってみましょう!!   個別株を取引する理由 個別株を取引する理由は簡単で、下記の画像のように個別株の場合、価格の変動がハンパないです。 *上記画像はiforexです   モデルナを例にすると、   週足で見ると顕著ですが、完全なる一方通行です。   個別株を比較したブローカーは?   今回、比較した海外FXブローカーは以下の4社です。 2020.7.17現在の表となりますので、ご注意ください。 iFOREX (697種類) Exness (30種類) easy Markets (52種類) Hot Forex (56種類) 上の一覧を見て頂くと分かる通り、iFOREXだけずば抜けて取引できる銘柄が多いです。   iFOREXで取り扱ってない株式はこれだ!   697株というすごい量の株式を取り扱っているiFOREXでもカバーしきれていない株が12個あります。 もし、興味のある株があれば、是非、このブローカーを開設しましょう!   黄色で色を付けているセルが、4社の中で優れているところです。 iFOREXの数が多いので、iFOREXが全てにおいて優れているわけではなく、表を見て頂くと分かりますが、Exness、easyMarkets、HotForexが取り扱っている株に関しては、かなりの数でiFOREX以外が優秀です。 具体的に数値をあげます。 iFOREXの総取引可能銘柄数:697種類 iFOREXで取引が出来る銘柄の中で、Exness、easyMarkets、HotForexでも取引出来る銘柄数:89種類 この89種類のうち、iFOREXよりスプレッドが優れている銘柄数:47種類 更に細かく言うと、 Exness:11種類 easyMarkets:11種類 HotForex:25種類 となります。 取引したい株式によってブローカーを分けるのが必勝のコツとなるでしょうが、iFOREXのこの取引銘柄数の多さはやっぱり魅力的ですよね!! 銘柄 iFOREX Exness easy Markets Hot Forex レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド レバレッジ スプレッド A2A 20 0.0028 ABB 20 0.0527 ABNアムロ・グループ 20 0.019 ACI 10 0.036 ACS 20 0.053 Adyen 20 3.08 AIA 20 0.163 20 0.28 AIG 20 0.044 AMD 20 0.074 ANZ 20 0.041 20 0.03 ASMLホールディング 20 0.75 ASRネダーランド 20 0.066 AT&T 20 0.041 20 0.1 20 0.07 BASF 20 0.094 BHPグループ 20 3.93 20 0.06 Bilibili 20 0.057 BMW 20 0.106 BP 20 0.71 14 0.19 BPERバンカ 20 0.0056 BT 20 0.26 CBRE 10 0.06 China Literature 13.33 0.124 CNHインダストリアル 10 0.0147 CSL 20 0.63 20 0.5 CVS 20 0.088 DEH 13.33 0.0082 DeNA 20 1.8 DIA 20 0.0003 DOUYU.COM 20 0.016 DSM 20 0.289 ENEOSホールディングス 20 0.5 Etsy 10 0.139 EventBrite 10 0.012 Exor 20 0.116 Fosun Pharma 10 0.07 GEG 13.33 0.12 GMO 20 3.9 HDFC 20 4.03 HDFC銀行 20 2.38 HOYA 20 14.2 HSBC HK 20 0.084 20 0.22 HSBC UK 20 0.87 14 0.49 HUYA 20 0.032 IBM 20 0.17 14 0.1 ICICI銀行 20 0.78 Indra 20 0.016 INGグループ 20 0.015 ITC 20 0.44 ITV 20 0.15 JDドットコム 10 0.083 JFEホールディングス 20 1.1 JPモルガン・チェース 20 0.14 20 0.1 JSW 10 0.044 JSWスチール 20 0.45 JT 20 2.7 JUMIA 10 0.01 K+S 20 0.011 KDDI 20 4.5 KPN 20 0.0055 LG化学 20 1180 LG電子 20 168 LiveRamp 13.33 0.061 MAADEN 20 0.082 Mobily 20 0.061 MOMO 20 0.026 mongoDB 20 0.277 MS&AD インシュアランスグループホールディングス 20 3.9 NAB 20 0.041 NCB 20 0.081 Nio 20 0.043 NNグループ 20 0.074 OHL 10 0.0016 OPAP 20 0.02 PGE 20 0.016 PGNiG 20 0.0115 Pinduoduo 20 0.113 Pinterest 20 0.033 PKOバンク・ポルスキ 20 0.053 Pluralsight 20 0.025 PZU 20 0.066 QBEインシュアランス 20 0.021 RWE 20 0.059 SABIC 20 0.198 SBIホールディング 20 3 SBMオフショア 20 0.031 SGS 20 5.45 SIMON 20 0.09 SKF 20 0.42 SKハイニックス 20 186 SMC 20 78.8 Sogou 20 0.024 SOMPOホールディングス 20 5.1 STマイクロエレクトロニクス 20 0.057 SUBARU 20 3.2 SUMCO 20 2.2 SurveyMonkey 20 0.03 T&Dホールディングス 20 1.3 TDK 20 14.4 Tenable 20 0.039 TJX 13.33 0.072 Tモバイル 20 0.14 UBIバンカ 20 0.0072 UBSグループ 20 0.0257 UPMキュンメネ 20 0.053 VTB銀行 10 0.00008 Zoom 10 0.34 ZOZO 13.33 3.4 いすゞ自動車 20 1.3 みずほ 20 0.2 20 0.3 りそなホールディングス 20 0.5 アイクストロン 10 0.0195 アイシン精機 20 4.4 アエナ 20 0.27 アエロフロート 10 0.19 アクサ 20 0.042 アクシオナ 20 0.223 アクシス銀行 20 0.97 アクセンチュア 20 0.3 アクゾノーベル 20 0.188 アクティビジョン・ブリザード 20 0.107 アコー 20 0.056 アジムト・ホールディング 20 0.037 アストラゼネカ 20 19.98 アストンマーティン 20 0.12 アセリノックス 20 0.016 アッサ・アブロイ 20 0.47 アップル 20 0.52 20 0.16 20 0.3 14 0.48 アップワーク 10 0.019 アッヴィ 20 0.135 アディダス 20 0.429 20 0.5 14 0.33 アデコ 20 0.104 アトス 20 0.17 アトラスコプコ 20 0.95 アトランティア 20 0.031 アトレスメディア 20 0.0058 アドビ 20 0.58 アバスト 20 1.29 アバロンベイ 20 0.21 アビバ 20 0.66 アフラック 20 0.049 アプティブ 10 0.111 アホルド・デレーズ 20 0.057 アボット 20 0.13 アマゾン 20 4.04 20 1.44 20 2.5 14 1.3 アマデウス 20 0.107 アムジェン 20 0.34 アメリカン・エキスプレス 20 0.13 14 0.08 アメリカン・タワー 20 0.35 アメリカン航空 20 0.05 アメリカ・モビル 20 0.033 アモーレパシフィック 20 370 アラムコ 20 0.075 アリアンツ 10 0.338 20 0.37 アリオル・バンク 20 0.038 アリババ 20 0.33 20 0.18 20 0.2 14 0.14 アルカ・コンティネンタル 20 0.22 アルセロール・ミタル 20 0.023 アルタ・ビューティ 20 0.275 アルティス 20 0.0082 アルトリア 20 0.056 アルバーツ・インダストリーズ 20 0.066 アルファ 20 0.026 アルファベット 20 2.05 20 1.44 アルファ・ラバル 20 0.45 アルファ銀行 6.67 0.0013 アルプス電気 20 1.9 アルマライ 20 0.122 アングロ・アメリカン 10 4.35 14 1.18 アンハイザー・ブッシュ・インベブ 10 0.07 イエス銀行 5 0.043 イオン 20 3.3 イノビオ 6.67 0.033 イベルドローラ 20 0.025 20 0.04 14 0.02 イルミナ 20 0.51 14 0.45 インテル 20 0.08 20 0.1 20 0.1 14 0.04 インテーザ・サンパオロ 20 0.0042 インディアブルズ 5 0.49 インディテックス 20 0.052 インドステイト銀行 20 0.42 インフィニオン 20 0.039 インフォシス 20 2.05 インベストール 20 1.16 インマー銀行 20 0.033 イージージェット 13.33 1.54 イートン 20 0.126 イーベイ 20 0.079 20 0.1 14 0.04 ウィン・リゾーツ 20 0.11 ウェアーハウザー 20 0.034 ウェスファーマーズ 20 0.105 20 0.08 ウェルズ・ファーゴ 20 0.034 20 0.1 ウエストパック 20 0.04 20 0.03 ウォルグリーンズ・ブーツ 10 0.056 ウォルマート 20 0.178 20 0.14 ウォルマート・デ・メヒコ 20 0.126 ウッドサイド 20 0.047 20 0.07 ウニクレディト 20 0.02 ウニベイル・ロダムコ 20 0.11 ウニポルサイ 13.33 0.0049   個別株比較まとめ 今回取り上げた個別株を取り扱っているブローカーは以下の4社です。 iFOREX easyMarkets Exness HotForex iFOREX・easyMarkets・HotForexはボーナスも豊富なブローカーで、100%入金ボーナスを利用することで、レバレッジを2倍上げることが可能です。 つまり、個別株取引が30倍~40倍のレバレッジで取引することが可能ということです。 Exnessには入金ボーナスがない代わりに、無制限レバレッジを利用することが可能です。 少額で証拠金を増やした後に、個別株取引に挑むという戦略もありですよね。 為替一辺倒・商品一辺倒・指数一辺倒ではなく、個別株取引も戦略に加えることで、より稼げる可能性を見出していただけたらということで、本記事を公開しました。 それでは、またね~!
fxgtの最新情報を公開

FXGT(エフエックスジーティー)のスペックを詳しく解説&スプレッドを海外FX人気ブローカーと比較

最大レバレッジ500倍でダイナミックにトレードできる 仮想通貨の取引も最大レバレッジ500倍なのが魅力 仮想通貨のスプレッドが国内仮想通貨取引所より狭い 追証なしで借金するリスクはゼロ 口座開設ボーナス・入金ボーナスキャンペーンが頻繁 即日トレード可能 取引銘柄が132種類と豊富((FX通貨ペア50種、金属・エネルギー5種、インデックス8種、仮想通貨13種、株56種) 入出金方法が豊富(クレジットカード、bitwallet、海外銀行送金、仮想通貨) 入出金手数料無料
TTCMの1万円口座開設ボーナス

【海外FX】優良ブローカーTTCMの口座開設ボーナス1万円について

  まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 2週間にわたる入院生活をしてましたが、入院中も口座開設ボーナス情報のキャッチは欠かさずにいました。 種銭のない方にチャンスを与えることを至福の喜びとするまんぼう総裁としては、入院していたとしても、こういう営みを欠かさないことを信念としているのです!(入院していると他にやることねーし) さて、そんな入院生活をしていたら、   TTCMから口座開設ボーナスオファーのメールを受信しました。 TTCMと言えば、昨年まんぼう総裁がキプロスに訪問したブローカーでもあり、とても優良なブローカーなのです。 以前は5,000円の口座開設ボーナスをやっていましたが、今年はやらないと聞いていたので、突如のオファーに ブローカーとしてのヤル気 を感じました。 そんな訳で、口座開設ボーナスの受け取り、入出金の方法、スペックのおさらいを一気に解説します! それでは、行ってみましょう! TTCMのマイページにログイン 口座開設して、マイページにログインします。 スペシャルオファーのリンクをクリックします。 TTCMプロモーション一覧の画面 口座解説ボーナスのリンクをクリックします。 利用規約を抜粋すると、以下のようなルールがあります。 本 “口座開設ボーナス” を通じて受領したボーナス資金の利用可能期限は、90日(土曜日曜・祝祭日を含むカレンダー上の日数)となります。 本 “口座開設ボーナス” 取引口座へは如何なる追加のご入金を頂く事が出来ません。 プロモーション口座において90日(土曜日曜・祝祭日を含むカレンダー上の日数)以内に最低10ロットの取引量に達している場合は、プロモーション口座(最大10,000円に制限)で取引された利益のみを引き出す事が出来ます。MT4取引プラットフォームの「口座履歴」タブ、またはセキュアエリアにログインして頂けますと実現された取引量(ロット)が確認出来ます。 付与されたボーナスを引き出すことは出来ません。 本 “口座開設ボーナス” にて発生した利益の請求は 90日以内にsupport.int@ttcm.com までお問い合わせ頂く必要がございます。 本 “口座開設ボーナス” にて発生した利益の請求において、お客様の取引履歴は正当に審査される必要があります。 90日の期間が終了すると、 本 “口座開設ボーナス” のクレジットと利益は削除され、すべての保有中のポジションも決済されます。 注文毎の最大取引ボリュームは0.1ロットとなります。 ご利用頂ける最大レバレッジは1:100となります。 同時に保有頂ける最大オープンポジションは5つまでとなります。 オープン価格とクローズ価格の差が10ピップス以上のご注文のみ条件を満たします。 例:EURUSDを1.13802の価格でSellし、1.13502で取引を成立させる場合、始値と終値の差は0.00300 = 30ピップスです。 以下は禁止されています:ロック/ヘッジ、エキスパートアドバイザー(EA)、ラダー/スケーリング/グリッド戦略(前の取引の完了後1時間以内に同じ方向に新しいポジションをオープンすることは出来ません) ↓全文はこちらになります。 TTCM口座開設ボーナス利用規約 直球で評価するなら、やや難易度の高いボーナスです。 取引手法をリアル口座で検証するというのにはもってこいでしょう。 難易度的には、FBSの口座開設ボーナスよりハードルが低いイメージです。 TTCMとFBSの口座開設ボーナスの条件を比較しました。 比較項目 TTCM FBS レバレッジ 100倍 100倍 達成期間 90日 30日 最低取引条件 10ロット 5ロット 同時ポジション数 5 5 条件達成pips 10pips以上 100pips以上   一見すると、TTCMの10ロット縛りに難易度を感じるかもしれませんが、有効期限と条件達成pipsを比較するとTTCMのほうがハードルが低いと言えるでしょう。 TTCMへの入金方法 TTCMはbitwalletで入金が可能です。 後述しますが、クレジットカード入金の場合、マネーロンダリング防止のルールがあり、入金額以上の出金が別のルートになります。 TTCMでガッツリトレードするなら、bitwalletでの入出金が便利でしょう。 出金に関するルール トレーダーズ・トラストでは、AML(アンチ・マネー・ロンダリング)規定に基づき、お客様からのご入金並びに出金に関して以下の通り運用ルールを制定しております。 お客様からの出金申請をスムーズに処理させて頂く為にも、以下記載の注意事項をご一読頂き、ルールに基づき出金申請頂けます様お願い申し上げます。 ご出金頂ける最小金額は、50ドル(相当額)以上にて申請をお願い致します。 2019 年10月より、ご出金のお客様は、決済会社にて発生する手数料を弊社負担させて頂き無料にてご出金頂ける様になりました。 ご入金頂いた金額分まで、ご入金に利用頂いた経路と同様の経路で出金頂く必要がございます。 例)クレジットカードから20,000円ご入金、国内送金サービスから50,000円のご入金履歴がある場合 →お客様は、20,000円分をクレジットカードへ、50,000円分を海外送金での銀行送金にて出金頂く必要がございます。 6か月以内にクレジットカードからご入金頂いた履歴がございます場合、他の入金方法よりも優先し、当該クレジットカードへ出金申請頂く必要がございます。 例)クレジットカードから2か月前に30,000円をご入金、ビットウォレットより5か月前に30,000円をご入金頂いた履歴がある場合 →お客様は、先にクレジットカードからのご入金分30,000円分をご出金申請頂く必要がございます。 運用益・パートナー報酬を出金される場合は、ご入金に利用頂いた経路もしくは、弊社より送金が可能な全ての方法にてご出金頂けますが、BTCにて出金を希望される場合出金額に対して4%のフィーが掛かります。 *お客様にご利用頂ける出金方法や出金可能額が不明な場合は、お手続き前に、お気軽にカスタマーサポート宛てへお問合せ下さいませ。 TTCMへの最低入金額 口座タイプによって最低入金額が異なります。 クラシック口座の場合、初回最低入金額が5,000円です。(スクショはクラシック口座の例) 金額を確認して送信ボタンを押します。 ここからはbitwalletの画面です。 金額を確認して「決済する」を押せば入金が完了します。 TTCMのウォレットに入金が成功しました HotForexもそうですが、TTCMの資金は「お財布口座」を介して管理されます。 TTCM資金管理 お財布口座に証拠金を入金した後に、各口座に資金移動をします。 ↓資金移動に成功しました。これでトレードできます。 TTCM利益出金 トレードで利益が得られたらいよいよ出金です。 出金は入金の逆で、出金したい金額をお財布口座に移動します。 ↓お財布口座への資金移動に成功しました。 「ご出金」タブをクリックします 必要事項を入力して送信します 出金前に、必ず「出金手数料」と「出金に関するルール」のタブをクリックして、内容を確認しましょう。 ええー!? 手数料??? みたいなことにならないようにしましょう。 ↓出金申請が完了しました。 TTCMの出金完了 出金が完了すると電子メールでお知らせが配信されます。 この例では出金申請から12時間ぐらいでした。 申請が深夜だったこともあるので、もっと早いこともあります。 TTCMというブローカーについては、まんぼう総裁もキプロスに訪問して、現地のスタッフとも会合をしていますが、 極めて安心・安全なブローカー という結論でした。 なので、出金に関する心配は皆無なんですけどね。 TTCM 取り扱い銘柄・スプレッドについて 銘柄分類 取扱商品 最小スプレッド プロ口座 ライブ スプレッド 平均スプレッド プロ口座 スワップ (ロング) スワップ (ショート) 為替 EURUSD 0 0.3 0.2 -9.01 3.72 為替 GBPUSD 0 1 0.66 -7.23 -0.67 為替 USDCHF 0 0.8 0.79 3.92 -9.58 為替 USDJPY 0 0.6 0.38 -0.21 -2.76 為替 NZDUSD 0.1 1 0.74 -3.4 -0.61 為替 AUDUSD 0 0.7 0.52 -3.77 -0.91 為替 EURJPY 0.2 0.6 0.5 -3.45 0.26 為替 GBPJPY 0.4 1.5 1.1 -0.57 -5.55 指数 US30 4 3 4 -34.48 -5.81 指数 JP225 17 17 17 -17.43 -19.18 商品先物 XAUUSD 8 1.7 15.8 -11.26 4.32 商品先物 XAGUSD 0.9 1.4 1.09 -3.02 -0.51 改めてスペックをおさらいしますが、スプレッドがとても狭いと言えます。裁量取引、EAによる自動売買にもってこいですね。 TTCM 口座タイプ・レバレッジについて 目的に応じて3種類の口座タイプが提供されています。最小入金額が20,000円ではあるものの、プロ口座のスプレッドは魅力的と言えます。 クラシック口座 プロ口座 VIP口座 ¥ 5,000(初回最小入金額) ¥ 20,000(初回最小入金額) ¥ 2,000,000(口座残高相当額より) 口座通貨: ドル・ユーロ・円 口座通貨: ドル・ユーロ・円 口座通貨: ドル・ユーロ・円・フラン・ポンド 取引毎の手数料: 取引毎の手数料なし 取引毎の手数料: 取引毎 片道3ドル/ロット 取引毎の手数料: 取引毎 片道1.5ドル/ロット 最小スプレッド: 1.2 最小スプレッド: 0〜 最小スプレッド: 0〜 レバレッジ: 最大500倍 レバレッジ: 最大500倍 レバレッジ: 最大200倍 最小取引ボリューム(1ポジション): 0.01ロット 最小取引ボリューム(1ポジション): 0.01ロット 最小取引ボリューム(1ポジション): 0.01ロット TTCM クラシック口座詳細 システム注文方式: STP/NDD方式 決済方式: マーケット決済 平均約定スピード: 平均100ミリ秒で約定 約定の質: 発注拒否・リクオートなし 最小入金額: ¥ 5,000- 最小スプレッド: 1.2 取引毎の手数料: 取引毎の手数料なし 口座通貨: ドル ユーロ 円 プラットフォーム: MT4 取扱商品: FX通貨ペア インデックス 貴金属 エネルギー レバレッジ: 最大500倍 マージンコール ストップアウトレベル: 50% / 20% 最小取引ボリューム (1ポジション): 0.01ロット TTCM プロ口座詳細 システム注文方式: STP/ECN/NDD方式 決済方式: マーケット決済 平均約定スピード: 平均100ミリ秒で約定 約定の質: 発注拒否・リクオートなし 最小入金額: ¥ 20,000- 最小スプレッド: 0〜 取引毎の手数料: 取引毎 片道3ドル/ロット 口座通貨: ドル ユーロ 円 プラットフォーム: MT4 取扱商品: FX通貨ペア インデックス 貴金属 エネルギー レバレッジ: 最大500倍 マージンコール ストップアウトレベル: 50% / 20% 最小取引ボリューム (1ポジション): 0.01ロット TTCM VIP口座詳細 システム注文方式: STP/ECN/NDD方式 決済方式: マーケット決済 平均約定スピード: 平均100ミリ秒で約定 約定の質: 発注拒否・リクオートなし 最小入金額: ¥ 2,000,000- 最小スプレッド: 0〜 取引毎の手数料: 取引毎 片道1.5ドル/ロット 口座通貨: ドル ユーロ 円 フラン ポンド プラットフォーム: MT4 取扱商品: FX通貨ペア インデックス 貴金属 エネルギー レバレッジ: 最大200倍 マージンコール ストップアウトレベル: 80% / 50% 最小取引ボリューム (1ポジション): 0.01ロット クラシック口座とプロ口座はレバレッジが500倍ですが、VIP口座は特殊な口座であることからレバレッジが200倍になっています。VIP口座は最小入金額も200万円となっており、ハードルが高いほうです。 TTCM入金ボーナスについて 上記の記事でも案内を公開していますが、TTCMは2020年に関しては1人あたり上限1000万円まで利用可能な入金100%ボーナスを提供しています。 GEMFOREXなんかも定期的に100%入金ボーナスを開催していますが、出金後の30日間は50%になるなどの制限があったりします。 TTCMの場合は100%ボーナスの適用に10万円以上の入金が必要ですが、出金後の条件云々が無いので利便性が高いと言えるでしょう。 TTCM口座開設ボーナスまとめ 直近でさかのぼっても、口座開設ボーナス・入金ボーナスのキャンペーンが目白押しです。 (※ ↓現在期間が有効なブローカーを抜粋) Axiory BigBoss yadix GKFX Prime FXGT   大袈裟に言えば、海外FXブローカー同士の顧客の取り合いが始まっていて、口座開設ボーナスや入金ボーナスのキャンペーンが増えてきた印象です。 ボーナスがあることで有利に証拠金を増やせるチャンスなので、資金計画を立てて(期限や付与率など)残りの半年を充実させてほしいというのがまんぼう総裁の願いです。 それでは、またねー! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ
2020年7月開催のAxiory入金ボーナス

【ボーナス情報】Axioryのお中元ボーナスキャンペーンが開催されます!【最大3万円】

AXIORY(アキシオリー) は業界屈指のスプレットと透明性の高いトレード方式であるNDD方式を採用した「顧客の利益第一主義」を貫くことを企業理念とした海外のFX会社です。ベリーズ国際金融サービス委員会 IFSCにて許認可を受けた会社で、出金のトラブルもない安心のブローカーです。狭スプレッドのブローカーが入金ボーナスのキャンペーンを提供するのは稀であることから、この機会に是非口座開設をして取引することをおすすめします。ボーナスがあるということは、スプレッドが圧縮されるということなので、取引コストがとても節約...
海外FXゴールド比較

【海外FX】ゴールド銘柄のスプレッド・レバレッジ・ボーナスの比較表を作りました!

まず始めに   全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) ブログの更新をさぼってたので更新をどんどんしていきたいと思います!! 気がつけば、雇用統計などのイベントも終わってましたね! ちょっとブログ更新の気合を入れ直して頑張りたいと思います!(; ̄ー ̄川 アセアセ     先日FRBパウエルの要員発言がありましたが、バッチリ勝てたかな? てゆーか、よっぽどの神ポジで高みの見物じゃなければ、ヘタにイベントに挑まない方が得策ではありますけどね。 さて、こういうイベントで大きく値動きするのはゴールドや原油などですが、今回はゴールドに焦点をあててブローカーの比較をしてみました。   この記事を読めば、ブローカーを複数口座開設するメリットがわかってくるかと思います。   それでは、行ってみましょう!   ゴールド(XAUUSD)銘柄とは?   解説は不要と思いますが、金(きん)価格の商品です。 一日に1000pips以上の値動きを見せることも珍しくないポンド以上のボラティリティがあり、短時間で決着しやすい特徴があります。 数分で1000pips(10ドル)以上の値動きがあることもあり、上手に取引できれば利益を得やすい商品だと言えます。 当然ながら反対方向に相場が進んだ場合は即ロスカットされることになるので、ストップロスを入れておかないとゼロカットまでもっていかれます。 日経平均やダウ・原油・天然ガスなどの一方通行商品と同等以上のボラティリティを持つCFD商品よりもスプレッドが狭いのも特徴です。   ゴールド取引に必要な必要証拠金(1ロットの場合)   ポンド円のような通貨ペアなら「1ポンド = 何円」という計算で証拠金を計算しますが、ゴールドは重さで計算をします。 GOLD(きん)としての重さ、1オンス(oz)を単位の基準とします。日本人には馴染みのない単位のオンスは約30グラムです。このオンスで単位とUSドルで換算するというわけです。   GOLD取引に必要な証拠金   2020年6月16日の1オンス(oz)あたりの価格は1727ドル です。 XMTradingの証拠金計算機で必要証拠金を計算してみました。   レバレッジ 必要証拠金 (0.1ロットで計算) 100倍 18,566円 200倍 9,273円 400倍 4,637円 500倍 3,710円 888倍 2,088円 1,000倍 1,857円   当然ですが、レバレッジが大きいほうが必要な証拠金が少なくてOKです。(即ゼロカットもありえますが)   有事の際に金の価格が変動する GOLDは核汚染でもされない限りどんな薬物によっても劣化しないという特徴があるので安全資産と言われています。 好景気の時には株価の値上がりを期待して株を購入する傾向がありますが、戦争・紛争・恐慌で世界情勢が不安定になると安全な資産である「金」を購入するトレーダーが増えます。 その結果、価格が高騰するわけです。 ただし、今年のコロナウイルス相場は特殊でした。 あまりも株価が暴落したため追証の支払いのためにGOLDが売却によって現金化され、同時に大暴落するという結果となりました。     ゴールドには「限月」がない 原油先物や天然ガス先物をトレードするトレーダーにはピンとくることですが、ゴールドには限月がありません。 「限月(げんげつ)」とは、株価指数先物や商品先物といったCFDの取引が強制的に終了する月のことです。 簡単に言うと、「先物(さきもの)」と呼ばれる商品は、ポジションを持っていられる期限が限定されているということです。 ゴールドには限月がないので、為替と同様にいつまでもポジションを保持することができます。   ブローカー別GOLDスプレッド実測   近しい時間帯でゴールドのスプレッドをブローカーごとに実測しました。カッコ内はスプレッド値です。 Exness(スタンダード)・Genetrade・GEMFOREX Exness(ゼロスプレッド)   ※ゼロスプレッド口座なので、別の日に測定 Axiory・HotForex・Anzo Capital IronFX・GKFX Prime・XM Trading iFOREX・easyMarkets   海外FXボーナスとゴールドレバレッジの比較 上述したゴールド実測値・レバレッジ・ボーナス・ボーナスクッション・ロスカット水準を表にまとめました。 ブローカー スプレッド レバレッジ ボーナス クッション ロスカット水準 Exness (スタンダード) 504 無制限 なし ー 0% Exness (ゼロスプレッド) 6.8 2000倍 なし ー 0% Genetrade 35 1000 あり あり 50% GEMFOREX 30 1000 あり あり 20% Axiory 32 100 なし ー 20% HotForex 120 200 あり なし 20% Anzo Capital 32 500 あり なし 50% IronFX 46 100 あり なし 20% GKFX Prime 55 100 あり あり 20% XM Trading 45 888 あり あり 20% iFOREX 80 200 あり あり 0% easyMarkets 75 50 200 あり あり 20%   ※easyMarketsは測定時には75前後だったものの、まんぼう総裁から指摘した結果2020/06/22時点で50前後になりました。 では、この表をもとに、まんぼう総裁の独断と偏見でコメントしてみます!   Exness(スタンダード・ゼロスプレッド)   スタンダード口座の場合、レバレッジ無制限が使えると言っても、スプレッドが500を超えるので今はおすすめできない。 ただしゼロスプレッド口座は、スプレッドが6.8です。 Lot数 手数料(片道) 10Lot $160($16) 1Lot $16($8)   1Lot発射の手数料が6.8のスプレッドで、手数料が片道$8に加えて、   ゴールドをレバレッジ2000倍で発射できる 維持率0%まで耐えられる   という優位性があるため、ゴールド取引として活用できるブローカーとしては及第点である!   Genetrade   ロスカット水準が50%なのとボーナスが50%であることを総評すると、意地でも使うという理由はない。   GEMFOREX   100%ボーナスでハイレバ取引が可能だが、約定力に難がある。   Axiory   ボーナスが無いので、スプレッドと約定力で勝負。ただし、レバレッジが100倍なので物足りない。   HotForex ボーナスがあるものの、クッションの役割が無いのと、スプレッドが広め。今はGOLDには向かない。   Anzo Capital レバレッジが500倍なのが意外(?)。ただし、ボーナスが50%で1回のみ・強制ロスカットが50%なので局所的に使うか?   IronFX レバレッジが100倍なので、ボーナスがあるにせよ、意地でもGOLDを取引する理由にはならない。   GKFX Prime レバレッジが100倍なので、iFOREXのボーナスオファーが無い時期なら、期間限定のクッション付き100%ボーナスでレバレッジを200倍として取引する選択もあり。 今なら口座開設ボーナス&100%入金ボーナスのキャンペーンもやっているので、検討する価値はあるかと思います。若干スプレッドが広めですが。   XM Trading GEMFOREXに近いレバレッジで、入金ボーナスを活用して取引するのもあり。ただし、スプレッドが若干広い。   iFOREX レバレッジ200倍なので、100%ボーナスの時は活用したい。ただし、意外にスプレッドが広い。   easyMarkets レバレッジ200倍なので、100%ボーナスを活用したい。本記事執筆時はコロナウイルスの影響により、スプレッドが75程度であったが、2020/06/22時点では50程度になりました。 iFOREXより狭い・固定スプレッドである、ということを考えると有利な条件と言える。(週末・週明けのスプレッド拡大の影響がない) 今はGOLD取引に向かないが、easyTradeやdealCancellationと組み合わせるのも面白い。   ゴールド取引比較のまとめ   本来なら当サイトで紹介しているブローカーを全部調査したいのですが、...   スーパー大変   なので、徐々にリライトしていこうと思ってます。   比較をすることで、レバレッジをとるのか、スプレッドをとるのか、ロスカット水準をとるのかと、色んな角度で考察することができます。   表に表現しきれてないこととして約定力がありますが、これはみなさんで実際に使ってみて報告をいただけると嬉しく思います。 最近でも某ブローカーの原油銘柄が改悪されているなどの報告もあり、ユーザーの報告があることで、まんぼう総裁も動きやすいのです。 ポイントとしてはまんぼう総裁のみの意見ではなくてユーザーの声が沢山ある方が良いわけです。     「XXXのブローカーに比べてスプレッドが異常なんだけど? どういうつもり?」 「名物銘柄があった方が話題性抜群だと思うから採算度外視でどう?」   とか、交渉しやすいわけです。 こういう比較表があった方が建設的なんですよね。 と、ゆーわけで、今日はここまでにしたいともいます。 それでは、またねー! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ

【海外FX】狭スプレッドと入金ボーナスありのYadix(ヤディックス)について解説!

Yadix(ヤディックス)の口座開設ボーナスについて STPブローカーとして、狭スプレッドと高約定力を売りにしているYadix(ヤディックス)が口座開設ボーナスのキャンペーンを開始しました。 狭スプレッド&高約定力のブローカーが口座開設ボーナスを提供するのは滅多にないので、是非活用することをおすすめします。 キャンペーンのルールと、口座開設の方法を解説したので、以下熟読しましょう! 口座開設ボーナスルール Yadixのクラシック口座を開設して、必要書類を提出して下さい。(書類には審査があります。) 40ドルの口座開設ボーナスがクラシック口座のMT4へ反映されます 40ドルの口座開設ボーナスの有効期限は、30日です。 40ドルの口座開設ボーナスは、出金できません。 口座開設ボーナスを使った取引で獲得した利益は、クラシック口座へ100ドル以上を一括入金したトレーダーだけが、1ドルの利益につき0.3ロットの往復取引で出金できるようになります。 初回入金をした後の取引が、利益の出金に必要な取引の対象です。 口座開設ボーナスは、クラシック口座が対象です。 口座開設ボーナスは書類の承認後、自動的に付与されます。 Yadixのボーナス規約が適用されます。 口座開設ボーナス申請手順 ↓こちらのバナーからyadixの公式サイトに移動してください。 メニューからニュースをクリックします。 続きを読む、をクリックしてください。 「ご参加はこちら」をクリックしてください。 個人情報を入力しましょう。 ここまで遷移したら口座開設は完了です。   登録したメールアドレスにお知らせがくるので、マイページにログインします。 KYCの提出です。 ※ボーナスは書類審査が完了したら付与されますが、審査完了のメールが来るわけではないので、MT4にログインして確認しましょう。 ↓以下公開時の記事です。 まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 今週はGOLDがフル勃起で面白い週でしたね!   ゴールド暴騰委員会公式声明 「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオララオラオラオラオラオラオラオラオラオラ」 「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無」 pic.twitter.com/pjsYP16z0L — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) February 21, 2020   もちろんスーパーカマグラも服用しているので、ダブルでフル勃起していますよ! まんぼう総裁はTwitterを見てる人ならお分かりかと思いますが、今週はかなり攻めたトレードをしていますが、ブログの更新も怠らないのことを目標にしているので、今週を締めくくる意味でもまだ紹介していないブローカーを解説してみたいと思います。 ポンドの取引をするスキャルピングトレーダー必見ですよ!   もちろんまんぼう総裁も随分前に法人口座を開設しております😌 それでは行ってみましょう!! Yadix(ヤディックス) Yadix(ヤディックス)は、2010年から運営が開始された比較的新しいな海外FXブローカーです。 ヨーロッパのベリーズにあり、Quantix Financial Services Limitedが運営しています。 運営会社 Quantix Financial Services Limited 本社所在地 Eden Plaza, Eden Island, Mahé, Seychelles 登録住所 5 Cork street, Belize city, Belize 金融ライセンス International Financial Services Commission(略称:IFSC) ライセンス番号:IFSC/60/324/TS. 設立 2010年 信託保全 分別管理   Yadix(ヤディックス) 未入金ボーナスについて Yadixの未入金ボーナスは2020年2月現在はありません。 後述しますが、DealFX・TitanFX・Axioryのようにスプレッドが狭いのが売りなので未入金ボーナスが無いのだと思われます。(DealFXには未入金ボーナスがありますけどね。) ※2020/06に提供が開始されました! DealFXの詳しいスペックはこちらを御覧ください   TitanFXの詳しい記事はこちらを御覧ください Axioryの詳しいスペックはこちらを御覧ください Yadix(ヤディックス) 口座種類について Yadix(ヤディックス)は3種類の口座を展開しています。 クラシック口座 スキャルパー口座 プロ口座 初回入金額 100ドル 500ドル 10,000ドル レバレッジ 500倍 500倍 200倍 スプレッド 1pips~ 0.0pips~ 0.0pips~ 最低取引量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット 取引ソフト MT4 MT4 MT4 入金額以上の損失 追証なし 追証なし 追証なし 口座通貨 USD USD USD 注文実行 NDD、STP ECN、NDD ECN、NDD リクオート ノー・リクオート ノー・リクオート ノー・リクオート スキャルピング OK OK OK 両建て OK OK OK EAの利用 OK OK OK 取引手数料 無し 往復10ドル/ロット 往復7ドル/ロット Yadix(ヤディックス) 入金ボーナスについて クラシック口座を開設し500ドル(およそ5万円)以上を入金すると、最大2,000ドルを上限とする25%のトレーディングパワーが付与されます。 ボーナスはご入金時に、MT4取引口座にクレジットとして付与され、資金余力として、ドローダウン発生時に入金額分の取引資金にかわって取引をサポートし、実際の損失の発生を防ぐために使われます。 ボーナスの条件はこちらの表を御覧ください。 1 ボーナスは、最大25%のトレーディングパワーを提供し、失われることもあります 2 ウェルカムボーナスは、取引証拠金にのみ利用できます 3 最低入金額は500ドル、最大ボーナス額は2000ドル、複数回利用される場合は5000ドルを上限とします 4 ウエルカムボーナスはクレジットとして付与され、入金額と合計して取引口座に反映されます 5 ボーナスは、クラシック口座が対象です 6 ボーナスは、60日間有効です 7 ボーナス分のクレジットは、出金できません 8 ボーナスを利用して得た利益は、取引条件を達成後に出金することができます(60日以内) 取引条件: 獲得利益を出金するためには、受け取ったボーナス額に応じた取引ロットの実績(ボーナス額 × 0.3)が必要になります。 例えば、2,000ドルのご入金で500ドルのボーナスを受け取り、利益全額を出金するために必要な取引ロットは、150ロット(500 * 0.3 = 150ロット)となります。 9 ボーナスは、メールもしくはライブチャットで申請してください(ボーナス申請の際は、口座番号とご予定のご入金額をお伝えください) 10 取引条件のロット計算は、ボーナスクレジットの付与日から始まります 11 その他一般的なプロモーション規約が適用されます   Yadix(ヤディックス)はゼロカット対応! 公式ページでも説明がありますとおり、ゼロカットに対応しています。したがって、ダイナミックなトレードでも安心です。(でも、脳死ハイレバトレードには注意してね!)   【重要】Yadix(ヤディックス)がゼロカットを約束する文書の引用(公式ページFAQより) Yadixはマイナス残高保護(Negative Balance Protection:NBP)の機能を採用しています。 お取引口座がマイナス残高となった場合、自動的にリセットがかかり、残高が0へと修正されます。 このためお客様が入金額以上に損失を補填する「追証(おいしょう)」はございません。 万が一、残高がマイナスのままである場合には、サポートデスクまでご連絡頂ければリセット致します。 Yadix(ヤディックス) 取引ツールについて   Yadix(ヤディックス)で利用可能なツールは、2020年2月現在では、MT4に限定されています。 各種OS・端末向けのMT4をダウンロード・インストールすることが可能です。昨今はやりつつある、MT4ウェブトレーダーの利用も可能になっています。 Yadix(ヤディックス) 取り扱い銘柄について 通貨ペア、コモディティ、株価指数を幅広く提供 取り扱い銘柄は通貨ペアに限定されず、コモディティや株価指数という様々な銘柄を選択可能なため、 幅広いチャンスに対応可能となっております。 取引銘柄 種類 通貨ペア 57種類 コモディティ 5種類 株価指数 13種類 Yadix(ヤディックス) スプレッドについて スプレッドについては標準的。 ただし、ポンド関連のスプレッドが他のブローカーより狭めのため、ポンドを主軸としたトレードを主に行っているトレーダーにはおすすめなブローカー! 通貨ペア クラシック口座 取引手数料無料 スキャルパー口座 取引手数料往復10ドル/ロット 実質スプレッド プロ口座 取引手数料往復7ドル/ロット 実質スプレッド ドル円 1.7pips 1.3pips 1.0pips ユーロ円 2.4pips 1.8pips 1.5pips ポンド円 3.2pips 2.1pips 1.8pips ユーロドル 1.6pips 1.2pips 0.9pips ポンドドル 2.3pips 1.4pips 1.1pips 【参考】Axioryのスプレッド 通貨ペア スタンダード口座 取引手数料無料 ナノスプレッド口座 取引手数料往復6ドル/ロット 実質スプレッド ドル円 1.5pips 1.0pips ユーロ円 1.7pips 1.7pips ポンド円 2.7pips 2.7pips ユーロドル 1.3pips 1.3pips ポンドドル 1.9pips 1.9pips 【参考】DealFXのスプレッド 通貨ペア スタンダード口座 取引手数料無料 ナノスプレッド口座 取引手数料往復8ドル/ロット 実質スプレッド ドル円 1.4pips 0.9pips ユーロ円 2.1pips 1.0pips ポンド円 2.6pips 2.2pips ユーロドル 1.4pips 0.9pips ポンドドル 1.7pips 1.6pips 【参考】Titanのスプレッド 通貨ペア スタンダード口座 取引手数料無料 ブレード口座 取引手数料往復7ドル/ロット 実質スプレッド ドル円 1.33pips 1.03pips ユーロ円 1.74pips 1.44pips ポンド円 2.45pips 2.15pips ユーロドル 1.2pips 0.9pips ポンドドル 1.57pips 1.27pips Yadix(ヤディックス) 入金について Yadix(ヤディックス)には、7種類の入金方法が用意されており、ご自身にあった入金が可能となっております。 ただし、日本人だとクレジットカード・デビットカード・銀行送金が主軸になります。 入金方法 最大入金額 最低入金額 対応通貨 反映時間 Skrill 25,000ドル 100ドル USD 自動反映 Neteller 25,000ドル 100ドル EUR/USD 数分 クレジットカード 10,000ドル 100ドル USD 自動反映 デビットカード 10,000ドル 100ドル EUR/USD 自動反映 銀行間送金(電信送金) 制限なし 100ドル USD 資金受領次第すぐ AliPay 制限なし 100ドル USD 自動反映 FasaPay 20,000ドル 100ドル USD 数分 Yadix(ヤディックス) ロスカットレベルについて 口座種類によって差があり、スキャルパー口座では80%以下で強制ロスカットとなるので注意。 口座種類 ロスカットレベル クラシック口座 50%以下 スキャルパー口座 80%以下 プロ口座 50%以下 Yadix(ヤディックス) ストップレベルについて スキャルパー口座とプロ口座はストップレベルが0です。 意外とストップレベルを言及・強調するブログはありませんが、ストップレベルが0ということは、数pipsプラスになった瞬間に建値を入れることができるので、指標時に威力を発揮できるということです。 Yadin(ヤディックス) スタッフサポートについて Yadix(ヤディックス)では、2018年より日本語サポートが開始しました。 サポート専用サイトなども充実しており、日本人も利用しやすいサポート体制となっています。 Yadix(ヤディックス) 口座解説手順 リアル口座をクリックします。 以下の画面が出てきます。 日本人はローマ字表記で入力をする必要があります。 アメリカ合衆国にお住まいの方は、FX取引サービスが提供されていません。 口座種別を選択 口座の設定の画面が表示されますので、口座の種類を、クラッシック口座、スキャルパー口座、プロ口座から選択してください。 口座のレバレッジを、25倍~500倍から選択してください。 個人情報を入力 名前等の個人情報の入力をローマ字で入力してください。 名前、苗字、電話番号、E-mailアドレスが入力必須です。 入金、出金、口座間資金移動などが出来る個人ページへアクセスするためのパスワードを設定してください。 登録される方の住所情報をローマ字で入力してください。 登録される方の経済状況を入力してください。 利用規約の確認にチェックを入れ、「Open Account」をクリックすると口座開設が完了します。 問題なく開設されれば、新規口座開設の確認画面が表示されます。 登録されたメールアドレスに、個人用ポータルサイトへのログインID、パスワード、MT4を使用するための各種情報が記載されたメールが届きます。   Yadix(ヤディックス) を通信簿風に評価してみた! まんぼう総裁のYadix(ヤディックス)に対する評価は以下のとおりとなる! 評価 コメント 最低入金額 高額ではないと思う。 最大レバレッジ 海外FXで稼ぐには十分すぎるレベルですね。 最小スプレッド ポンド系のスプレッドは狭い方と言えます。 サポート体制 回答は早いです。 入出金 入出金方法はやや不便です。bitwalletが使えるといいですね。 ボーナス スプレッドが狭いブローカーとしては頑張っていると言えます。 取扱銘柄 標準的でしょうか。 取扱ツール 特に減点する材料はありません。   上述したように、ポンド系の銘柄のスプレッドが狭いのは魅力です。 ポンドでスキャルピングをするトレーダーには有利なブローカーと言えるでしょう。 ただし、スキャルパー口座では80%以下で強制ロスカットとなるので注意が必要です。 入出金については若干不便と言えますが、bitwalletなどが使えるようになると嬉しいですね。 あと、ボーナスを受け取った場合に出金条件があります。どちらかというと、ブローカーの特徴を活用してじっくり使い倒すトレーダーには向いているでしょう。
Exnessのレバレッジ無制限の使い方

【海外FX】Exness(エクスネス)のレバレッジ無制限の使い方

レバレッジ無制限解放条件は2つです。 1. 取引回数10回以上 2. 取引量5ロット(50万通貨)以上 Exness(エクスネス)ならポジションの含み益を資金移動で利益確保することが可能です。建値にするよりも資金移動をしてしまうというテクニックです。また、多くのトレーダーが休日の世界情勢の急変リスクを回避するために週末にポジションをクローズすると思います。Exness(エクスネス)なら市場が終わった後でも資金移動ができるので、週末にクローズを忘れてしまっても利益を確保することが可能となります。雇用統計前に有利なポジションを注文できれば、雇用統計前に原資を退避して悠々と高みの見物も可能です。
is6comの口座開設ボーナス

【海外FX】is6comが口座開設ボーナス10万円キャンペーンを開始しました!

  まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 2020年の6月が始まったと同時に、is6comがぶっこんできました! 口座開設ボーナス10万円 というもので、日本人トレーダーが知りうる限り最高額です! てゆーか、意味わかんねーーー ただし、レバレッジは100倍です。 is6comは普段最大レバレッジが1000倍ですが、口座開設ボーナスで10万円を得て最大レバレッジを堪能したければ入金が必要となります。 具体的には、10万円を入金すればレバレッジが1000倍に開放されます。 : : : ん? : : : と言うことは、10万円を入金してしまうと、 口座開設ボーナスが0円で、初回入金10万円の100%ボーナス になってしまうので、口座開設ボーナスだけで出金を目指すのがおすすめです。 レバレッジ100倍でどれだけできるか? 100倍 注文可能? 1万通貨毎の必要証拠金(円) 10,980 可能 5万通貨毎の必要証拠金(円) 54,980 可能だが170pips弱の逆行でロスカット 10万通貨毎の必要証拠金(円) 109,800 不可能 このとおり、10万通貨の発射はできません。 そもそも、is6comは10万通貨の連絡なし発射ができないのでご注意ください。 そう言えば... is6comのスペック紹介とかしてなかったので、いい機会なので整理したいと思います。 それでは、行ってみましょう! is6comの口座タイプ is6comでは3種類の取引口座があり、取引手数料は全口座ともかかりません。 最大レバレッジ 最低入金額 取引ロット マイクロ口座 1,000倍 5,000円~ 50通貨~ スタンダード口座 1,000倍 5,000円~ 1,000通貨~ プロ口座 1,000倍 10,000円~ 1,000通貨~ ※上述しているように、最低入金額が5,000円となっていますが、20,000円以下の入金は1,500円が差し引かれます。 is6comの口座開設ボーナスキャンペーン(通年だが不定期) 口座開設ボーナス10,000円(20,000円の期間もあります) 「スタンダード口座」および「マイクロ口座」が対象 追加口座より「スタンダード口座」および「マイクロ口座」を開設した場合はボーナス付与対象外 過去にis6comの口座を開設されたことがあるお客様は、ボーナス付与の対象外 口座開設後、身分証明書および住所証明書の提示がない場合、ボーナスが付与されない ボーナス付与のためにはセルフィー提出が必要。 付与されたボーナスは出金できない is6comの入金ボーナスについて 創業から不定期で100%入金ボーナスのキャンペーンを開催する傾向があります。 かつてはボーナス付与後の口座間資金移動にも制限がありませんでしたが、2020年から仕様が変更されています。 具体的には、ボーナス付与後に資金移動をするとボーナスが消失します。 また、ボーナスにも期限があり、一定の日数で消失するようになりました。(日数については公式ページをご確認ください。) is6comの基本情報 会社名 is6com.Co.,Ltd 本社所在地 セーシェル共和国 設立 2016年12月 資本金 $20,000,000 金融ライセンス なし 従業員数 18名 取引環境 取引システム MT4 口座タイプ マイクロ口座(M口座) スタンダード口座(S口座) 口座基本通貨 円, ドル 通貨ペア数 33 CFD銘柄数 なし 取引通貨単位(1lot) M口座: 1,000通貨 S口座: 100,000通貨 最小取引数量 M口座: 0.05lot(50通貨) S口座: 0.01lot(1,000通貨) 最大取引数量 M口座: 100lot S口座: 30lot 取引手数料 なし 最大レバレッジ 1000倍 スプレッド ドル円 平均1.6pips スキャルピング 制限なし EA 制限なし 追証発生 なし ロスカット 証拠金維持率50%以下 is6comのロスカット水準は証拠金維持率50%以下です。証拠金維持率が20%のブローカーに慣れていると、ココを見逃しがちです。ロット管理に注意したいポイントです。 最大注文ロット、最大保有ポジション数について 実はis6comには最大ロット数に制限があります。公式ページからの引用ですが、10Lot以上の取引には事前連絡が必要です。 スタンダード口座の1取引における最大注文数量は30ロットです。 マイクロ口座の最大注文数は100ロットになります。 ※全口座タイプともポジション数の制限はございませんが、1口座につき保有できる注文数は、スタンダード口座は50ロット、マイクロ口座は1000ロットになります。 但し、LOT数が大きくなればなるほど、約定の方は難しくなる傾向にございます。10Lot以上のお取引(ポジション)を行う際は事前にお問い合わせまでご一報下さい。 過去にこのルールに違反したとして、利益の取消と口座を凍結された事例があります。 文面からでは「10Lot以上」とあるので、「最大Lotは9.99Lotである」と理解しておきましょう。 故意か故意ではない、の主張は通用しません。 しかし、ルールに則っていれば出金拒否も口座凍結もありません。 入出金 入金方法 クレジットカード/銀行送金/bitwallet 入金手数料 20,000円以上: 無料 20,000円以下: 1500円 最低入金額 5,000円 出金方法 銀行送金/bitwallet 出金手数料 月1回まで無料 2回目以降:出金額の2%(20万以下は4,500円) 最低出金額 5,000円 is6comでは、クレジットカードからの入金をしてもbitwalletに出金することが可能です。月1回までは無料ですが、2回目以降はやや割高感が否めません。 入金100%を活用したハイレバレッジトレードを繰り返したいなら、口座追加で資産を退避させた後に再度入金をするなどの運用が推奨されます。 日本語対応、サポート 日本語サイト ○ 取引システム ○ カスタマーサポート メール サポートの日本語対応は十分です。不明な点はメールでもサポートが受けられます。 is6comの10万円口座開設ボーナスまとめ 冒頭で述べたように、レバレッジ1000倍開放のために入金してしまうと、口座開設ボーナスの意味がなくなってしまいます。 口座開設ボーナスの金額だけを見ると10万円ということでド派手な印象ですが、トレードで利益を追求するとなると冷静な判断が必要です。 ハイレバ過ぎで出金時にトラブルがあった事例もあるので、きちんと規約を読んで利益の出金を目指すのがおすすめでしょう。 計算するとわかりますが、0.1ロットの発射にも10,980円の証拠金が必要です。 したがって、利益が乗った後にピラミッド(追加発射)をする場合の証拠金維持率の変動に細心の注意を払いながらのトレードをしましょう。 それでは、またね~! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ  

【海外FX】Bigbossの100%ボーナスの優位性をトータルコストで考察しました!

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 今日紹介するブローカーは昨年に口座開設ボーナスあり業者の第三段ということですでに存在は公開していました。 今日は100%入金ボーナスが開催されたということで、ずっと先送りにしていたブローカーのスペックを一気に解説してしまおうと決意しました。 「え? 100%入金ボーナス? GEMFOREXとかis6でいいんじゃね?」 みたいに思った方は、本記事を最後まで読んで今なぜBigbossなのかを感じ取ってください。 他の紹介サイトだと、せいぜいキャンペーン期間とスペックの列挙とボーナス消失条件ぐらいしか言及していませんが、最後まで読んでいただけると、 入金するしかねぇーーー!!! って納得すると確信しています。 それでは行ってみましょう!! Bigboss(ビッグボス)とはどんなブローカー? Bigboss(ビッグボス)公式サイトは、2013年7月から運営がスタートし、2016年8月には公式サイト・口座開設フォーム・マイページが日本語されました。 日本人に人気のXM(エックスエム)と、とてもよく似た特徴を持った海外FX業者です。 大きな特徴は、「最大555倍のハイレバレッジ」「豪華な100%入金ボーナス」「高品質な日本語サポート」「便利な入出金方法」です。 金融ライセンスは、マイナーなセントビンセント・グレナディーンで取得していますが、「ゼロカットあり」「分別管理あり」「口座資金の全額補償あり」など顧客資金の管理体制は徹底されており、スキャルピング・自動売買の制限もないため、中上級者でも満足できる取引スペックです。 総合力の高さが安心できるBigboss(ビッグボス)は、XM以上に初心者の海外FXデビューには最適な業者と言えます。Bigboss(ビッグボス)のメリット・デメリット・総合判断を見てみましょう。 Bigboss(ビッグボス)の金融ライセンスはマイナーなセントビンセント・グレナディーンで取得 運営会社 Big Boss Holdings Company Limited 所在地 セントビンセント・グレナディーンP.O. Box 1823 Kingstown,VC0100 St. Vincent & the Grenadines 代表者 クリストファー・ジェイソン 金融ライセンス セントビンセント・グレナディーンFSA 設立 2013年7月 資本金 不明 Bigboss(ビッグボス)も公式サイトは、2013年7月から運営が開始して、2016年8月には公式サイトと口座開設フォーム・マイページが日本語化されました。 Bigboss(ビッグボス)はマイナーなセントビンセント・グレナディーンFSAのライセンスしか所有していないという懸念材料があるため、会社の信頼性が疑問視される側面もあります。 ただし、GEMFOREXもライセンスを取得してしない時期があったことを考えると、マイナーではあってもライセンスがあることは安心でもあるのではないでしょうか? 今のところ大きなトラブル報告はありません。 分別管理・信託保全なし・ゼロカット 口座に入金した資金は、Bigboss(ビッグボス)の資産とは明確に分別管理されます。ただし、銀行名は非公開です。Bigboss(ビッグボス)が破綻した際には、管財人を通じて口座資産は全額返金されます。 しかしながら、決済前の利益とスワップポイントは口座資産として計上されません。また、スタンダード口座とプロスプレッド口座はゼロカットの対象です。万が一、ロスカットが間に合わなくて、マイナス残高が発生してしまった場合には、次回入金時までに自動的に口座残高がゼロにリセットされます。 マイナス残高を発生させた取引が不正と判断された場合、ゼロカットの対象外となって追証が発生するので注意が必要です。 また、口座凍結や取引停止、取引取消しといった処分の対象ともなります。 Bigboss(ビッグボス) 所在地 ※Google Mapには未登録なので住所の近隣を表示   Bigboss(ビッグボス) 口座開設ボーナスについて ※画層は過去のキャンペーンのものです。 年に数回ある程度の頻度で開催されます。 キャンペーンを待っているより、入金ボーナスを活用するのがおすすめです。 Bigboss(ビッグボス)入金ボーナス利用条件 2020/3/13~2020/3/31まで「入金100%ボーナスキャンペーン」を開催しています。 Bigboss(ビッグボス)入金100%のボーナス利用条件は以下のとおりです。特に資金移動には注意が必要です。 対象口座はスタンダード口座・プロスプレッド口座のみ 入金累計10万円までは入金額の100%ボーナス 入金累計10万円~30万円までは入金額の30%ボーナス 入金累計30万円~200万円までは入金額の20%ボーナス ボーナス上限50万円 一部でも資金を 出金・資金移動 した場合、保有ボーナス全額・ボーナス獲得権利が消滅 例えば、GEMFOREXも入金100%ボーナスを提供しています。GEMFOREXは口座残高の合計金額に応じた割合で他の口座に資金移動が可能ですが、Bigboss(ビッグボス)の場合は消滅してします。   強調するべきこととして、 スプレッドの狭いプロスプレッド口座でもボーナスが付与される ということです。 それがどういう理屈で強調に値するかは、トータルコストの章で解説します。 入金額と獲得ボーナスの関係 入金額に応じた獲得ボーナスと証拠金合計金額を早見表にしました。入金計画に役立ててください。 入金額と獲得ボーナス早見表 入金額(ドル) 獲得ボーナス(%は計算割合) 取引資金合計 (ドル) 100% 30% 20% ボーナス合計 (ドル) 400 400 - - 400 800 1000 1000 - - 1000 2000 1500 1000 500 - 1150 2650 3000 1000 600 - 1600 4600 10000 1000 600 1400 3000 13000 15000 1000 600 2400 4000 19000 20000 1000 600 3400 5000 25000 45000 1000 600 3400 5000 50000 入金ボーナスは、上記の通り100%・30%・20%の3段階です。3段階あるボーナスにはそれぞれ上限があり、100%ボーナスは累計1000ドル・30%ボーナスは累計3000ドル・20%は累計20000ドルまでです。 入金額の注意 100%入金ボーナスは魅力的ですが、銀行送金の場合は50,000円未満の入金に手数料が発生します。 bitwalletなら1万円入金から手数料が無料です。   Bigboss(ビッグボス)の取引ボーナスでさらにボーナスを受け取ることが可能   2019年11月11日より、Bigboss(ビッグボス)の100%入金ボーナスが開始されます。 上述したように、Bigboss(ビッグボス)の入金100%ボーナスはとてもありがたいキャンペーンです。しかし、Bigboss(ビッグボス)には入金100%ボーナス以外にもサービスがあります。それは、「取引ボーナス」と呼ばれるボーナスで、取引量に応じたキャッシュバックが貰えるというものです。 取引ボーナス利用条件 対象口座はスタンダード口座・プロスプレッド口座のみ 対象商品はFX(通貨ペア)のみ 取引1ロットごとに4ドルのボーナス ボーナス上限なし 一部でも資金を出金・資金移動した場合、保有ボーナス全額・ボーナス獲得権利が消滅 取引ボーナスでは、取引するたびに1ロットあたり4ドルのボーナスを獲得することができます。入金ボーナスとは違い、こちらは獲得できるボーナスに上限はありません。ボーナスは、毎週月曜日に前週の取引数量に応じた金額が、口座に反映される仕組みです。 対象商品はFX(通貨ペア)のみという制限にご注意ください。 Bigboss(ビッグボス)で禁止されている取引 2つの口座で両建取引を行った場合 指標発表時などの、市場の変動性が高い時間帯を狙った取引 公平性の欠ける取引をしたと判断された場合 Bigboss(ビッグボス)の取引条件とルール スタンダード口座 プロスプレッド口座 取引コスト 口座維持手数料 無料 取引手数料 (10万通貨あたり) 無料 片道4.5ドル スプレッド (USD/JPY) 変動1.3~1.5pips 変動0.2~0.3pips 取引条件 取引形態 NDD ECN方式 最大レバレッジ 25~555倍 555倍固定 通貨ペア 33種類 最小取引数量※ 0.01ロット(1,000通貨) 最大取引数量※ 1ポジション50ロット 最大ポジション数 なし 両建て ◯ 取引ツール パソコン MT4(Win) スマホ MT4(iOS・Android) 資金管理 マージンコール 50% ロスカット 20% ゼロカット ◯ 口座通貨 日本円・米ドル 入出金 入出金方法 クレジットカード国内銀行送金海外銀行送金bitwallet 最低入金額 なし 最低出金額 なし 資産保護 分別管理 ◯ 信託保全 ◯ サポート コールセンター ◯ メール ◯ ライブチャット ◯ その他 - デモ口座 ◯ ボーナス ◯ ※ 1ロット = 100,000通貨口座タイプは2種類で、最大レバレッジは555倍です、 口座タイプは、「スタンダード口座(最大レバレッジ25~555倍・取引手数料無料・スプレッドが広い)」と、「プロスプレッド口座(最大レバレッジ555倍固定・取引手数料10万通貨あたり片道4.5ドル・スプレッドが狭い)」の2種類です。 どちらの口座も、最小取引数量は1,000通貨・最低初回入金額に指定はないので、少ない資金で取引を始めることが可能です。 約定力が高く、スキャルピング・自動売買の制限もありません。基本的には、Bigboss(ビッグボス)の約定力は非常に高く、XM並みです。スキャルピング・自動売買・最低ポジション保有時間に制限はありません。 便利な仕様 指値・逆指値注文にも制限はなく、現在レートから±1pipsの価格を指定することも可能です。 そうは言っても、 価格変動の激しい指標発表時などを狙った取引だけをしていると、ペナルティの対象となる ので注意が必要です。 Land-FX、GEMFOREX、is6comなどでも 指標発表時を狙った取引を禁止事項 にしています。   Bigboss(ビッグボス)で取引可能な通貨ペアは33種類 クロス円 AUD/JPY GBP/JPY CAD/JPY NZD/JPY CHF/JPY USD/JPY EUR/JPY クロスカレンシー AUD/CAD GBP/CAD AUD/CHF GBP/CHF AUD/NZD GBP/NZD AUD/USD GBP/USD CAD/CHF NZD/CAD EUR/AUD NZD/USD EUR/CAD USD/CAD EUR/CHF USD/CHF EUR/GBP USD/CNH EUR/NZD USD/RUB EUR/SGD USD/SGD EUR/USD USD/TRY GBP/AUD USD/ZAR 通貨ペアは33種類で、他社よりもやや少なめです。 Bigboss(ビッグボス)のスプレッド スプレッドは通貨ペアによっては他社より広い、かつ、取引手数料が4.5ドルです。 スタンダード口座 1万通貨での取引コスト BigBoss スタンダード口座 Land-FX Live口座 XM スタンダード口座 USD/JPY 手数料 無料 無料 無料 スプレッド 1.3~1.5 pips 0.8~0.9 pips 1.5~1.6 pips 合計 130~150円 80~90円 150~160円 EUR/JPY 手数料 無料 無料 無料 スプレッド 1.6~1.8 pips 1.2~1.3 pips 2.2~2.3 pips 合計 160~180円 120~130円 220~230円 CAD/JPY 手数料 無料 無料 無料 スプレッド 1.8~1.9 pips 2.0~2.2 pips 3.3~3.4 pips 合計 180~190円 200~220円 330~340円 AUD/JPY 手数料 無料 無料 無料 スプレッド 1.5~1.6 pips 1.8~1.9 pips 3.1~3.3 pips 合計 150~160円 180~190円 310~330円 CHF/JPY 手数料 無料 無料 無料 スプレッド 2.1~2.2 pips 1.9~2.2 pips 2.5~2.6 pips 合計 210~220円 190~220円 250~260円 GBP/JPY 手数料 無料 無料 無料 スプレッド 1.7~2.2 pips 1.3~1.5 pips 3.3~3.5 pips 合計 170~220円 130~150円 330~350円 NZD/JPY 手数料 無料 無料 無料 スプレッド 2.1~2.2 pips 2.1~2.2 pips 3.0~3.1 pips 合計 210~220円 210~220円 300~310円 EUR/USD 手数料 無料 無料 無料 スプレッド 1.6~1.8 pips 0.8~0.9 pips 1.7~1.8 pips 合計 176~198円 88~99円 187~198円 ※ トータルは、1万通貨あたりの金額を1ドル110円で円換算 プロスプレッド口座 1万通貨あたりの取引コスト BigBoss プロスプレッド口座 Land-FX ECN口座 XM XM Zero口座 USD/JPY 手数料 0.9ドル 0.7ドル 1ドル スプレッド 0.2~0.3 pips 0.0~0.1 pips 0.0~0.3 pips 合計 119~129円 77~87円 110~140円 EUR/JPY 手数料 0.9ドル 0.7ドル 1ユーロ スプレッド 0.5~0.6 pips 0.0~0.1 pips 0.1~0.3 pips 合計 149~159円 77~87円 134~154円 CAD/JPY 手数料 0.9ドル 0.7ドル 1加ドル スプレッド 0.9~1.0 pips 0.5~0.6 pips 1.3~1.4 pips 合計 189~199円 127~137円 212~222円 AUD/JPY 手数料 0.9ドル 0.7ドル 1豪ドル スプレッド 0.7~0.9 pips 0.1~0.4 pips 1.1~1.3 pips 合計 169~189円 87~117円 188~208円 CHF/JPY 手数料 0.9ドル 0.7ドル 1スイスフラン スプレッド 0.7~1.0 pips 0.3~0.4 pips 0.4~0.7 pips 合計 169~199円 107~117円 149~179円 GBP/JPY 手数料 0.9ドル 0.7ドル 1ポンド スプレッド 0.8~1.0 pips 0.5~0.6 pips 1.1~1.3 pips 合計 179~199円 127~137円 254~274円 NZD/JPY 手数料 0.9ドル 0.7ドル 1NZドル スプレッド 1.0~1.1 pips 0.5~0.6 pips 1.8~2.0 pips 合計 199~209円 127~137円 253~273円 EUR/USD 手数料 0.9ドル 0.7ドル 1ユーロ スプレッド 0.5~0.6 pips 0.0~0.1 pips 0.1~0.2 pips 合計 154~165円 77~88円 135~146円   トータルコスト比較の見解(1) ボーナスキャンペーンがないときの見解 上記は、往復手数料・スプレッド・トータルコストを、他社と比較した結果です。 スタンダード口座は、取引手数料が無料です。 トータルコストは、XMより安いです。 取引コストが業者でも最安であるLAND-FXとは、通貨ペアによって有利/不利はありますが、条件としては似たりよったりとも解釈できます。 プロスプレッド口座の取引手数料は、10万通貨あたり片道4.5ドルとやや高めの価格です。 スプレッドは、一部の通貨ペアを除いて一般的な広さです。 しかし、USD/JPY、EUR/JPY、CHF/JPY、EUR/USDに着目すると、XMより最小スプレッドまたは最大スプレッドが広く、トータルコストが高いの注意が必要です。 Bigboss(ビッグボス)では、なるべくスタンダード口座での取引が有利とわかります。   トータルコスト比較の見解(2) ボーナスキャンペーンがあるときの見解 ポイントとして、ボラの大きなGBP/JPYでのトータルコストはXMより低いので、 ボーナスを活用すれば、XM、LAND-FXよりも圧倒的に有利 と、言えます。 なぜなら、100%ボーナスが付与されるということは、 「手数料が半額」で「トータルコストが半額」 だからです。 親切で丁寧、かつ、高品質のBigboss(ビッグボス)日本語サポート(平日10時~18時) 日本語対応 営業時間 メール ◯ 平日10時~18時 コールセンター ライブチャット Bigboss(ビッグボス)のカスタマーサポートは、コールセンター・メール・ライブチャットの3種類です。営業時間は、日本時間で平日10時から18時で、すべて日本人が対応してくれるため、コミュニケーションの問題はありません。実は18時過ぎてもメールの返事が来ることがあります。チャットは、混み合っていなければ、待ち時間なく利用できます。顧客対応が優れていて、スタッフの専門知識が豊富です Bigboss(ビッグボス) 取引ツールについて Bigboss(ビッグボス)での取引ツールはMT4のみの提供です。   Bigboss(ビッグボス) レバレッジについて   Bigboss(ビッグボス)のレバレッジは最大555倍です。海外FX業者のレバレッジとしては十分及第点ですね。 Bigboss(ビッグボス) 入金について   Bigboss(ビッグボス)で取引をするには、VISA、JCB、MasterCardからの入金が可能です。ただし、クレジットカードで入金した場合は、60日間は出金できないという制限があります。 Bigboss(ビッグボス)では銀行送金も可能です。しかし、50,000未満の入金の場合、1,000円の手数料が必要です。 Bigboss(ビッグボス) 出金について Bigboss(ビッグボス)で利益を得られた場合、出金に関しては一見すると手数料が割高に見えます。しかし、bitwalletへの出金ルートがあるのは便利ですね。 Bigboss(ビッグボス) スタッフサポートについて Bigboss(ビッグボス)は日本人を大きく意識した業者と思われます。専用のチャットが準備されているのと、電子メールでのサポートが可能です。 Bigboss(ビッグボス) その他の特徴について Bigboss(ビッグボス)もゼロカットシステムを採用している業者ですが、セロリセットが実行される時間には若干の注意が必要です。最大で3営業日を宣言しています。 Bigboss(ビッグボス)のメリット 最大レバレッジが555倍 100%入金ボーナスキャンペーン 最小取引数量は1,000通貨から スキャルピング・自動売買に制限がない 分別管理が徹底されていて、口座資金は全額補償 ゼロカットあり 便利な入出金(国内銀行送金とbitwalletにも対応) 日本語サポートが充実 Bigboss(ビッグボス)のデメリット 金融ライセンスがマイナーなセントビンセント・グレナディーン 通貨ペアが33種類と少なめ プロスプレッド口座の取引手数料が片道4.5ドルでやや割高 プロスプレッド口座の一部通貨ペアはスプレッドが広い トレードツールはMT4のみ Bigboss(ビッグボス)の総合判断 総合力が高い スタンダード口座がXMより有利 プロスプレッド口座は通貨ペアによってXMより不利 日本語サポートが高品質なので初心者でも安心 海外FXデビューに最適 Bigboss(ビッグボス)を通信簿風に評価してみた! まんぼう総裁のBigboss(ビッグボス)に対する評価は以下のとおりとなる! 評価 コメント 最低入金額 高額ではないと思う。 最大レバレッジ 海外FXで稼ぐには十分すぎるレベルです。 最小スプレッド どちらかというと狭いほうです。XMやFBSよりは有利でしょう。 サポート体制 回答は早いです。 入出金 bitwalletが使えるので便利でしょう。 ボーナス 年に数回ですが、100%ボーナスがあるのは素晴らしいと言えます。プロスプレッド口座に付与されるのがGOODです。 取扱銘柄 標準的でしょうか。 取扱ツール 特に減点する材料はありません。   100%入金ボーナスがプロスプレッド口座にも付与されるのは断然有利と言えます。 手数料が半額(ブローカーと折半という解釈)であるこのサービスは年に数回しかないので、口座開設をしない理由はないと思います。 トータルコストで比較した結果をどう捉えるかは皆さんに委ねますが、まんぼう総裁としてはGEMFOREXなどの100%ボーナスよりは有意義かと思っています。 GEMFOREXの100%ボーナスのサービスも素晴らしいとは思いますが、約定力や週末スプレッド拡大など、不便な側面もあります。 ...と、言った他のブローカーとの比較も目的で体感するのも面白いのではないでしょうか? それでは、またね~!

【!入金禁止!】ペイアウト率1.95倍のzentrader(ゼン・トレーダー)が日本上陸!【バイナリー業者】

【注意喚起】 多数の出金拒否報告があるため、現在では口座開設も入金・トレードも推奨しません。 本記事は「過去の読み物」という位置づけで御覧ください。 まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 暴落祭りで阿鼻叫喚なTLが多いですが、みなさんは無事でしょうか? まんぼう総裁はTwitterで市況してましたが超スーパー爆益を取り逃がしてしまいましたが、終わってみたら爆益でした🥳 まぁ果敢に攻めた結果ですのでまたチャンスがあれば狙っていきたいですね😌 相場はボーナスステージはあるんです。 しかしながら協調介入とか他力本願じゃなくて、自分で勝ち取っていきたいところですね。 さて、今週ツイッターで予告したとおり、新案件をぶち込みます!!! 近日中に案件ぶち込むど 投機プレイヤー歓喜だろ 5000円握りしめて待機しとくように まんぼう総裁主催の海外FX総合コミュニティも始動できとらん 相場に夢中になってたから仕方ないけどやる事多すぎだわ — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) March 13, 2020   このとおり、みんなの好きな 口座開設ボーナス案件だぁぁぁぁぁぁぁ!!!! : : とは言え、ちょっとした注意もあるからブログの最後までぜひお付き合いください!! それでは行ってみましょう!! zentrader(ゼン・トレーダー)企業情報 会社名 Zentrader.comはZT Markets Limited, SVG IBCによって所有・運営されています。 本社所在地 セントビンセント・グレナディーン、キングスタウンジェームズ・ストリートァースト・セントビンセント銀行ビル1階。 事業内容 外国為替および金融派生商品仲買 インターネットにおける外国為替および金融派生商品仲買に付帯する業務 外国為替および金融派生商品取引 登録番号 セントビンセント及びグレナディーン諸島の金融庁認証の、「Registrar of International Business Companies」における登録番号25071 IBC2018   zentrader(ゼン・トレーダー)口座種別 プラットフォーム名 ゼン・トレーダーオンライン取引 取引種類 クラシックおよびオンデマンド 取引方法 PC版ブラウザー・モバイル端末ブラウザー 金融商品 トレードカレンダーや、ゼン・トレーダーオンライン取引にて取引可能な金融商品をご覧いただけます。 取引時間 取引は22:05 GMT(日)~ 21:50 GMT(金)可能となります。 レート配信会社 Forex Capital Markets (FXCM) 標準通貨 USD・JPY・IDR 最低取引額 JPY ¥500 最高取引額 JPY ¥100,000 取引限度額 JPY ¥1,000,000 1日の購入限度額 JPY ¥2,000,000   クラシック クラシックでは、FX、商品先物、貴金属、有価証券、株価指数の変動により利益を取得出来ます。この取引は、設定期間で判定されますので、詳細は取引カレンダーをご覧になってください。商品によって160~190%の利益が可能です。 設定期間の柔軟性と便利さを好む短期取引トレーダーに最適です。 オンデマンド ゼン・トレーダーオンデマンドでは、トレーダーは30秒~5分間、お好みの取引時間を選択出来ます。ゼン・トレーダークラシックと異なり、取引実行後タイマーがすぐにカウントをはじめます。詳細については取引カレンダーをご参照ください。オンデマンドでは、商品によって180%~195%のペイアウトが可能です。 狙い撃ちが得意な方で、短期に複数の取引を実行するトレーダーにはオンデマンドが最適です。 zentrader(ゼン・トレーダー)取引カレンダー クラシック 外国為替 AUD/JPY, AUD/NZD, AUD/USD, CAD/JPY, CHF/JPY, EUR/AUD, EUR/GBP, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/AUD, GBP/JPY, GBP/USD, NZD/JPY, NZD/USD, USD/CAD, USD/CHF, USD/JPY 15分取引 - 15分毎(23時 - 21時) 30分取引 - 30分毎(23時 - 21時) 1時間取引 - 1時間毎(23時 - 21時) 2時間取引 - 1時間毎(22時 - 21時) 4時間取引 - 1時間毎(22時 - 21時) 商品 GOLD, SILVER, US OIL (WTI) 15分取引 - 15分毎(23時 - 20時) 30分取引 - 30分毎(23時 - 20時) 1時間取引 - 1時間毎(23時 - 20時) 2時間取引 - 1時間毎(22時 - 20時) 4時間取引 - 1時間毎(22時 - 20時) 株価指数 NIKKEI 225 15分取引 - 15分毎(0時 - 6時) 30分取引 - 30分毎(0時 - 6時) 1時間取引 - 1時間毎(0時 - 6時) 個別株 SOFTBANK (9984), FAST RETAILING (9983), TOYOTA MOTOR (7203) 15分取引 - 15分毎(0時 - 6時) 30分取引 - 30分毎(0時 - 6時) 仮想通貨 BITCOIN, ETHEREUM, LITECOIN 15分取引 - 15分毎(1日24時間) 30分取引 - 30分毎(1日24時間) 1時間取引 - 1時間毎(1日24時間) 2時間取引 - 1時間毎(1日24時間) 4時間取引 - 1時間毎(1日24時間) * 取引時間はUTC(協定世界時)時間です。 # 各国の休日または市場の休日により、休場される場合があります。 ^ 株価指数と株式取引は昼休みのため一時停止されます (該当する場合)。 オンデマンド 外国為替 AUD/JPY, AUD/USD, EUR/JPY, EUR/USD, GBP/JPY, NZD/JPY, USD/JPY 30秒取引(23時 - 20時) 1分取引(23時 - 20時) 3分取引(23時 - 20時) 5分取引(23時 - 20時) zentrader(ゼン・トレーダー)トレードツールについて このような取引ツールがブラウザで実行可能です。 zentrader(ゼン・トレーダー)入出金について VISA・MASTER・JCB クレジットカードあるいはキャッシュカードによるご入金では、ゼン・トレーダーアカウントの残高が即座に更新されます。様々な通貨に対応している他、VISA・MASTER・JCBカードに対応しております。 銀行振込 ゼン・トレーダー口座へのご入金方法として、銀行振込が最も便利な方法となります。連携する銀行パートナーにより、多数の国・地域で対応しております。ほとんどの場合、ご入金が即座に反映されます。 電子マネーによるご入金 ゼン・トレーダーでは様々な電子マネーサービスに対応しているため、ご入金が24時間いつでも可能です。 その他のご入金 現地でお使いの決済方法、銀行振込、電子マネー等が標準として対応されていない場合、Neteller、Skrill、Jeton Wallet、ecoPayz、PaysafeCard、iWallet等のプロバイダとの連携によりご入金いただけます。 zentrader(ゼン・トレーダー)ボーナスについて ボーナスは自動的に付与 頻繁に取引し、ボーナスをゲット 口座をレベルアップしましょう クーポン、コード、特殊な手続き等一切なし。いつも通り取引するだけ。 取引額に応じて、ボーナスポイントを獲得できます。 キャッシュバックボーナスはお客様のゼン・トレーダー口座へそのまま入金されます。 ブロンズステージ メリット ブロンズステージのお客様は月間1,000,000~2,499,999円の取引をすると5,000円のキャッシュバックボーナスがもらえます。 シルバーステージ メリット 更なる次元での取引。より高性能な機能にアクセスでき、月間2,500,000~4,999,999円の取引をすると25,000円のキャッシュバックボーナスがもらえます。 ゴールドステージ メリット VIPステータスと行き届いたサービス。利用頻度の高いゴールドステージ会員は、月間5,000,000以上の取引をすると50,000円のキャッシュバックボーナスがもらえます。 どのような仕組みなのでしょうか? 翌月1日から月末までに、ボーナス額をゼン・トレーダー口座へご入金されると、同額の特別ボーナスが取引用資金として口座に加算されます。(ボーナス全額を獲得するには同額を入金する必要があります。)ボーナス加算後の初回入金に対してのみ有効ですので、予めご了承の程お願いいたします。弊社への入金確認後、サポートスタッフがボーナスを付与いたします。ボーナスを受け取った際の出金条件として、ボーナス額の1倍の取引が必要となります。つまりボーナス額の取引後に取引で得た利益を出金することができます。その他の出金条件はございません。合計取引量の表示は現在開発中です。現時点では弊社スタッフがお伝えできますので、ご連絡ください。 取引を開始するまでの手続きがとても簡単です。あなたもすぐにトレードに専念出来ます。 まず、zentrader.comへアクセスし、無料で登録していただきます。 書類をお送りいただいて、本人確認を行います。 口座に5,000円~の入金で始められます。 このように、いたって簡単です!早速ゼン・トレーダーで取引をしましょう。 zentrader(ゼン・トレーダー)口座開設手順 こちらのリンクをクリックして、口座開設を始めましょう。   【注意喚起】zentraderへの入金は現在推奨していません【注意喚起】 ① 国名を選択 ② 漢字で入力(例:安倍) ③ 漢字で入力(例:晋三) ④ メールアドレスを入力 ⑤ パスワードを入力(自分で決定する) ⑥ ⑤の確認です。コピペはやめましょう。 ⑦ 言語を選択します   ⑧ 住所を入力(例:東京都) ⑨ 市町村を入力(例:千代田区) ⑩ 州・地域・都道府県を入力(英語の直訳と思われます。番地等を入力) ⑪ 郵便番号を入力 ⑫ 生年月日を入力(例:西暦2000年1月2日なら2/1/2000と入力) ⑬ 携帯番号を入力(例:090-1234-5678なら901234-5678と入力)   ⑭ クリックするとダイアログがポップするので、免許証やパスポートの写真を選択 ⑮ クリックするとダイアログがポップするので、住所を証明する写真を選択 ⑯ チェックを忘れずに   登録完了画面になります。 ⑰ 認証メールが配信されるので、リンクをクリックしてください。   認証リンクをクリックすると、ログイン画面になります。 ログインするとダッシュボードに遷移します。 書類審査が終わらないと、入金できません。 zentrader(ゼン・トレーダー)での注意事項 トレードの制限や出金情報についての重要事項です。 結論から言うと、出金は可能です。 ただし、スクショにあるとおり、ブローカーの判断でトレードに制限が発生する場合があります。 「ブローカーの判断で」 というのが、ポイントです。 あと、重要なのがボーナスを使ってトレードするには入金が必要です。 「どれだけ入金するの?」 という疑問に関しては、「100%ボーナスが付与された」と解釈できる5,000円ぐらいでいいのではないかとおもいます。 まんぼう総裁のzentrader(ゼン・トレーダー)への見解 本文中にもあるように口座開設ボーナスがあり出金の実績も紹介しましたが、新規ブローカーということでやや不透明な側面も否定できません。 この事実を踏まえた上でのトレードをすることを推奨します。 5,000円ぐらいならパチンコやスロットで負けたぐらいの額なので遊び半分でチャレンジするという考え方もありです。 為替・指数・商品の相場が「メチャクチャ」とも言えるので、種銭を失わないように口座開設ボーナスで遊んでみてはいかがでしょう? 【注意喚起】zentraderへの入金は現在推奨していません【注意喚起】   それと、スペックだけで言えばペイアウト率1.95倍というのも優位性のあるものです。 ブローカー制限がかからないようにこのスペックを楽しむのもありですね。 easyMarkets(イージーマーケット)のeasyTradeならペイアウト無限なので、zentrader(ゼン・トレーダー)で出金に成功したらeasyTradeでもっと増やすなんていうのもありですよね! 口座開設ボーナス特集も是非御覧ください! 2020年3月14日時点でHotForexの上限枠に猶予があるので早いもの勝ちですよ! それでは、またね~!
5,127フォロワーフォロー

最新

ウィークリーアクセスランキング

トータルアクセスランキング