ホーム まんぼうトレード まんぼうFXトレード

まんぼうFXトレード

まんぼう総裁おすすめ海外FX口座開設ボーナス特集

自己資金0円でOKの口座開設ボーナスを提供している海外FXブローカーを一挙に紹介 種銭・自己資金が無くてもOKです! FXデビューに最適です!

まんぼう総裁おすすめ海外FXブローカー

口座開設キャッシュバックキャンペーンを通年開催しています。 実質「海外FX口座開設ボーナス」なので是非ご利用ください!

【海外FX】株価指数取引に適したブローカーを比較検討しました

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) ようやく暖かくなってきて日中も過ごしやすくなってきましたね! 世間はコロナによる緊急事態宣言やらGWも外出できないとか、いっこうに元気がない状況ではあります。 それに呼応してなのか株価指数が下落を見せるなど、ひょっとしたらチャンス相場になる可能性もでてきた感じです。 そう言えば、株価指数ってどこのブローカー使えばいいんだ? ということを比較検討していなかったので、この機会に記事にしてみました。 GOLDについては以下の記事で比較特集しているのですが、けっこう閲覧数が多いんですよね。 なので、GOLD記事のように比較表を作って、各々見解を述べる形式でまとめてみました。 それでは、行ってみましょう! 株価指数レバレッジ一覧 最初にまとめます。 ブローカー FX ダウ 日経225 GOLD WTI 原油 ビットコイン easyMarkets 400倍 100倍 80倍 200倍 100倍 30倍 Exness 無制限 100倍 100倍 無制限 50倍 100倍 Milton Markets 1000倍 調査中 調査中 1000倍 調査中 調査中 iFOREX 400倍 200倍 200倍 200倍 100倍 10倍 FXGT 500倍 100倍 100倍 100倍 100倍 500倍 XM 888倍 100倍 200倍 888倍 66倍 5倍 FBS 500倍 33倍 - 333倍 33倍 - TitanFX 500倍 100倍 100倍 500倍 500倍 - Axiory 400倍 100倍 100倍 100倍 20倍 - HotForex 500倍 50倍 5倍 200倍 66倍 10倍   このように一覧にすると、ダウはiFOREX、日経225はiFOREX、XMが高いレバレッジではあります。 常にバイレバという戦略もありますが、数値だけではなくブローカーの特色も交えて解説していきます。 easyMarkets(イージーマーケット)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 easyMarkets 100倍 80倍 ※日経225のレバレッジ80倍が適用されるのはMT4アカウントです。オリジナルアプリアカウントでは50倍になります。 easyMarkets(イージーマーケット)は御存知の通りまんぼう総裁イチオシブローカーです。 なんと言っても固定スプレッドであることから、週末・週明けのスプレッドの広がりによる影響を全く受けないので、中長期のポジション保有による戦略に大きな威力を発揮できます。 指数レバレッジについては、ダウが100倍で日経225が80倍ということで、どちらかと言うと標準的でしょう。 固定スプレッド以外にも、dealCancellationという独自のサービスがあり、一定の手数料を支払うことでトレードをなかったことにできるというものがあります。 あまり知られていないかもしれませんが、ダウ・日経でもこのdealCancellationを利用することができます。 また、 easyTradeというバイナリーオプションの拡張サービスがありますが、どういう訳か(笑)ナスダックでこのeasyTradeを利用することができます。 NYヤンキー入場時にこのサービスでチャレンジするのも面白いと想います。 Exness(エクスネス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 Exness 100倍 100倍   エクスネスもまんぼう総裁お勧めブローカーです。 無制限レバレッジというとてつもないサービスを提供しているので、少額トレーダー最後の希望と言えるブローカーでしょう。 ↑9000円の証拠金でポン円を2ロット発射可能。 なかでも、ゼロ口座という口座は圧倒的に稼げる可能性を秘めています。 意外なことにエクスネスのヘビーユーザーでも最近までゼロ口座の破壊力に気づかないでいたケースがありましたが、今後はエクスネスファンの中でも流行っていくのではないでしょうか? エクスネスゼロ口座は週末もスプレッドがゼロ これも驚愕と言えますが、エクスネスゼロ口座はダウに関して言うと、週末もスプレッドがゼロなのです。 easyMarketsと同様に、ダウの取引には大きな意味をもつということを再確認しましょう。 無制限レバレッジだけがExnessの特徴ではないということですね。 それと、ビットコインが100倍のレバレッジで取引できるのと、スワップフリーなのが魅力でしょう。 後述しますが、FXGTは仮想通貨のハイレバレッジトレードに特化したブローカーである一方で、マイナススワップが4時間おきに取られるのでレバレッジを効かせたガチホトレードには向きません。 ビットコインで中長期トレードをしたいという方にもExnessはお勧めです。 Milton Markets(ミルトンマーケッツ)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 Milton Markets 調査中 調査中   ミルトンマーケッツは取引コストの削減に力を入れいているブローカーで、まんぼう総裁もミルトンマーケッツの役員さんにお会いしたときに力説されました。 ダウや日経225のレバレッジは現在確認中なので、正確な数値が判明したら見解を書きますね。 ただ、GOLDのレバレッジが1,000倍という割りと狂ったサービスを提供しているということと、それでありながらボーナスキャンペーンを連発しているということで、ミルトンマーケッツも是非口座をもっておいてほしいブローカーだと思っています。 iFOREX(アイフォレックス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 iFOREX 200倍 200倍   iFOREXはeasyMarketsと同様に老舗ブローカーであり、指数や商品取引をするならiFOREXを使うべきと言っても過言ではないブローカーです。 WTIについてはスプレッドがeasyMarketsに負けているということで、まんぼう総裁としては寂しさを感じざるを得ませんが、現時点ではボーナスオファーの頻度がeasyMarketsよりも頻度が高いかなー?というのが優位なところでしょうか? まあ、easyMarketsに転職したMさんがeasyMarketsで色んなことを仕掛ける営みをしているのでiFOREXもあぐらをかいてはいられないとは思いますけどね。 さて、ダウ・日経225についてですが、iFOREXはどちらも高めのレバレッジで取引が可能です。 株式指数レバレッジが200倍というのは(上手にトレードすれば)稼げる可能性を秘めているということです。 本記事では比較の対象にしていませんが、天然ガスについてはレバレッジの観点からもスプレッドの観点からも一番取引しやすいブローカーでしょう。 そういう意味でも、iFOREXにはいつでも入金できる準備をする必要があるかなと思います。 FXGT(エフエックスジーティー)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 FXGT 100倍 100倍   FXGTはビットコインを始めとする仮想通貨取引の短期トレードに適したブローカーでしょう。 比較記事なのでダウと日経225のレバレッジも掲載しましたが、FXGTで指数のトレードをするには微妙かもしれません。(スプレッド的に) 上限使い切りボーナスを上手に使えば効率よく稼げる可能性があるので、そういう意味でもFXGTで指数取引に固執する理由はないかなと思います。 まんぼう総裁もたまにビットコイントレードします。 iforexでわけのわからない草コインで焼かれた話をFXGTでリベンジ完了 お疲れ様でございました😎 pic.twitter.com/UIJd9FCN8j — ハイレバ戦士まんぼう総裁 (@manbou_FX) April 18, 2021 他のFXGT紹介サイトではここまでのスクショってほとんどないですが、着金が早いということは特筆に値するブローカーでしょう。 XM(エックスエム)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 XM 100倍 200倍   法人口座が作れないXMはまんぼう総裁としては魅力を一切感じないブローカーではあるものの、依然としてXMに固執している(としか言いようがない)ファンが多いのも事実です。 スプレッドが決して狭いとは言えないのになんで人気があるのか謎ではあります。 とは言え、特筆することがあるなら、なぜか日経225のレバレッジがiFOREX並に200倍なのです。 一応、100%ボーナスのリセットも年に数回あるので、日経225に特化した使い方もなくはないかなー? と、言ったところです。 FBS(エフビーエス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 FBS 33倍 -   まんぼう総裁は「世界中のユーザーが利用しているブローカー」というのを優良ブローカーの条件の一つとしていますが、FBSは正に世界中で使われているブローカーではあります。 しかし、... 日本語翻訳がいつまで経ってもイケてない というのが、日本人ユーザーに浸透しきれない理由なのかな? とは思います。 で、ダウ・日経225については、 FBSでダウはヤメておけ という結論ですね。レバレッジが33倍ですし。 意外(?)な特徴で言うと、なぜかユーロ系の通貨ペアのスプレッドが狭い傾向にあります。 100%ボーナスも常時使えるという点も総合すると、このように特定の通貨ペアを主軸にするという使い方もう有効でしょう。 最近では300%ボーナスのプロモーションも開催されるなど、プロモーションが豊富なブローカーです。 FBSも口座開設をして損はないブローカーだとは思います。 TitanFX(タイタンエフエックス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 TitanFX 100倍 100倍   TitanFXは狭いスプレッドが売りのブローカーですが、指数に関してはレバレッジという観点からすると標準的としかいいようがないですね。 ただし、WTIのレバレッジが500倍なので、原油価格の一方通行が確実というときには驚異の破壊力をもつことは間違いありません。 ↑このときはまさかの200万円の敗北でしたが、   一日で5%上昇からの、10%下降の波に乗れればハンパなく稼げる銘柄です。 こういうチャンスのときに口座がないととても後悔するので、TitanFXにも口座は作っておきましょう。 Axiory(アキシオリー)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 Axiory 100倍 100倍   TitanFXを例にしたので、スプレッドが狭いブローカーとしてAxioryも掲載しましたが、TitanFXと同様に指数に関しては光るものがありませんね... とは言いつつも、スプレッドが狭いブローカーでありながら、100%入金ボーナスもほぼ定期的に開催するので、ここも限定的な使い方であっても口座は持っておきましょう。 HotForex(ホットフォレックス)の指数レバレッジ ブローカー ダウ 日経225 HotForex 50倍 5倍   HotForexは「超」がつくほど優良ブローカーですが、日本人に浸透していないのが謎ではありますね。(欧州では大人気なんですが) トレードコンテストも開催したりなど、面白いプロモーションを投下してくるなど、ユーザーを飽きさせない努力を継続しているブローカーです。 なかでも、   クッション機能はないにせよ、100%ボーナスの利用幅が大きいのが特徴です。 ↑口座タイプも複数あり、ECN口座はXMのZero口座よりもスプレッドが狭いので、XMの上位互換のブローカーと思います。 しかし、... 指数取引にはレバレッジの観点から不向きではあります。 ダウが50倍で、日経225が5倍なので。 と、いうことで、HotForexは指数以外で活用するのがおすすめです。 指数レバレッジ比較まとめ あれ? TTCM Big Boss Anzo Capital Yadix Iron Fx Gemforex : とか、まんぼう総裁が紹介してる他のブローカーの指数レバレッジは? とか、言われそうですが、... 今回はこれで勘弁な! ということで、ご了承願います。 なぜなら、ここまで数値を整理するのも、見解を記述するもの、どえらく時間がかかっているからです。 もっというと、 ナスダック無いんだけど? とかも聞こえてきそうですが、どれもこれもひっくるめて徐々にメンテンスするから後日のお楽しみにしてください。 今回の比較表はレバレッジを主眼にしてみました。 現時点ではスプレッドのみの比較ですが、ここにスプレッドやスワップポイントも比較することでより最適な解に近づくでしょう。 チャンス相場到来の前に解説するべきブローカーを見極めて準備をしてみてください。 というわけで、またねー(・ω・)ノ

【海外FX】ミルトンマーケッツ次回プロモーション予告!

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 先月はブログ投下が少なかったという反省もあり、今月はなんとか挽回したいところです。 幸いなことに、 色んなブローカーが面白い企画を展開しているのでネタには尽きないですね。 上記の記事でも特集しているミルトンマーケッツですが、4/14(水曜日)からもプロモーションを開催するということで、簡単ですが予告したいと思います。 それでは、行ってみましょう! 入金100%ボーナスプロモーション 要するに、100%入金ボーナスのプロモーションということで、2回まで利用可能です。 ▼期間 4月14日(水曜日)〜4月末まで ▼内容 2回限定入金ボーナス 1回目:5万円100%入金ボーナス 2回目:50%入金ボーナス(ボーナス付与上限5万円) ▼対象顧客 新規・既存でスマート口座をお持ちの方 ▼条件 5万円以上の入金 ボーナス付与合計10万円まで 他のキャンペーンとの併用不可 桜祭り入金チケットとの併用不可。(別途入金で使用可) 出金時ボーナス消滅 ▼プロモーションコード MIRUSAN (入金例1) 1回目5万円入金→ボーナス5万円(100%) 2回目10万円入金→ボーナス5万円(50%) (入金例2) 1回目5万円入金→ボーナス5万円(100%) 2回目5万円入金→ボーナス25000円(50%) と、言うことで、フルでプロモーションを活用するなら入金例1に例示した金額がMAX受け取れるということです。 銀行送金について ミルトンマーケッツのもう一つのニュースとして、4/12より国内銀行送金が可能になったことが挙げられます。 【待望の国内銀行送金スタート💰🌟】 日本国内の銀行をお使いの方なら、 誰でも簡単にミルトンへ入金、出金が出来るようになりました😎 それだけではありません!国内銀行送金にて、裁量口座に入金の場合、入金手数料分をボーナスとして付与😾証拠金として利用可! 詳細は https://t.co/Kn1r70ZDNL pic.twitter.com/MoNbTvZzJi — Milton Markets Official (ミルトンマーケッツ公式) (@MiltonMarketsJP) April 12, 2021 【手数料について】 ※入金額に応じて下記の手数料を徴収させて頂きます。 30,000~49,999円 =入金額の5% 50,000~199,999円 =入金額の4% 200,000円以上 = 入金額の3% 他キャンペーンとの併用につきましては、例えば上記5%の手数料だと、入金額の5%分が国内銀行送金特別クレジットとして付与されます。ですので、実際にバランスに入る金額に対して(この場合5%引いた金額)に対してキャンペーンのボーナス付与をさせて頂きます。 このように、国内銀行送金だと入金時に手数料が徴収されてしまいます。 この辺はもうちょっと頑張ってほしいところです。 なぜなら、TTCMなんかは入出金時の手数料が無料というサービスを展開しているので、出来るか・出来ないかの議論だと「出来る」とは思ってます。 では、国内銀行送金を利用した方が得なのか? について見ていきます。 bitwalletを使う場合 国内銀行 → bitwallet → ブローカー 入金額の0.5% 無料 国内銀行 ← bitwallet ← ブローカー 割引キャンペーン中:777 円 法人アカウントは出金額の0.8%+777円 無料   国内銀行送金で完結する場合 国内銀行 → ブローカー 30,000~49,999円 =入金額の5% 50,000~199,999円 =入金額の4% 200,000円以上 = 入金額の3% 国内銀行 ← ブローカー 5,500~49,999円 =申請額の3% 50,000~199,999 円 =申請額の4% 200,000円以上 = 申請額の5%   bitwalletを使う場合、法人口座はbitwalletからの出金に0.8%の手数料が徴収されてしまいます。 一方で、ブローカーから直接銀行送金するとなると、法人口座の場合は1回につき3%~5%になります。 一応、入金時に徴収された手数料はクレジットボーナスとして付与され、事実上無料というのがミルトンマーケッツの現在の努力ではありますが、.... クレジットボーナスはいらないから手数料無料にしてくれー というのがまんぼう総裁の希望ではあります。 入手金については、上記で特集しているGEMFOREXが最強なのかもしれません。 TLを見ていても、翌日着金というスピード感を実現(高額だともう少し日数がかかりますが)しているのと、手数料を無料にしているのは頑張っている証でしょう。(スプレッドと約定力も努力すれば... ね。) ミルトンマーケッツのプロモーションを利用するべき理由 これは至って簡単です。 例えば日本人に人気のあるXM Tradingも100%ボーナスを提供していますが、これも上限が5万円です。 年に数回の100%ボーナスリセットがありますが、5万円以上の入金は20%ボーナスであることを総合すると、今回のミルトンマーケッツのプロモーションを利用したほうが資金効率はよいです。 XMにはXMPがあるから敗者復活戦が可能とXMファンの多くが言うのですが、それって、 普段の広いスプレッドから徴収されているだけ と、いうことに気づかないのが不思議でなりません。 ミルトンマーケッツのスプレッドはXM Tradingに比べてもかなり狭く、また、為替に関してはストップレベルが0であることため、トレードコストは比較にならないほどリーズナブルです。 それと、XMのレバレッジが888倍であり、ミルトンマーケッツが1,000倍であることも忘れてはなりません。 つまり、レバレッジをかけて大きく稼ぎやすいブローカーだということを再認識しましょう。 そうそう、いままでの記事ではミルトンマーケッツのスプレッド実測値を記載していなかったので、今回は実測してみました。 銘柄 スプレッド ストップレベル BID ASK USDCHF.hw 14 0 0.92225 0.92239 GBPUSD.hw 12 0 1.37417 1.37429 EURUSD.hw 11 0 1.19147 1.19158 USDJPY.hw 11 0 109.364 109.375 USDCAD.hw 13 0 1.25508 1.25521 AUDUSD.hw 15 0 0.76229 0.76244 EURGBP.hw 14 0 0.86698 0.86712 EURAUD.hw 16 0 1.56286 1.56302 EURCHF.hw 14 0 1.09888 1.09902 EURJPY.hw 11 0 130.312 130.323 CADJPY.hw 12 0 87.131 87.143 GBPJPY.hw 16 0 150.29 150.306 AUDNZD.hw 20 0 1.08398 1.08418 AUDCAD.hw 16 0 0.95679 0.95695 AUDCHF.hw 15 0 0.70308 0.70323 AUDJPY.hw 12 0 83.374 83.386 CHFJPY.hw 17 0 118.572 118.589 EURCAD.hw 17 0 1.49545 1.49562 NIKKEI.hw 1788 0 29568.56 29586.44 XAUUSD.hw 15 0 1732.77 1732.92 GER30.hw 158 0 15222.76 15224.34 S&P500.hw 118 0 4123.81 4124.99 UK100.hw 178 0 6891.11 6892.89 US30.hw 258 0 33698.71 33701.29 NASDAQ.hw 218 0 13814.66 13816.84   全てストップレベルが0であり、特にGOLDのストップレベルが0というのが驚異です。 GOLDのような激しいボラのある銘柄でストップレベルが0ということは、建値が入れやすく、安心トレードを可能にするということです。 【参考】TitanFX Blade口座スプレッド 銘柄 スプレッド ストップレベル BID ASK USDCHF 6 0 0.92214 0.9222 GBPUSD 5 0 1.37418 1.37423 EURUSD 2 0 1.19148 1.1915 USDJPY 4 0 109.403 109.407 USDCAD 7 0 1.25559 1.25566 AUDUSD 1 0 0.76207 0.76208 EURGBP 1 0 0.86702 0.86703 EURAUD 16 0 1.56341 1.56357 EURCHF 9 0 1.0987 1.09879 EURJPY 6 0 130.352 130.358 CADJPY 7 0 87.128 87.135 GBPJPY 10 0 150.34 150.35 AUDNZD 7 0 1.0841 1.08417 AUDCAD 13 0 0.95682 0.95695 AUDCHF 8 0 0.70273 0.70281 AUDJPY 8 0 83.371 83.379 CHFJPY 6 0 118.635 118.641 EURCAD 10 0 1.49602 1.49612 JPN225 80 0 29557 29565 XAUUSD 18 0 1731.75 1731.93 GER30 13 0 15215.2 15216.5 UK100 20 0 6883.6 6885.6 US30 21 0 33695.5 33697.6   さすがにTitanFXのBLADE口座はスプレッドが狭いです。ただし、BLADE口座なので外付け手数料があることをお忘れなく。 ミルトンマーケッツはGOLDに強い? 銘柄 スプレッド 銘柄 スプレッド USDCHF.hw 14 USDCHF 6 GBPUSD.hw 12 GBPUSD 5 EURUSD.hw 11 EURUSD 2 USDJPY.hw 11 USDJPY 4 USDCAD.hw 13 USDCAD 7 AUDUSD.hw 15 AUDUSD 1 EURGBP.hw 14 EURGBP 1 EURAUD.hw 16 EURAUD 16 EURCHF.hw 14 EURCHF 9 EURJPY.hw 11 EURJPY 6 CADJPY.hw 12 CADJPY 7 GBPJPY.hw 16 GBPJPY 10 AUDNZD.hw 20 AUDNZD 7 AUDCAD.hw 16 AUDCAD 13 AUDCHF.hw 15 AUDCHF 8 AUDJPY.hw 12 AUDJPY 8 CHFJPY.hw 17 CHFJPY 6 EURCAD.hw 17 EURCAD 10 NIKKEI.hw 1788 JPN225 80 XAUUSD.hw 15 XAUUSD 18   ミルトンマーケッツとTitanFXのBLADE口座を並べてわかることですが、GOLDのスプレッドに関してはミルトンマーケッツのほうが狭いのです。 つまり、ボーナスで証拠金を増強することで、GOLDトレードが非常に有利になることがわかると想います。(EURAUDもミルトンマーケッツの勝利ですね!) このように、細かく比較することで、より有利なトレード環境を見出すことができるわけです。 本記事を読んで納得できた方は是非ミルトンマーケッツのプロモーションを活用してください。 というわけで、またねー(・ω・)ノ

【海外FX】TTCMのレバレッジ3,000倍の上手い活用方法を考察しました

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) TTCMがレバレッジ3,000倍で取引できるという、 マジ狂ったサービス の展開を始めました。 うっひょー! レバレッジ3,000倍ぃぃぃぃ!! ってことで、ギャンブルトレーダーは脳汁で溢れているかもしれませんが、そうでもない仕様があります。 レバレッジは高ければ高いほど破壊力(勝つにしても、負けるにしても)が凄まじいですが、熟練のテクニックが必要なのも事実です。 結論から言うと、TTCMのレバレッジ3,000倍は超上級者向けのサービスかもしれません。 その理由を本記事で詳しく解説してみたいと思います。 それでは、行ってみましょう! レバレッジ3,000倍でできることをおさらい レバレッジ3,000倍と言えば、FBSというブローカーがまっさきに思い浮かびますよね。 さらに言うと、GEMFOREXもFBSに対抗して(というか、ネタのため?)レバレッジ5,000倍口座の提供をしています。 これらの比較を以前にしましたが、 GEMFOREXの5,000倍口座は最大の利益が100万円までということなので、リスクにみあった使い方はできませんね。 例えば、ポンド円で10ロット発射して200pipsの値幅を抜けたとしても、100万円(つまり、100pips)で打ち切られるわけですから。 2万円の証拠金で1LOTポジるとして、どれだけ逆行に耐えられるか? 1000倍 3000倍 5000倍 10万通貨をポジった直後の含み損 1400 1900 1200 10万通貨毎の必要証拠金(円) 10980 3660 2200 10万通貨をポジった直後の有効証拠金 7620 14440 16600 10万通貨をポジった直後の証拠金維持率(%) 69.39 394.53 754.54 逆行pips 1 1000 60.29 1000 367.21 1000 709.09 2 2000 51.18 2000 339.89 2000 663.64 3 3000 42.08 3000 312.57 3000 618.18 4 4000 32.97 4000 285.25 4000 572.73 5 5000 23.86 5000 257.92 5000 527.27 6 6000 14.75 6000 230.60 6000 481.82 7 7000 5.65 7000 203.28 7000 436.36 8 8000 -3.46 8000 175.96 8000 390.91 9 9000 -12.57 9000 148.63 9000 345.45 10 10000 -21.68 10000 121.31 10000 300.00 11 11000 -30.78 11000 93.99 11000 254.55 12 12000 -39.89 12000 66.67 12000 209.09 13 13000 -49.00 13000 39.34 13000 163.64 14 14000 -58.11 14000 12.02 14000 118.18 15 15000 -67.21 15000 -15.30 15000 72.73 16 16000 -76.32 16000 -42.62 16000 27.27 17 17000 -85.43 17000 -69.95 17000 -18.18 18 18000 -94.54 18000 -97.27 18000 -63.64 19 19000 -103.64 19000 -124.59 19000 -109.09 20 20000 -112.75 20000 -151.91 20000 -154.55 1,000倍の場合:5pipsでロスカット 3,000倍の場合:13pipsでロスカット 5,000倍の場合:16pipsでロスカット この計算のとおり、レバレッジ3,000倍であれば2万円の証拠金で約13pipsの逆行に耐えられるわけです。(実際はスプレッドが2pipぐらい足されると考えましょう。2行上くらいを見ておくとよい。) で、比例計算で20万円あれば10ロット発射してもOKということですね? というのが、TTCMの場合異なります。 どのように異なるか次の章で解説します。 TTCMは「ダイナミックレバレッジ」という仕様 TTCMのレバレッジ3,000倍というのは、「ダイナミックレバレッジ」という仕様で提供されます。 具体的には、以下の表のとおり初期のポジションのロット数でレバレッジが制限されるというものです。 純オープンロット 最大レバレッジ 0 - 1 最大 1:3000 1.01 - 5 最大 1:2000 5.01 - 10 最大 1:1000 10.01 - 20 最大 1:500 20.01 - 50 最大 1:200 50.01 - 100 最大 1:100 100.01 - 300 最大 1:50 300.01 - 500 最大 1:33 500.01 > 最大 1:25 要するに、 1ロット以下の発射にはレバレッジ3,000倍を適用するよ! 1.01ロットから5ロット以下なら2,000倍のレバレッジが適用されるよ! :(以下表のとおり) と、言うことで、TTCMはこれまではレバレッジが最大500倍であったため、10ロット以下の発射に関してはレバレッジ1,000倍から3,000倍が適用されるってことです。 ダイナミックレバレッジが利用できる銘柄 ダイナミックレバレッジが利用できる銘柄は以下のとおり、一部の為替のみです。GOLDなどには適用されません。 EURAUD EURCAD EURCHF EURGBP EURJPY EURNZD EURSGD EURUSD GBPAUD GBPCAD GBPCHF GBPJPY GBPNZD GBPSGD GBPUSD AUDCAD AUDCHF AUDJPY AUDNZD AUDUSD NZDCAD NZDCHF NZDJPY NZDSGD NZDUSD USDCAD USDCHF USDJPY USDSGD CADCHF CADJPY CHFJPY SGDJPY   主要通貨ペアはカバーしている感じですね。 TTCM3,000倍レバレッジをGEMFOREXレバレッジ5,000倍口座と比較 モデルとしてGEMFOREXの5,000倍口座を比較をしてみました。 GEMFOREX TTCM ロット数 0.01 LOT~ 前回は1Lotからでした 0.01 LOT~ 入金上限 10万円まで 上限なし 入金方法につきましては、資金移動でのみ可能となります。また、口座残高10万を超える資金移動はできません。 上限なし 利益 100万円まで 上限なし 累計利益と合わせ含み益が100万円を超えた段階で強制決済となります。(複数ポジションを保有している場合は合計評価益) レバレッジ 5,000倍 1ロットまでは3,000倍 5ロットまでは2,000倍 10ロットまでは1,000倍 主要通貨のスプレッド 0.2pip~(若干嘘くさい、もっと広いし、約定力は良くない) 0.2pip~ 手数料 無料 クラシック:無料 予約注文 指値、逆指値 指値、逆指値 チケット単位のロット制限 30Lot 50Lot 口座ごとの合計ロット数 30Lot 超えると新規注文ができなくなる 無制限 EA 利用不可 利用可能 ミラートレード 利用不可 利用可能 ボーナス 対象外 100%,200%入金ボーナスあり。 ストップアウト 20% 20%   GEMFOREXも使い方次第では悪くないブローカー(ボーナスを効かせて大きなロットで取引できるし)ではありますが、5,000倍口座はどう考えても魅力を感じないですね。 一方でTTCMはどうなのか? と、いう見解ですが、利益に上限がないという点では面白いサービスとは思います。 ただし、前述してとおりロット数に応じてレバレッジが規制されるため、10pips起きにピラミッド注文をするとレバレッジが変動することから、レバレッジ3,000倍で強制ロスカットまでの距離が伸びるという考え方の方がマッチするでしょう。 ... てゆーか、 それなら、Exness(エクスネス)でいいんじゃねー? という考え方もありですよね。 Exness(エクスネス)と違う点として、Exness(エクスネス)は経済指標の前後などでレバレッジが規制されて無制限レバレッジではない時間帯があります。 そういう意味ではTTCMに入金しておいて、 今日の指標は間違いなく上だぁぁぁぁぁ!! というときには威力を発揮するでしょう。(※指標トレードを推奨しているわけではないですよ) TTCMの活動に注目! TTCMはまんぼう総裁も訪問したことがあって、 公式グッズもいただいたりしています。 TTCMで働いている日本人スタッフともお話ししましたが、 生真面目なブローカー ではあります。 この頃は面白いプロモーションも開催するなど、口座開設をして損はないブローカーです。 や、 ね。 入金ボーナスのプロモーションもあり、レバレッジを効かせたトレードをすることで大きく稼ぐことを可能にするブローカーです。(ボーナスはクッション式ではないので、そこだけ注意。) レバレッジ3,000倍はまずは1ロット発射を優遇したサービスであると言えるでしょう。 つまり、10pipsも逆行しない自信があるなら少ない証拠金でも1ロットを発射することが可能であるため、少額トレーダーにとっては朗報であることは間違いありません。 スプレッドが狭い部類のブローカーで、かつ、約定力も高いことを活用して是非稼いでください! というわけで、またねー(・ω・)ノ

【海外FX】ブローカーの面白企画を一挙解説(ミルトンマーケッツ・TTCM・BigBoss・FBS・IS6FX)

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) さて、4月になり新年度が始まりました。 まんぼう総裁は不覚なことに熱をだしてしまい、新年度はちょっとハンデが有る状態でのスタートです。 いやー、 健康って大事 ですよね。 新年度スタートに合わせてなのか、海外FXブローカーも動き出してきている感じがします。 今日はいくつかピックアップしてまとめて紹介したいと思います。 それでは、行ってみましょう! ミルトンマーケッツ ミルトンマーケッツは、まんぼうも総裁も役員さんと会食したほどの親密な関係があって、ブローカーとしての取り組みはとても評価しています。 前回は↑のような限定コラボも実施していて、ミルトンマーケッツの日本人トレーダー獲得の意欲を大きく感じます。 今週(2020/04/09まで)いっぱいのキャンペーンも実施しており、100%ボーナス、80%ボーナス、70%ボーナスチケットがもらえるチャンスです。 【リツイート用:ミルトン桜まつり~花より現金~🌸】 は~る~よ~🎵遠き春よ~~瞼閉じれば そ~こ~に~🌸 はい、名曲ですね!! 皆様は、瞼を開けてください🙌 ミルトンでは、今週限定で桜祭り開催中🐱 詳細はこちらをチェケラ⬇️ pic.twitter.com/sCziNqTEHz — Milton Markets Official (ミルトンマーケッツ公式) (@MiltonMarketsJP) April 5, 2021 5万円入金でボーナスチケットがもらえ、また、5ロット以上の取引を実現したトレーダーには5万円のキャッシュバックがもらえる(抽選で)ため、この機会にミルトンマーケッツを利用するのはとてもおすすめできます。 条件:公式ツイッターアカウントをフォロー&プロモーションツイートをRT、5万円の入金(プロモーションコード:DANGO21の入力を忘れずに!) 「え? 100%ボーナスならGEMFOREXでいいやん!」 って言う意見も聞こえてきますが、ミルトンマーケッツが評価できる点としてトレードコストの削減努力が挙げられます。 公式ツイートを遡るとわかりますが、 4月1日。ミルトンvs Titan FX😎 アメリカは本日エープリルフールですが、こちらは嘘ではないです😎😎 pic.twitter.com/LzTCBj4d91 — Milton Markets Official (ミルトンマーケッツ公式) (@MiltonMarketsJP) April 2, 2021 競合他社との比較(つまり、負けていることは改善課題として抽出している)で、取引コスト削減への努力がわかります。 詳しいスペックは↑の記事で特集しているので、ぜひ御覧ください! TTCM TTCMはトレードコンテストを開催しています。 コンテストに参加して、FX、インデックス、商品、仮想通貨を取引し、毎月魅力的な賞品を獲得するチャンスを手に入れましょう! 11回の開催で各回ごとに5名の入賞者ですので、多くのチャンスがあります。 毎月コンテストに参加できますので、他のトレーダーと競いトップを狙うことができます。 複数回入賞頂くこともできます。 コンテスト全回を通して賞金は総額$ 110,000、11名様にiPhone 12、55名の入賞者で、可能性は無限大です! 30日間 5位入賞 賞金総額 $10,000 1名様にiPhone 12 利用方法 サインアップ ライブ取引口座を開設し、書類を提出して口座承認を完了してください。 お取引の開始前に口座承認が完了している必要がございます。 口座へご入金 弊社でご利用頂けるいずれかの送金方法で、お取引口座に300ドル以上(米ドル/ユーロ/円/英ポンド/ BTC で相当額)のご入金を行います。 取引を行います 毎月初日から最終日までの1か月間お取引を行い、トレードスキルを披露します。 コンテストは毎月開催されます! 参加方法は上記のとおり超手軽で、要するに参加費用が約3万円ということですね。 原資を割らなければ参加費は無料なので、これは参加する価値はあると言えます。 なぜなら、優勝したら景品がもらえるのでそういう意味ではノーリスクだからです。 それと、コンテスト参加の予定がなくても、20万円以上の入金で200%ボーナスが付与されるというプロモーションも開催しているので、大きく勝ちに行けるチャンスを見いだせているならTTCMの口座開設は必須ですね。 BigBoss BigBossも各ブローカーに対抗してきているのか、最大レバレッジがこれまでの555倍から999倍にアップしました。(999倍にできるなら、1000倍にすればいいのに、とは思いますけどね。) でもって、このレバレッジ999倍への引き上げを記念して、と、いう名目で100%入金ボーナスキャンペーンが4/30まで延期された(利用済ユーザーはリセットされる)わけです。 スペックとしては、スプレッドがやや広めではあり、短期スキャルピングやEA運用には不向きと言わざるを得ませんが、レバレッジ999倍へのアップを活用して新たな次元でトレードできる可能性がありますね。 また、取引ボーナスというキャッシュバックもあるので、GEMFOREX一辺倒である必要はないかな、とも言えます。 こちら↑も、スペック・キャッシュバック等のことを特集しているので、是非ごらんください。 FBS FBSは300%ボーナスのプロモーションを開催しています。 $100以上の入金に対して300%ボーナスが適用され、最大$4500相当の利用が可能です。 利用可能期間:4月9日~5月12日 この営みは、ブローカーの利益の一部をチャリティーとして寄付するという趣旨です。 したがって、300%ボーナスがあるからといってスプレッドが普段より広がるというようなことはなく、FBSが定期的に行っているチャリティーなのです。 参加するには、専用のアプリをインストールする必要がありますが、その他は特に難しいことはありません。 FBSが支援する団体は、上記の4団体です。 自分が取引することで、弱者を助けられるなら気分がいいのではないでしょうか? 300%ボーナスを活用することで大きく稼ぐチャンスも広がるということで、このプロモーションもおすすめです。 また、最近でも株取引の条件を好条件にするなど、FBSも定期的な監視が必要ですね! IS6FX IS6FXはプレゼント企画を開催しています。 公式ツイッターアカウントとフォローしてRTをする、かつ、一定以上の取引をすることで1ETHが抽選で5名に当たるというものです。 期間:2021年4月5日(月)6:00~2021年4月24日(土)6:00まで ETHプレゼントキャンペーン概要 総額100万円相当のETH(イーサリアム)を、ご当選された5名様に、1ETHをプレゼントいたします。 こちらのキャンペーンは、普段のお取引と公式ツイッターアカウントのフォロー&リツイートをしていただくだけで、プレゼントにご応募できるキャンペーンです。 取引量について 取引をする程、多くの抽選券を獲得できます。抽選券の枚数が多い程、当選確率は上がります。抽選券の獲得枚数および取引量はマイページよりご確認いただけます。 取引量(1lot:10万通貨) 抽選券 15lot以上 抽選券1枚 30lot以上 抽選券3枚 50lot以上 抽選券6枚 100lot以上 抽選券15枚   当選結果の日程 2021年4月30日(金)12:00 当選結果の公表については、MT4口座番号と合計取引ロット数を公開します。 複数口座で取引された場合は、全てのMT4口座番号を公開します。 要するにガンガン入金して、ガンガントレードすれは運がよければ1ETHもらえるということですね。 面白企画まとめ ミルトンマーケッツ、TTCM、BigBoss、FBS、IS6FXと、5つのブローカーについてのプロモーションを一挙に解説しました。 今年(1月)に入ってからも色々なキャンペーンが開催されているので、特定のブローカー一辺倒で取引を続ける理由はないんじゃないかな、と、思います。 easyMarkets(イージーマーケット)のような老舗ブローカーでもまんぼう総裁との限定コラボを開催したり、キャンペーン期間を継続させるなど、ブローカーごとに競っている印象があります。 トレーダーはその時々(相場の状態、種銭の状態、...)で最適なブローカーを使うことで、より有利な状況を展開することが可能となるため、まんぼう総裁としてはこのような面白企画が多く出てくることを歓迎します。 本記事を読んで、自分のスタイルを後押しするブローカーの企画を是非見出してください! というわけで、またねー(・ω・)ノ

【海外FX】まんぼう総裁限定easyMarkets特別キャッシュバックキャンペーンのお知らせ

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) もう桜が咲きはじめて、新年度への気持ちを切り替えるといったところでしょうか? 今日は、そんな年度の切り替わりにふさわしいキャンペーンを用意したので堂々と公開したいと思います。 タイトルにもあるようにeasyMarkets(イージーマーケット)のキャンペーンです。 easyMarkets(イージーマーケット)では今年はすでにVIP口座をお得に使えるキャンペーンを実施してました。 再びまんぼう総裁限定のキャンペーンを企画するところにeasyMarkets(イージーマーケット)のホンキを感じます。 今回は新規口座開設してくれた方、すでにまんぼう総裁から口座開設をしている方も対象となるキャンペーンです。 全員対象 ですよ? なので、すでにゼロカットなどで使ってない方も再度キャンペーンを利用することができるので、是非最後までブログを御覧ください! それでは、行ってみましょう! キャンペーンの内容 今回のキャンペーンはキャッシュバックキャンペーンです。 まずは、新規ユーザーについて解説します。 新規ユーザーキャッシュバック条件 2021年3月29日〜4月30日に口座開設済であること 3月29日から4月4日までに3万円以上入金 4月30日までに25万通貨以上のトレード で、キャッシュバック10,000円をまんぼう総裁から受け取れます。 これは、従来とおりです。 キャッシュバック受け取りはまんぼう総裁までDMをください。 既存ユーザーキャッシュバック条件 2021年3月29日までにまんぼう総裁のアフィリエイトリンクから口座開設済であること 3月29日から4月4日までに3万円以上入金 4月30日までに25万通貨以上のトレード で、キャッシュバック5,000円をeasyMarkets(イージーマーケット)から受け取ることができます。 キャッシュバック受け取りは、ここのリンクから申請フォームに遷移するので、必要事項を記入してeasyMarkets(イージーマーケット)に請求してください。 申請フォームもイメージも掲載しますが、ちょっとオシャレな申請フォームです。 申請フォーム1 申請フォーム2 申請フォーム3 申請フォーム4 進化し続けるeasyMarkets(イージーマーケット) easyMarkets(イージーマーケット)の詳しい記事は、 にも公開していますが、なんと言っても 固定スプレッド であることが大きな特徴です。 固定スプレッドであるため、週末から週明けに持ち越しもポジションがあっても、スプレッドが開いてポジションで刈られることがありません。 これは中長期トレードをする上では重要な戦略です。 また、dealCancellationという超特殊なトレードスタイルが可能です。 「超特殊」なのは、銘柄と時間ごとで一定の手数料を支払えば、取引を無しにできるというものです。 わかりやすい例で説明すると、手数料は20pips相当のときに、含み損が40pipsにまで膨れ上がった場合、期間内であれば20pipsだけで逃げられるというものです。 GOLDのような狂ったボラのある銘柄で威力を発揮できるわけですね。 ↑こちらの記事で詳しく解説しています。 さらに、easyTradeとバニラオプションがあります。 easyTradeはバイナリオプションの拡張版といったサービスで、一定期間内での価格上下を予想して取引するというものです。 もちろん一定の値幅を狙うのが必要ですが、これも一定期間内でどんなに逆行しても構いません。 ビットコインやGOLDで威力を発揮します。 同様にバニラオプションでの取引が可能です。 バニラオプションはdealCancellationやeasyTradeがデイトレ向けのサービスであるのに対して、スイングトレード向けのサービスであると言えます。 スクショの例は、一定期間内での値幅を狙うというもので、これも期間内にどんなに逆行してもポジションが刈られることはありません。 ↑バニラオプションの詳しい内容はこちらを御覧ください。執筆当時はオリジナルアプリでバニラオプションができなくて、WEBからのトレードのみでしたが、いつのまにはオリジナルアプリからもバニラオプションが可能になってます。 他にも、 フリーズレートという機能でレートが上下にふれているときにレートを固定するというサービスがあります。 これは有利すぎる機能と言えます。 また、 先日付取引というサービスがあり、スワップポイントのないトレードも可能です。 bitwalletでも入金が可能 easyMarkets(イージーマーケット)もbitwalletでの入出金が可能になりました。 ↑こちらの記事でもまとめていますが、海外FXをやるならbitwalletのアカウントは必須ですね。 何故まんぼう総裁限定なのか? 強調するのは、今回のキャンペーンは「まんぼう総裁限定」です。 他のアフィリエイターから口座開設をした方は対象外です。 何故まんぼう総裁限定かというと、.... ↑easyMarkets(イージーマーケット)のアフィリエイト世界大会で優勝している(=日本一)わけで、 ↑トレーダーとしてもeasyMarkets(イージーマーケット)の業績に貢献しているからです。 easyMarkets(イージーマーケット)キャンペーンまとめ 実はこのキャンペーン以外にもプランがあります。 まんぼう総裁のアフィリエイトリンクから口座開設をすると、今後も追撃キャンペーンの対象者になりうるということをわかってもらえると嬉しく思います。 今年に入ってもミルトンマーケッツとの限定コラボを実施していて、今後も他のブローカーからも限定コラボの依頼があるかもしれません。 easyMarkets(イージーマーケット)が優れたブローカーであることは間違いないと断言できます。 オリジナルアプリではレバレッジが200倍ですが、この記事でおさらいしたように「負けにくい」サービスを活用すればレバレッジ200倍でも問題ないはずです。 繰り返すようですが、固定スプレッドであることは大きな意味があります。 週末・週明けを例に固定スプレッドの威力を紹介することが多いですが、日々で言っても明け方なんかもスプレッドが広がる傾向があります。 特に、商品のトレードをする場合はスプレッドが広がると一気に不利になるのでeasyMarkets(イージーマーケット)の固定スプレッドの威力を是非この機会に体感してみてください。 というわけで、またねー(・ω・)ノ
TTCMの1万円口座開設ボーナス

【海外FX】優良ブローカーTTCMの口座開設ボーナス1万円について

2020年3月17日更新【最新プロモーション】 現在3種類のプロモーションが並行しています。 Traders Trustで取引口座を開設すると、10,000円のボーナスを無料でお受取り頂くことができます。 これによりリスクなしで取引を試したり、優れた取引条件をテスト頂くことが可能となります。 10,000円までの利益はご出金が可能です! *まだ入金したことがないすべてのお客様がご利用頂けます。 Traders Trustに200,000円以上を入金すると、200%の入金ボーナスを獲得し、3倍の金額でお取引頂けます。 *ボーナスは、お客様毎に最大20,000,000円となり、何度でもご利用頂け、毎月のライブ取引コンテストと組み合わせることができます。 2021/06/30まで有効 トレーダーズ・トラストは、すべての女性トレーダーに対する、キャッシュバックリベートを2倍にすることで女性に力を与えます。 女性クライアントが弊社のCFD商品のいずれかを取引すると、翌日取引口座に、直接リベートを受け取ることができます。 *女性トレーダー専用。 2021/04/30まで有効 日次取引量 (往復ロット) キャッシュバックリベート クラシック口座 キャッシュバックリベート プロ口座 10-19ロット $5 - $10 $5 - $10 20-29ロット $20 - $40 $20 - $40 30-39ロット $30 - $60 $30 - $60 : : : 500-999ロット $875 - $1750 $875 - $1750 1000ロット以上 $2000 - $4000 $1000 - $2000   まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 2週間にわたる入院生活をしてましたが、入院中も口座開設ボーナス情報のキャッチは欠かさずにいました。 種銭のない方にチャンスを与えることを至福の喜びとするまんぼう総裁としては、入院していたとしても、こういう営みを欠かさないことを信念としているのです!(入院していると他にやることねーし) さて、そんな入院生活をしていたら、   TTCMから口座開設ボーナスオファーのメールを受信しました。 TTCMと言えば、昨年まんぼう総裁がキプロスに訪問したブローカーでもあり、とても優良なブローカーなのです。 以前は5,000円の口座開設ボーナスをやっていましたが、今年はやらないと聞いていたので、突如のオファーに ブローカーとしてのヤル気 を感じました。 そんな訳で、口座開設ボーナスの受け取り、入出金の方法、スペックのおさらいを一気に解説します! それでは、行ってみましょう! TTCMのマイページにログイン 口座開設して、マイページにログインします。 スペシャルオファーのリンクをクリックします。 TTCMプロモーション一覧の画面 口座解説ボーナスのリンクをクリックします。 利用規約を抜粋すると、以下のようなルールがあります。 本 “口座開設ボーナス” を通じて受領したボーナス資金の利用可能期限は、90日(土曜日曜・祝祭日を含むカレンダー上の日数)となります。 本 “口座開設ボーナス” 取引口座へは如何なる追加のご入金を頂く事が出来ません。 プロモーション口座において90日(土曜日曜・祝祭日を含むカレンダー上の日数)以内に最低10ロットの取引量に達している場合は、プロモーション口座(最大10,000円に制限)で取引された利益のみを引き出す事が出来ます。MT4取引プラットフォームの「口座履歴」タブ、またはセキュアエリアにログインして頂けますと実現された取引量(ロット)が確認出来ます。 付与されたボーナスを引き出すことは出来ません。 本 “口座開設ボーナス” にて発生した利益の請求は 90日以内にsupport.int@ttcm.com までお問い合わせ頂く必要がございます。 本 “口座開設ボーナス” にて発生した利益の請求において、お客様の取引履歴は正当に審査される必要があります。 90日の期間が終了すると、 本 “口座開設ボーナス” のクレジットと利益は削除され、すべての保有中のポジションも決済されます。 注文毎の最大取引ボリュームは0.1ロットとなります。 ご利用頂ける最大レバレッジは1:100となります。 同時に保有頂ける最大オープンポジションは5つまでとなります。 オープン価格とクローズ価格の差が10ピップス以上のご注文のみ条件を満たします。 例:EURUSDを1.13802の価格でSellし、1.13502で取引を成立させる場合、始値と終値の差は0.00300 = 30ピップスです。 以下は禁止されています:ロック/ヘッジ、エキスパートアドバイザー(EA)、ラダー/スケーリング/グリッド戦略(前の取引の完了後1時間以内に同じ方向に新しいポジションをオープンすることは出来ません) ↓全文はこちらになります。 TTCM口座開設ボーナス利用規約 直球で評価するなら、やや難易度の高いボーナスです。 取引手法をリアル口座で検証するというのにはもってこいでしょう。 難易度的には、FBSの口座開設ボーナスよりハードルが低いイメージです。 TTCMとFBSの口座開設ボーナスの条件を比較しました。 比較項目 TTCM FBS レバレッジ 100倍 100倍 達成期間 90日 30日 最低取引条件 10ロット 5ロット 同時ポジション数 5 5 条件達成pips 10pips以上 100pips以上   一見すると、TTCMの10ロット縛りに難易度を感じるかもしれませんが、有効期限と条件達成pipsを比較するとTTCMのほうがハードルが低いと言えるでしょう。 TTCMへの入金方法 TTCMはbitwalletで入金が可能です。 後述しますが、クレジットカード入金の場合、マネーロンダリング防止のルールがあり、入金額以上の出金が別のルートになります。 TTCMでガッツリトレードするなら、bitwalletでの入出金が便利でしょう。 出金に関するルール トレーダーズ・トラストでは、AML(アンチ・マネー・ロンダリング)規定に基づき、お客様からのご入金並びに出金に関して以下の通り運用ルールを制定しております。 お客様からの出金申請をスムーズに処理させて頂く為にも、以下記載の注意事項をご一読頂き、ルールに基づき出金申請頂けます様お願い申し上げます。 ご出金頂ける最小金額は、50ドル(相当額)以上にて申請をお願い致します。 2019 年10月より、ご出金のお客様は、決済会社にて発生する手数料を弊社負担させて頂き無料にてご出金頂ける様になりました。 ご入金頂いた金額分まで、ご入金に利用頂いた経路と同様の経路で出金頂く必要がございます。 例)クレジットカードから20,000円ご入金、国内送金サービスから50,000円のご入金履歴がある場合 →お客様は、20,000円分をクレジットカードへ、50,000円分を海外送金での銀行送金にて出金頂く必要がございます。 6か月以内にクレジットカードからご入金頂いた履歴がございます場合、他の入金方法よりも優先し、当該クレジットカードへ出金申請頂く必要がございます。 例)クレジットカードから2か月前に30,000円をご入金、ビットウォレットより5か月前に30,000円をご入金頂いた履歴がある場合 →お客様は、先にクレジットカードからのご入金分30,000円分をご出金申請頂く必要がございます。 運用益・パートナー報酬を出金される場合は、ご入金に利用頂いた経路もしくは、弊社より送金が可能な全ての方法にてご出金頂けますが、BTCにて出金を希望される場合出金額に対して4%のフィーが掛かります。 *お客様にご利用頂ける出金方法や出金可能額が不明な場合は、お手続き前に、お気軽にカスタマーサポート宛てへお問合せ下さいませ。 TTCMへの最低入金額 口座タイプによって最低入金額が異なります。 クラシック口座の場合、初回最低入金額が5,000円です。(スクショはクラシック口座の例) 金額を確認して送信ボタンを押します。 ここからはbitwalletの画面です。 金額を確認して「決済する」を押せば入金が完了します。 TTCMのウォレットに入金が成功しました HotForexもそうですが、TTCMの資金は「お財布口座」を介して管理されます。 TTCM資金管理 お財布口座に証拠金を入金した後に、各口座に資金移動をします。 ↓資金移動に成功しました。これでトレードできます。 TTCM利益出金 トレードで利益が得られたらいよいよ出金です。 出金は入金の逆で、出金したい金額をお財布口座に移動します。 ↓お財布口座への資金移動に成功しました。 「ご出金」タブをクリックします 必要事項を入力して送信します 出金前に、必ず「出金手数料」と「出金に関するルール」のタブをクリックして、内容を確認しましょう。 ええー!? 手数料??? みたいなことにならないようにしましょう。 ↓出金申請が完了しました。 TTCMの出金完了 出金が完了すると電子メールでお知らせが配信されます。 この例では出金申請から12時間ぐらいでした。 申請が深夜だったこともあるので、もっと早いこともあります。 TTCMというブローカーについては、まんぼう総裁もキプロスに訪問して、現地のスタッフとも会合をしていますが、 極めて安心・安全なブローカー という結論でした。 なので、出金に関する心配は皆無なんですけどね。 TTCM 取り扱い銘柄・スプレッドについて 銘柄分類 取扱商品 最小スプレッド プロ口座 ライブ スプレッド 平均スプレッド プロ口座 スワップ (ロング) スワップ (ショート) 為替 EURUSD 0 0.3 0.2 -9.01 3.72 為替 GBPUSD 0 1 0.66 -7.23 -0.67 為替 USDCHF 0 0.8 0.79 3.92 -9.58 為替 USDJPY 0 0.6 0.38 -0.21 -2.76 為替 NZDUSD 0.1 1 0.74 -3.4 -0.61 為替 AUDUSD 0 0.7 0.52 -3.77 -0.91 為替 EURJPY 0.2 0.6 0.5 -3.45 0.26 為替 GBPJPY 0.4 1.5 1.1 -0.57 -5.55 指数 US30 4 3 4 -34.48 -5.81 指数 JP225 17 17 17 -17.43 -19.18 商品先物 XAUUSD 8 1.7 15.8 -11.26 4.32 商品先物 XAGUSD 0.9 1.4 1.09 -3.02 -0.51 改めてスペックをおさらいしますが、スプレッドがとても狭いと言えます。裁量取引、EAによる自動売買にもってこいですね。 TTCM 口座タイプ・レバレッジについて 目的に応じて3種類の口座タイプが提供されています。最小入金額が20,000円ではあるものの、プロ口座のスプレッドは魅力的と言えます。 クラシック口座 プロ口座 VIP口座 ¥ 5,000(初回最小入金額) ¥ 20,000(初回最小入金額) ¥ 2,000,000(口座残高相当額より) 口座通貨: ドル・ユーロ・円 口座通貨: ドル・ユーロ・円 口座通貨: ドル・ユーロ・円・フラン・ポンド 取引毎の手数料: 取引毎の手数料なし 取引毎の手数料: 取引毎 片道3ドル/ロット 取引毎の手数料: 取引毎 片道1.5ドル/ロット 最小スプレッド: 1.2 最小スプレッド: 0〜 最小スプレッド: 0〜 レバレッジ: 最大500倍 レバレッジ: 最大500倍 レバレッジ: 最大200倍 最小取引ボリューム(1ポジション): 0.01ロット 最小取引ボリューム(1ポジション): 0.01ロット 最小取引ボリューム(1ポジション): 0.01ロット TTCM クラシック口座詳細 システム注文方式: STP/NDD方式 決済方式: マーケット決済 平均約定スピード: 平均100ミリ秒で約定 約定の質: 発注拒否・リクオートなし 最小入金額: ¥ 5,000- 最小スプレッド: 1.2 取引毎の手数料: 取引毎の手数料なし 口座通貨: ドル ユーロ 円 プラットフォーム: MT4 取扱商品: FX通貨ペア インデックス 貴金属 エネルギー レバレッジ: 最大500倍 マージンコール ストップアウトレベル: 50% / 20% 最小取引ボリューム (1ポジション): 0.01ロット TTCM プロ口座詳細 システム注文方式: STP/ECN/NDD方式 決済方式: マーケット決済 平均約定スピード: 平均100ミリ秒で約定 約定の質: 発注拒否・リクオートなし 最小入金額: ¥ 20,000- 最小スプレッド: 0〜 取引毎の手数料: 取引毎 片道3ドル/ロット 口座通貨: ドル ユーロ 円 プラットフォーム: MT4 取扱商品: FX通貨ペア インデックス 貴金属 エネルギー レバレッジ: 最大500倍 マージンコール ストップアウトレベル: 50% / 20% 最小取引ボリューム (1ポジション): 0.01ロット TTCM VIP口座詳細 システム注文方式: STP/ECN/NDD方式 決済方式: マーケット決済 平均約定スピード: 平均100ミリ秒で約定 約定の質: 発注拒否・リクオートなし 最小入金額: ¥ 2,000,000- 最小スプレッド: 0〜 取引毎の手数料: 取引毎 片道1.5ドル/ロット 口座通貨: ドル ユーロ 円 フラン ポンド プラットフォーム: MT4 取扱商品: FX通貨ペア インデックス 貴金属 エネルギー レバレッジ: 最大200倍 マージンコール ストップアウトレベル: 80% / 50% 最小取引ボリューム (1ポジション): 0.01ロット クラシック口座とプロ口座はレバレッジが500倍ですが、VIP口座は特殊な口座であることからレバレッジが200倍になっています。VIP口座は最小入金額も200万円となっており、ハードルが高いほうです。 TTCM入金ボーナスについて 上記の記事でも案内を公開していますが、TTCMは2020年に関しては1人あたり上限1000万円まで利用可能な入金100%ボーナスを提供しています。 GEMFOREXなんかも定期的に100%入金ボーナスを開催していますが、出金後の30日間は50%になるなどの制限があったりします。 TTCMの場合は100%ボーナスの適用に10万円以上の入金が必要ですが、出金後の条件云々が無いので利便性が高いと言えるでしょう。 TTCM口座開設ボーナスまとめ 直近でさかのぼっても、口座開設ボーナス・入金ボーナスのキャンペーンが目白押しです。 (※ ↓現在期間が有効なブローカーを抜粋) Axiory BigBoss yadix GKFX Prime FXGT   大袈裟に言えば、海外FXブローカー同士の顧客の取り合いが始まっていて、口座開設ボーナスや入金ボーナスのキャンペーンが増えてきた印象です。 ボーナスがあることで有利に証拠金を増やせるチャンスなので、資金計画を立てて(期限や付与率など)残りの半年を充実させてほしいというのがまんぼう総裁の願いです。 それでは、またねー! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ

【海外FX】HotForex(ホットフォレックス)のトレーディングコンテストについて

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) 3月に入って、相場も色々な動きをしていますが、みなさんは爆益でしょうか? 連日上げてきたドル円も下げに行くように見えたり、ポンド円と原油は「どこまでいくんだよ?」だったり、GOLDも失速したように見えたりと、稼げるチャンスでもあるようですね。 さて、今日紹介する記事は、HotForex(ホットフォレックス)が新しいプロモーションを開始しているので、そのお知らせになります。 てか、もうプロモーションが開始されているのですが、IBには事前に連絡がほしいものです。 HotForex(ホットフォレックス)には現地訪問をしていて、まんぼう総裁もおすすめのブローカーではあります。 ↑の記事を読むとわかりますが、日本人に人気のあるXM Tradingの上位互換なブローカーです。 それでもXM Tradingのほうがまだ日本人には人気があるっていうのが疑問なくらいの企業なんですけどね。 ↑現地訪問したときのランチの様子です。お客さんを迎える「おもてなし」の姿勢は日本人以上でした。 ↑これはコピートレードの記事ですが、HotForex(ホットフォレックス)もコピートレードのサービスを提供しています。日本人にはあまり浸透していませんけど。 ↑でもって、公式グッズまでもらいました。 海外では非常に評判のよいブローカーであり、まんぼう総裁も一目おいているブローカーです。 トレードコンテストは、かつてeasyMarkets(イージーマーケット)のコンテストで激闘をしましたが、このときは優勝することができませんでした。 ↓ easyMarkets(イージーマーケット)のコンテストは正直キツイ条件だったのですが、HotForex(ホットフォレックス)はeasyMarkets(イージーマーケット)のようなキツさはありません。 賞品は豪華であるため、参加する価値はあるでしょう。 どのような条件かを以下に解説します。 それでは、行ってみましょう! HotForex(ホットフォレックス)コンテストについて コンテスト名 「PSG トレーディングコンテスト(パリへの道トレーディングコンテスト)」というコンテストです。 参加資格 承認済みのmyHF口座を所有している新規、既存顧客様でPSGトレーディングコンテストご利用規約に同意し、PSGコンテスト口座開設された方。 コンテスト登録期間 2021年3月8日から2021年4月16日まで。 もう始まっている... 執筆時のTOP10です。 いやー、世界は猛者ばっかりですね。 氏名 利得率 kamarudin alias 101.29% Dung Luong Van 62.38% Edwin Fred Monarch 41.16% Lisnawati Honggo 31.13% Ismail Adekunle Adeoye 21.34% Hendy Mylor 20.52% kristianto wijaya 18.48% Razaq Adedeji Ojubanire 18.26% Mohameden Bellamach 17.53% Zati Amani Mohd Zulfekar 16.45% コンテスト取引期間:2021年3月8日サーバー時間10:00(日本時間17:00)から2021年4月16日サーバー時間23:59(日本時間10日06:59)まで。 賞金及び賞品 1位: PSG プレーヤーたちのトレーニングセッションに出席 2試合のVIP席での試合観戦 スタジアムツアー券2枚 にてパリ・アリーナ内部見学 2名様へのビジネスクラス航空券とパリでのホテル宿泊 コロナ感染症規制によりパリへの旅行ができない場合は、お財布口座へ5000ドルの賞金 サッカー好きにはたまらない賞品ですね。 このスタジアムはすごい! 当然航空券ももらえる! パリですよ! つまり、レストランは「フランス料理」ってことですよ!! 賞品見ると参加したくなりますね。 これほどの賞品を用意できるってあたりに、 企業の格の高さ を感じますね。 G●M●O●E●の紹介者数はXXX人いるけど、ただの1度もこういう招待してくれたことないし。(いや、G●M●O●E●も悪い業者ではないよ。「格」って点ではまだまだ努力が必要ってことね。) 2位から5位入賞者 1000ドルの賞金 コンテスト期間中、毎月曜日、1週間で最もランクを上げたトレーダーに500ドルの賞金 賞金はmyHFお財布口座に振り込まれ、出金可能かつ取引可能。 コンテスト参加の注意事項 コンテスト口座への最低入金金額:250ドル(1回または複数回)コンテスト口座開設後少なくとも2日以内に入金すること。 コンテスト口座はUSD建てのみ。 コンテスト口座設定はプレミアム口座タイプに基づく。 取引可能商品:FX通貨ペア、仮想通貨、ゴールド、シルバー、オイルのみ。 EA(自動売買ツール)利用可能。 コンテスト口座最大レバレッジ:400倍まで。 ボーナス不適用。 コンテスト口座への複数回の入金決済が認められるが、最低資金移動金額は50ドルから。 コンテスト口座からの出金は不可。出金を希望する場合は、申請可能だが、そのコンテスト口座はコンテスト参加資格を失い、口座残高はすべてお財布口座へ自動資金移動され、コンテスト口座はアーカイブ(閉鎖)されます。 一人のお客様に付き一つの賞のみ獲得可。 一つのお財布口座に付き1つのコンテスト口座のみ開設可能。アクティブコンテスト口座を閉鎖後、新しいコンテスト口座開設可。一人にの客様に付き、5つまでのコンテスト口座開設可能。 コンテストランクと入賞者の利得計算は時間加重収益方法にて計上。コンテスト期間中のコンテスト口座への入出金金額が全て加算され、取引ごとにその収益率が計算される。 入賞者口座の結果が引き分けであった場合は、最大ドローダウンが低い方を入賞者とする。最大ドローダウンとは最大残高と最低残高の最も大きな差を指す。 コンテスト期間終了後全てのコンテスト口座は閉鎖され、残高は自動的にお財布口座へ資金移動されます。 HotForex(ホットフォレックス)の基本情報 おさらいになりますが、HotForex(ホットフォレックス)の企業の格の高さっていうのは、以下のライセンスを見てもわかります。 HotForex(ホットフォレックス)が所有しているライセンス数は6つです。これはかなりのものです。 CySECキプロス証券取引委員会 HF Markets (Europe) Ltdは登録番号:HE 277582にてライセンス取得 SVセント・ビンセント HF Markets (SV) Ltd は、登録番号: 22747 IBC 2015にてライセンスを取得。 FCA金融行動監視機構(英国) HF Markets (UK) Ltdは、登録番号:801701のもと英国金融行動監視機構(FCA)より規制認可されています。 DFSAドバイ金融サービス機構 HF Markets (DIFC) Ltdは、ライセンス番号:F004885のもと、ドバイ金融サービス機構(DFSA)より規制認可されています。 FSCA金融行動監視機構(南アフリカ) HF Markets SA (PTY) Ltdは、ライセンス番号:46632のもと南アフリカ共和国の金融行動監視機構(FSCA)から金融サービスプロバイダー(FSP)として規制認可を受けています。 FSA金融サービス庁(セーシェル) HF Markets (Seychelles) Ltdは、登録番号:8419176-1にてセイシェル共和国の法律のもと法人組織され、セーシェル金融サービス庁(FSA)により証券取引ライセンス番号:SD015のもと規制されております。     HotForex(ホットフォレックス)の取引口座 HotForex(ホットフォレックス)の口座スペック HotForex(ホットフォレックス)のマイクロ口座、プレミアム口座、ZERO口座はスペックが異なります。表にまとめたので、口座開設をする際の参考にしてください。 マイクロ口座 プレミアム口座 ZERO口座 最低入金額 5USD (*1) 100USD 200USD レバレッジ 1,000倍 500倍 500倍 ロスカット水準 10% 20% 20% 最大取引ロット 7Lot 60Lot 60Lot 最大保有ポジション 150Lot 300Lot 500Lot ボーナス あり あり なし (*1) bitwalletから入金する場合は、10USDです。 マイクロ口座 HotForex(ホットフォレックス)のマイクロ口座は最低入金額が500円程度であることや、レバレッジが1,000倍になっているところなどを見ると、少額投資で一発狙いを夢見るトレーダーや海外FX初心者のための取引口座です。 ただし、最大取引ロットが1ポジションあたり7ロットであることに注意してください。 プレミアム口座 HotForex(ホットフォレックス)のボーナスについては後で詳しく解説していきますが、HotForexの最もHOTなスーパーチャージボーナスの対象となる口座がプレミアム口座です。そういった意味ではHotForexで最も利用価値が高い取引口座がプレミアム口座と言えます。 ZERO口座 HotForex(ホットフォレックス)のZERO口座はスプレッドの圧縮に特化した取引口座なので、ボーナスが一切適用されないというデメリットはありますが、最低入金額がわずか200USDでECN口座を利用できるのは大きなメリットとなります。 円口座がありません HotForex(ホットフォレックス)には現時点では円建て口座がありません。ドル建て口座、ユーロ建て口座のいずれかを選択することになります。日本人には円口座がありがたいですが、トレードの戦略には意味のないこだわりなので、魅力的なスペックを捨てるという理由にはなりません。 HotForex(ホットフォレックス)のボーナス コンテストではボーナス利用が不可能ですが、通常ではHotForex(ホットフォレックス)の入金ボーナスはとても豪華です。これほどのボーナスを提供しているのに、日本人トレーダーの間で知名度がいまいちなのが不思議なくらいです。 100%スーパーチャージボーナス 100%クレジットボーナス ボーナス額 入金額の100% ($250以上の入金で適用される) 入金額の100% ($100以上の入金で適用される) 上限金額 5万ドル(累計) 3万ドル(累計) キャッシュバック あり(1lotの取引当たり2ドル) なし 出金可否 不可(キャッシュバックは出金可) 可(ボーナス額÷2lot以上の取引) 条件 アカウントで1口座しか申請できない。 複数アカウントで申請できる。 対応口座 プレミアム口座 プレミアム口座、マイクロ口座       HotForex(ホットフォレックス)コンテストまとめ easyMarkets(イージーマーケット)、FBS(エフビーエス)、Exness(エクスネス)(今はスポンサーをやってませんが)もスポーツチームの公式スポンサーです。 公式スポンサーになるためにはXX億円相当が必要なので「それほどの財力がある=超まとも」であることは間違いありません。 実際に使ってみるとわかりますが、bitwalletでの入出金も極めてスムーズです。 スプレッドや約定力はこの記事でも解説していますが、とても優秀です。 コンテストに参加するもよし、100%ボーナスで有利なトレードを実現するもよし、で、是非HotForex(ホットフォレックス)の良さを体験してください。 それでは、またねー! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ
Exness(エクスネス)の取引コストを詳しく解説

【海外FX】Exness(エクスネス)でスプレッドゼロ口座を使うべき理由

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) ちょっとブログ更新が停滞していましたが、今日はExness(エクスネス)のゼロ口座について考察したので公開したいと思います。 Exness(エクスネス)と言えば、   無制限レバレッジ   という他のブローカーを寄せ付けない凄まじいサービスがあり、このサービスで稼ぎまくっている方も多いと思います。 まんぼう総裁こそがこのブローカーにはいち早く着目していてマレーシアに行って来たのも記憶に新しいと思います。 他のサイトと比較してもハードルの低いキャンペーンを提供しています。 単にレバレッジが凄いというだけでなく、   エクスネス早く開設すれば良かったと思うくらいトレードしやすいのでオススメです❗️海外ブローカー開設するならまんぼうさん一択っす。#まんぼう総裁キャンペーン https://t.co/f1bNm6nNnL — FXxker (@lastsong2015) January 16, 2021 「トレードしやすい」と、キャッシュバック利用者からは好評をいただいてます。 一方で、Exness(エクスネス)のゼロ口座を使った結果の特集がほぼ存在しないのですが、 当サイト以外のアフィリエイターは自分でトレードしないのでしょうね。(まんぼう総裁はすでに使っているのですが、いちいちスクショを撮ってないんだよね。)*過去ツイートを見てもらえればちゃんとexnessでトレードしてるのがわかるかと そこで、まんぼう総裁独自のルートで収集したExness(エクスネス)ゼロ口座での実戦結果を紹介しつつ、Exness(エクスネス)でゼロ口座を使うべき結論になった理由を解説したいと思います! それでは、行ってみましょう! まずはビビってくれ! スクショにあるように、2万円の証拠金でドル円ショートを5ロット発射してみました。 5ロット発射ということは、4pips逆行でゼロカットです。 Exness(エクスネス)以外のブローカーはハイレバレッジと言えども、こんなに注文することが出来ません。 Exness(エクスネス)には無制限レバレッジ&証拠金維持率0%まで強制ロスカットされないという最強のサービスがあるため、このような クレージーな注文 が可能になります。 そしてスクショにあるようにポジション保有中に資金移動が可能であるため、原資を逃がすことが可能なのです。 無制限レバレッジを活用した資金移動の詳しい特集は以下の記事でも解説しています。 さらなる限界に挑戦!! 先程は2万円で5ロットの注文をした結果ですが、このように、1万円で5ロットのドル円ショートを注文することも可能です。 2pips逆行で1万円が消えてしまうという決死のトレードですが、このトレーダーの報告では、1分足の「ピクっ、ピクっ」という動きを見ていれば「無茶ではない」というトレードなんだそうです。 いや、これ、クレージー過ぎるだろ。 10ロット台のトレードに挑戦 値動きの激しいポンドで「3万5千円の証拠金で16ロット発射」に挑戦しました。 FXをやっている方はわかると思いますが、これは危険極まりないトレードです。 しかし、ツボにはまると10分程度で資産を3倍程度にすることに成功した実例となっています。 ワンコインで驚異のトレード いや、もう、言葉になりませんね。 412円という牛丼より安い証拠金で0.5ロットの注文に成功している例です。 この例は20pipsで確定をしていますが、実際はさらに20pips価格があがり、40pipsの値幅を抜けることが可能だったそうです。 412円で0.5ロット注文できる海外FXブローカーはExness(エクスネス)以外にはありません。 過激なトレードは続く この例はどちらもゼロカットしてしまいましたが、ユーロドルは1000円の証拠金で0.6ロットの発射が可能で、ポンド円も1万円の証拠金で5ロットの発射が可能です。 ポンド円のトレードは、2分程度でゼロカットになってしまいましたが... 素早い利確が重要 ユーロドルを証拠金3万円で7ロット発射した例です。 この例は、下値をブレイクすることを期待していたのですが、原資を逃した後にリバってしまいました。 途中「ブレイク無理じゃね?」と思ったのですが、確定に躊躇していたらあっという間にリバってしまいました。 戦略にもよりますが、万単位のお金をゲットできているなら、とっとと利確して次のチャンスを狙うというのが有効かもしれません。 利確失敗例 これも利確に失敗した例です。 ドル円なら1万円で5ロットの注文が可能ですが、やや緩やかに3万円で10ロットの注文をしてみました。 原資を逃した後に即リバってしまい、利確に失敗してしまいました。 ユーロドルの例と同様に万単位のお金を得られるなら、即利確が正解でした。 なぜこんなトレードが可能なのか? Exness(エクスネス)のスタンダード口座の場合、ドル円スプレッドは2pips程度です。 しかし、ゼロ口座の場合スクショにあるように、95%がゼロなのです。 取引手数料をpips換算すると1pips以下であることから、大きいロットを注文しても1pips巡行すれば原資を逃せる状況になります。 原資を逃せるということは、 絶対に負けない ということです。 最近で言うと、GEMFOREX(ゲムフォレックス)で1,000%入金ボーナスのサービスが提供され、10万円を入金すると1,000%のボーナスが付与されて110万円の証拠金で取引が可能になります。 このサービスを批判するつもりはないですが、当選式であることと、抽選権利を獲得するために、前日に5ロットの取引が必要になります。 では、5ロットの取引をするのにどれだけの証拠金が必要でしょうか? 10万円の証拠金で1ロット発射を5回実施すればよいわけですが、これって結構危険なトレードですよね? 危険を回避するなら、30万円位で合計5ロットを目指すのが妥当と思います。 しかし、ここまでやっても「当選しなきゃ、徒労に終わる」という事実もあります。 しかも、Exness(エクスネス)のように原資を逃せるわけでもないので、 ボーナスを得るためのトレード にハマってしまうと本末転倒になることに気づいた方が勝ち組への道でしょう。 このサービスは10万円程度の証拠金で上手なトレードをできる人が、抽選を得るための権利(5ロットトレード達成)獲得の過程で10万円以上の利益を叩き出して、原資もろとも別の口座に資金を退避した後に、翌日の10万円入金で運良く1,000%のボーナスをゲットしたら、ゼロカット上等のハイレバトレードで証拠金を飛躍させるゲームなのかな、と、思います。 Exness(エクスネス)でゼロ口座を開設する方法 エクスネスでゼロ口座を開設する方法ですがスクショにあるとおり、通常の口座開設時にゼロ口座を選択するのと、最低入金額をその口座に入金するだけです。 最低入金額は米ドルで1000ドルなので、日々変動します。 Exness(エクスネス)が公式に提供している換算ツールで事前に入金額を計算しておきましょう。 ここが換算ツールのURLです。 あと、重要なのが最低入金額が11万円程度ですが、この金額は「フラグを立てるため」だけなので、入金後はトレードをしないで、3万円くらいを残して他の口座に証拠金を移動してもOKです。 つまり、ゼロ口座を開放するためには1回11万円程度を入金して、その後は資金移動をして少額ハイレバトレードでガンガンに稼げばいいということです。 Exness(エクスネス)のゼロ口座を使う理由まとめ 今までもExness(エクスネス)については特集記事を公開していますが、それだけExness(エクスネス)が優れているからです。 本記事では、他で特集されていないゼロ口座に焦点をあてましたが、間違いなく稼げる可能性を秘めていると断言しても過言ではありません。 (2021/03/17 更新)ゼロ口座でもGOLDの無制限レバレッジが適用されることを確認しました。 スクショのとおり、1万円の証拠金で2ロットのエントリーが可能です。(失敗したら瞬殺されます) 同様のスクショですが、1718円の証拠金でGOLDを0.5ロット発射も可能です。 しかしながら、本記事で特集したように、為替でトレードしても十分な稼ぎを叩き出せる可能性があることから、ゼロ口座で無理にハイレバトレードをする必要はないとは思います。 ↑の記事ではTitanFXとの比較もしていますが、どう考えてもスプレッドが狭い(と、いうか、ゼロ)ほうが勝ちやすいというのが本質だと理解してもらえると嬉しく思います。 ただし、入金ボーナスを否定するつもりはありません。 本記事で紹介した手法は、超短期スキャルピングトレードの変種とも言え、デイトレやスイングには向いていないでしょう。 従って、経済指標も織り込んだ上での中長期トレードをするなら入金ボーナスを活用したブローカーの使い方が有利ですし、超短期で稼ぎたいなら本記事の手法が有利ですよね。 無敵なのは、本記事で紹介したようなポジションのとり方が「ド天井ショート」や「ドン底ロング」であると笑いが止まらないです。(かなり運に左右されますが...) 11万円の入金が可能な方にはゼロ口座開放がおすすめなので、是非検討してみてください。 それでは、またね~! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ  
2021年最新Axioryのお年玉ボーナス

【海外FX】2021年最初のボーナスキャンペーンはAxiory(アキシオリー)で決まり!?

AXIORY(アキシオリー)のキャンペーン第二弾 この度AXIORYでは、10周年スペシャル感謝祭の第二弾として、本日2021年3月1日より3ヵ月間、「入出金手数料無料キャンペーン」を実施いたします。 【3ヵ月限定】入出金手数料無料キャンペーン ■期間:2021年3月1日(月)22:30~2021年5月31日(月) 23:59(日本時間)まで ■利用対象:全員 ■キャンペーン概要:通常、20,000JPY未満の入出金の場合、1,000JPYの手数料(国際銀行送金のみ1,500JPY)が発生するところ、キャンペーン期間中は金額に関わらず、手数料無料でご入出金いただけます。 まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) クリスマスも終わり、今年もあと僅かですね! コロナのせいで計画していた海外渡航ができなかったのが残念ではありますが、今年もいろいろやりきって、充実はしていたという感想です。 「来年は何やろうかなー?」なんて考えていたら、... Axiory(アキシオリー)恒例のお年玉ボーナスの連絡が来たので、年内に公開することにしました。 今回のボーナスキャンペーンは、 AXIORY 10周年スペシャル感謝祭 と、題されているので、今までと何がどう違うのか解説してみたいと思います。 それでは行ってみましょう! AXIORY(アキシオリー)のキャンペーン振り返り AXIORY(アキシオリー)は今年だけでも、お年玉ボーナスとお中元ボーナスのキャンペーンを開催しました。 そのときの記事は以下を御覧ください。 AXIORY(アキシオリー)というブローカーの大きな特徴は、 スプレッドが狭い 約定力が高い ストップベルが0 であることはご承知のとおりと思います。 例えば、TitanFX(タイタンFX)なんかも同じような戦略でのサービスを展開しています。 このように取引コストを極限まで引き下げるブローカーは入金ボーナスのサービスを提供しないことが一般的ですが、Axiory(アキシオリー)の場合、定期的に100%入金ボーナスのサービスを提供しているのが面白いところです。 脳死ハイレバトレード対策について GEMFOREX(ゲムフォレックス)などは頻繁に100%ボーナスを提供するブローカーとして日本人トレーダーには一定の支持を得られてはいますが、ボーナスを提供する反面、ゼロカットトレーダーの巣窟とも言えるブローカーとも言えます。(若干偏見があるか?) 戦略的ゼロカットを否定するつもりはありませんが、証拠金がなくなると以降の取引ができなるということで、スプレッドからの収益が得られなくなるという点ではブローカーとしては本意ではありません。 Axiory(アキシオリー)の場合は、 ボーナスが取引量に応じた金額で出金できる というサービスを同時に提供することで、トレード継続をしてもらえるようにしているわけです。 計算するとわかりますが、これはスプレッドの圧縮とも言えるわけで、要するに定期的に取引コストのディスカウントをしているということです。 パチンコで言うなら、1玉=4円のところを、1玉=3.8円で貸し出すようなイメージでしょうか? AXIORY(アキシオリー)キャンペーンのルール Axiory(アキシオリー)のキャンペーンは、2つのステップで構成されています。 「STEP 1」では、クレジットとしてボーナスを獲得できます。 (この段階では、取引のみに利用でき、出金は不可能) 「STEP 1」にてボーナスを獲得したら「STEP 2」へ進みます。 「STEP 2」では、以下の取引ボリュームを満たすと、ボーナスが残高へ反映されるので出金が可能となります。 【STEP 1】 開始日:2021年1月1日00:00日本時間 終了日:2021年1月29日23:59日本時間 ボーナス金額:最大100,000円を上限とした、入金金額100% *入金後24時間以内にボーナスが反映されます。 クレジットに付与されたボーナスの有効期限:2021年12月31日 お年玉ボーナスは、入金した取引口座のクレジット欄に反映されます。 この段階では、お年玉ボーナスを取引には利用できますが、出金は不可能です。 (※「STEP 1」にてボーナスを獲得すると「STEP 2」へ進みます。) 【STEP 2】 取引ボリューム:段階的に300ロット(全取引口座の取引が対象) 開始日:2021年1月1日00:00日本時間 終了日:2021年3月31日23:59日本時間 「STEP 1」にてお年玉ボーナスが取引口座のクレジットに反映されると、取引口座の取引ロット数(全口座で合算)がカウントされます。 下記の表で示すロット数を達成した段階で自動的にクレジットから、全口座の中で一番残高額が多い口座の残高へ移動されます。 チェックポイント(ロット) 入金額と取引ロット数に応じて残高に移動できる金額(JPY) 残高に移動できるボーナスの合計金額(JPY) 注意点 30 +30,000 30,000 ① 60 +5,000 35,000 90 +5,000 40,000 ② 120 +5,000 45,000 150 +6,000 51,000 180 +7,000 58,000 210 +8,000 66,000 240 +9,000 75,000 270 +10,000 85,000 300 +15,000 100,000 ③ ここからが従来のキャンペーンとの比較解説です。 上記表を見てもらうとわかるように、①では30ロット取引で30,000円の出金が可能になりますが、さらに30ロット(つまり、合計60ロット)取引しても、倍額の60,000円が出金可能になるわけではありません。 同様に、②のゾーンでは30ロット取引するごとに5,000円、6,000円、7,000円... と増額するものの、①での30,000円一気を考えると増額幅が物足りなくも思えます。 270ロットから300ロットまで取引するとMAXに達するわけですが、これはカンストのボーナスとも解釈できます。 まんぼう総裁には、お中元ボーナスキャンペーンで3万円入金+100%ボーナスの合計6万円スタートで30ロット条件をクリアした実例も来ています。 10万円入金(=20万円)スタートで300ロットは多少難易度が高いですが、 20万円スタートなら30ロット取引は余裕 というのが、今回のキャンペーンの上手な利用方法なのかな、と、思います。 やろうと思えば、今年開催されたeasyMarkets(イージーマーケット)でのトレードのように鬼トレードでコンプリートもできるかもしれませんね! まんぼう総裁はやりませんがwww(笑) AXIORY(アキシオリー)のボーナス金額上限と入金回数について 今回のキャンペーンは、上限が10万円で、上限に達するまで何回でも入金可能です。 入金回数 入金額 ボーナス利用合計 1 3万円 3万円 2 3万円 6万円 3 3万円 9万円 4 1万円 10万円 このように上限に達するまでに何回でも入金が可能です。 AXIORY(アキシオリー)ボーナスの仕様   何度も注意しますが、Axiory(アキシオリー)の入金ボーナスは口座残高が0になるとキャンセルされます。 これを忘れると、どんなにロット数を稼いでもボーナスの出金ができません。 AXIORY(アキシオリー)のニュース振り返り 公式ページへのリンクですが、 株式CFD取扱い開始 新入出金方法「VLoad」リリース 最小入金額を5000円に値下げ 入出金手数料の値下げ 仮想通貨6種追加 など、よりユーザーに朗報とも言える取り組みをしているのが好感が持てます。 特に、入手金手数料を引き下げるということは、ブローカーが負担する分が増えるということで、しかも、最低出金額が引き下げられるということは、さらにブローカーへの負担額が増えるということになります。 負担額が増えても平気  = ブローカーがユーザーに還元できる ということで、Axiory(アキシオリー)が昨年よりも潤ったのか? と、妄想したりもします。 Axiory(アキシオリー)のゴールドレバレッジについて 決してGOLD取引に固執しろというわけではありませんが、高約定力を武器にするAxiory(アキシオリー)でGOLDを取引することで、手早く稼ぐことが可能なのか考察してみました。 ブローカー スプレッド レバレッジ ボーナス クッション ロスカット水準 Exness(ゼロスプレッド) 6.8 2000倍 なし ー 0% Axiory 32 100 なし なし 20% Anzo Capital 32 500 あり なし 50% XM Trading 45 888 あり あり 20% iFOREX 80 200 あり あり 0% easyMarkets 75 50 200 あり あり 20%   色んな解釈はありますが、レバレッジが100倍であることから、 ロスカット水準が20%であったとしてもAxiory(アキシオリー)でGOLD取引するのは慎重になることが推奨されます。 以下に詳しく比較していますが、GOLDを取引するなら別のブローカーを使った方がよく、今回のAxiory(アキシオリー)のボーナスキャンペーンの恩恵をみすみす捨てないようにするのがおすすめです。 AXIORY(アキシオリー)の口座タイプについて 口座タイプ別のレバレッジと取引手数料をまとめた結果です。 MT4 (スタンダード) MT4 (ナノ・スプレッド) cTrader 取引可能通貨 JPY / USD / EUR JPY / USD / EUR JPY / USD / EUR 取引手数料 なし US$6 (1ロット往復) US$6 (1ロット往復) 最大レバレッジ 変動 変動 変動 ロスカット 証拠金維持率20% 証拠金維持率20% 証拠金維持率20% 口座タイプも改めておさらいしますが、スプレッドがより狭いとされるナノ・スプレッド口座の取引手数料が1ロット往復で$6と、若干割高です。 例えば、ミルトンマーケッツの「エリート口座」では取引手数料が不要です。 取引コストに着目すると、ナノ・スプレッドなのか、ミルトンマーケッツのエリート口座なのかは、トレーダーの計画によって判断するのがおすすめです。 ミルトンマーケッツのエリート口座を使用するには、最低入金額が100万円必要なので、取引コストの究極削減を目指すならそれなりの資金が必要ということをお忘れなく。 【重要】ナノ・スプレッド口座でもキャンペーンでボーナスを利用することが可能です。 故に、ナノ・スプレッド口座での手数料が圧縮される効果があるので、ナノ・スプレッド口座に入金してトレードするのもアリですね。 AXIORY(アキシオリー)のお年玉ボーナスまとめ AXIORY(アキシオリー)以外にも多数のブローカーでボーナスキャンペーンが目白押しです。 それぞれのブローカーでサービスの内容が異なり、また、本記事で解説したように特定の銘柄の取引には不向きなケースもあり、ボーナスキャンペーンを最大限に活用するにはそれなりのブローカー比較が必要です。 まんぼう総裁は、多くのトレーダーが会社員で、家族を養うために自分の自由になるお金が少ないという現実をよく知っているので、極力ノーリスクなキャンペーン情報の提供に努めています。 その情報を活用して余剰資金ができた方には、次なるステップとなるべく入金ボーナスの豊富な情報を提供することにしています。(同時のこともありますが) 今回のAxiory(アキシオリー)のキャンペーンは「10万円を用意できる」という条件がありますが、10万円を用意できるなら、3万円のボーナス引き出しは割と達成しやすと言えます。(10万円用意できないなら、できないなりの金額から開始するという活用方法もアリです) それと、公式ページを見るとわかりますが「第一弾!」とありますよね? なので、今回に限って言うと「ボーナス使い捨てだぁー」みたいなことではなく、じっくり種銭を温存しつつ証拠金を増やしていくと、「第二弾!」が来たときにチャンスがあるかもしれませんね。(「第二弾!」がなかったらゴメンね!) キャンペーンは来年になってからの入金で開始されるので、年内に無用に証拠金を無くさないようにしましょう! と、いうことで、今日は以上です! またね~! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ

【海外FX】総合課税や累進課税とは何かを理解して正しく納税しよう!

まず始めに 全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ ) だいぶ遅くなりましたが、もう確定申告が始まっていますね。 海外FXのハイレバ取引なら、一気に100万円レベルの勝ちを掴み取ることができますが、その一方で課税があることを忘れてはいけません。 会社員であっても、そうでなくても、日本国民なら全員納税の義務があります。 だって、警察がいなかったらドロボーに財産を取られ放題ですし、道路が無ければ食料を運ぶことができないし、先生がいなければ子供に基礎教育を施すことだってできません。消防隊がいなければ家が燃えても消すことだってできません。 商品を購入すれば、支払った金額には消費税という税金が含まれていますが、会社員の税金は「確定申告」といって、自分で税務署に届け出が必要です。(普通は会社でやってくれますけどね。) 昨今のコロナ騒動で収入が減ったために副業を始めた方もいると思います。 しかし、せっかく始めた副業も確定申告をわすれて(知らなくて)、後から追徴課税を徴収されるなど、 納税のルールを知らなくてバカを見る ということもありえます。 これから副業・アフィリエイトを始める等の場合も同様です。 今後の収益の計画をする上で、税金に関する知識というのは必要不可欠なものです。 季節的にもマッチした話題なので一気に解説してみます。 それでは、行ってみましょう! 確定申告のおさらい 確定申告をするときの期間は1月1日から12月31日までで、申告する内容は、1/1から12/31までに得たすべての収入から必要経費を引いたものを"所得"として、その"内訳の説明をする"ための書類を提出するものです。 比較項目 海外FX 国内FX 納税の義務 あり あり 脱税 不可能 不可能 何円から課税されるか? 給与所得者:年間20万円以上 給与所得者:年間20万円以上 非給与所得者:年間38万円以上 非給与所得者:年間38万円以上 所得区分 雑所得 雑所得 税制度 総合課税 申告分離課税 税率 累進課税 一律20.315% 経費申告 許可 許可 損益通算 総合課税の雑所得同士なら通算可能 申告分離課税の雑所得同士なら通算可能 損失繰越(損失控除) 不可能 3年間で合算できる   主に海外FXでの利益についての解説になりますが、基礎知識として国内FXでの利益の課税についても比較しています。 この表が全てですが、正しく覚えておきましょう。 確定申告の期限について FX取引の利益を確定申告する期間は、2月16日から3月15日までです。2月に入ってからだと税務署が混むので、1月1日以降に必要書類がすべて揃えば申告書を提出することは可能です。(今はコロナがあるから混まないかもですけど) 2月16日以前に申告した場合、税務署での手続きの取り扱いは「預かり」という形になります。 「やべー、申告忘れたわー」という場合も、遡って5年間は申告ができます。国内FX業者を利用した場合は3年間、損失の繰り越し相殺ができるため、税金を多く払いすぎたような場合は重要です。 念の為ですけど、海外FXの利益は損失の繰越ができません。 海外FXの利益は繰越ができない FXの利益に対する課税は、国内FX業者を利用した場合と海外FX業者を利用した場合で税制度が異なります。 国内FX業者と海外FX業者の両方でFX取引をしている場合、まとめることはできません、別々の欄に記入して申告が必要です。 なぜ国内FX業者と同じではないのか? これは基礎知識ですが、2011年以前は国内FX業者を利用した場合も海外FX業者と同じ税率の総合課税でした。 しかし、金融庁の新たな見解で 海外FX業者は日本の金融庁の認可を受けていない 国内のレバレッジ既定の25倍が適用されていない 店頭デリバティブ取引に該当しない とのことで、税金に対する扱いが異なることになりました。 従って、課税の仕組みも2012年以降に別扱いにされました。 まあ、 天下りできねーからじゃねー? という見解もゼロではないでしょう。 国内FXでの利益に対する課税について 国内のFX業者で取引した損益は、申告分離課税による税率が適用されます。特徴としては、所得税の税率は、金額にかかわらず一律となります。 もう一つの特徴として、損失になった年は「先物取引に係る繰越損失用」の書類で申告しておくことで、その後3年先まで繰り越しすることが可能になります。 1年目 -100万円 前年から繰り越し0円 課税対象額「0」 2年目 +50万円 前年から繰り越し-100万円 =-50万円 課税対象額「0」 3年目 +150万円 前年から繰り越し-50万円 =100万円 課税対象額「100万円」   表にするとこういうことです。 要するに、1年目に派手に負けて、2年目、3年目で挽回からプラ転した場合は3年目で始めて課税されるということです。 税率についても優遇があり、課税される税率は一律15%です。 つまり、100万円稼いでも、1億円稼いでも、税率は一律15%ということになります。 それと、損益通算で重要な点として、国内仮想通貨取引所で仮想通貨による損失がでた場合はどうなるかという疑問がありますが、仮想通貨取引に関しては、 先物取引に係る雑所得は、申告分離課税の対象となるため、暗号資産(仮想通貨)取引による利益との通算ができません。 と、いうことです。 スワップポイントにも課税される よくある誤解ですが、スワップポイントにも課税されます。 申告対象は、利益や損失が確定した取引(差益+スワップポイント)です。 累進課税の所得税計算について 法令では、以下のように取り決められています。  所得税の税率は、分離課税に対するものなどを除くと、5%から45%の7段階に区分されています。  課税される所得金額(千円未満の端数金額を切り捨てた後の金額です。)に対する所得税の金額は、次の速算表を使用すると簡単に求められます。 課税される所得金額 税率 控除額 1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円 1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円 3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円 6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円 9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円 18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円 40,000,000円 以上 45% 4,796,000円   表にするとこのようになりますが、例えば太赤字で記載したとこを見て、 「500万円儲かったなら500万円に対して20%だから所得税100万円なのか!」 という解釈は正しくありません。 500万円のときは上記の100万円から横の控除額の金額「427,500円」を引いた「572,500円」が所得税額になります。 この図のように、 500万円のうち195万円までは5%、 次の330万円までの135万円には10%、 次の695万円までの170万円に20% といった、税率が変動する分岐点で各々計算して合算する必要があります。(超めんどくせー) 【重要】復興特別所得税について 令和20年(2038年)までは「所得税額の2.1%を復興特別所得税として」納める必要があります。 500万円の例で上記に続けて計算すると、572,500円×2.1%=12,023円です。 つまり、海外FXで500万円利益が出たとき、納める税金(経費申告しない、基礎控除を含めない場合の概算)は572,500円(所得税)+12,023円(復興特別所得税)=584,523円ということになります。 節税はできるか? そうは言っても、税金を節約できるに越したことはありません。 結論から言うと、海外FXの利益は他の雑所得との損益通算が可能です。 具体的には、 不動産による収益 アフィリエイト収入 note販売収入 YouTube収入 ココナラなどでの収入 メルカリなどでの収入 などが該当します。(全てが激しくプラスだと納税額が増えますが...) アフィリエイト収入に関しては、アフィリエイトサイト構築(レンタルサーバーの料金)にかかった経費を通算することを検討してみましょう。 アフィリエイトサイトを構築したけど、収益が無いならトレードでの利益と合算するということです。 なぜなら、アフィリエイトがツボって収益になったらその収益は課税対象になるので、収益になるまでの時点ではマイナス計上するということです。 それと、最近は草コインも廃れて(?)来ているからあまり気にしなくていいレベルかもしれませんが、「投げ銭」にも税金がかかります。 個人事業主以外は「雑所得」で申告をすることが基本ですが、「贈与税」にしたい方もいるかもしれまん。 しかし、贈与税の場合、110万円の基礎控除があるため、税金逃れだと判断されるかもしれないので、万単位の投げ銭には注意が必要です。 カンパも同様です。 贈与税に該当するかどうかは、税務署・税理士の判断を仰ぎましょう。 FX取引にかかった経費の申告について 雑所得として申告するFXの利益も、この利益を得るためにかかった費用は経費として申告することが可能です。 ただし、現実的には税務署次第です。もっと言うと、その(地域の)担当者に判断が委ねられます。要するに、運が良ければ(?)そのまま認められる可能性もあります。 仮に認められなかったら金額を修正すればよいだけなので、ダメ元で思いつくものを計上してみるのはよいと思います。 白色申告の収支内訳表の分類例を参考にしてみましょう。 No. 費用 分類 1. トレードに使用するPC、携帯端末の購入費 雑費 2. トレードに必要なインターネットプロバイダー料金、電話料金など 通信費 3. FXに関する書籍・雑誌などの購入費 新聞図書費 4. FX関連のセミナー受講費 研究費 5. セミナー参加にかかった交通費や宿泊費 旅費交通費 6. FXトレーダーとの情報交換会の会費や飲食代 研究費や接待交際費 7. 自動売買システムやインジケーターなどの購入費、 FX学習商材購入費 研究費や新聞図書費 8. トレードに使用するPCや携帯端末が壊れたときの修理費 修繕費 9. 海外のFX会社への資金の海外送金手数料 支払手数料 10. 文房具や事務用品 消耗品費や事務用品費 11. トレードルームの家賃 地代家賃 12. トレードルームの光熱費 水道光熱費   これらは例ですが、この辺は税務署の判断になるので、いちいち領収書を準備する時間のほうが無駄な気がしますけどね。(法人口座の場合は重要です。特に6番が物を言います。) ところで、GEMFOREXのサイトでも税金についての記事があり、「ボーナスを損失として計上していい」とか書いてましたが、これは誤りです。税務署には通用しないので誤解のないように。 海外FX利益の脱税について 結論から言うと、不可能です。なぜなら、銀行やbitwalletでの入出金は税務署に把握されているからです。 海外FX業者を利用したトレードで利益が出た場合、日本国内でお金を受け取るための方法は、ほとんどが「海外送金」です。 100万円を超える海外からの(or 海外への)送金は、取扱金融機関に税務署への報告義務があります. 金融機関が税務署に報告する理由の一つは、脱税防止、もう一つは、イスラム国や北朝鮮等のヤバイ国への資金援助・資金のロンダリング防止のためです。 「100万以下だから大丈夫だぁー!」 というのは考えが甘く、2021年(2020年から)はコロナによる税収入が不足するという現実があるので、税務署が「100万円以下も報告すること」と判断すればバレてしまいます。 要するに、 お上をなめてかかると大変なことになる と、思っておきましょう。 あと、 「いや、知らなかったす、悪気はないんす」 というのも通用しません。 法治国家の考え方は、 「法律は知ってて然るべき、知らないは通用しない」 という原理原則があるからです。 海外送金があれば税務署が把握するのは容易であり、 「俺はこんなに納税した、アイツは納税してないじゃねー? ズルいだろ!!」 といった税務署に通報するケースも多々あります。 通報などで発覚して調査されてしまうと「脱税」は確定します。そうなると、次章で解説するペナルティーがあるので、納税には神経質になりましょう。 脱税のペナルティーについて(延滞税、重加算税、最悪逮捕) 悪気のある無しにかかわらず、「脱税」とされてしまった場合は、「所得税法違反」という罪を犯したことになります。その場合、通常収める税金の他に、さまざま高額な罰金が科せられます。 申告しなかったことによる「無申告加算税」 納付するべき税額が50万円までは15%の割合を乗じた金額が加算 50万円を超える部分は20%の割合を乗じた金額が加算 重加算税 隠ぺい工作をすると、もっとシャレになりません。 悪質な所得隠しと判断されると「重加算税」という罰金がさらに科せられます。 無申告だった場合:無申告加算税40% 所得を少なく申告した場合:過少申告加算税35% トドメになるのが、支払うべき期限に遅れたということで「延滞税」もかかります。 悪質と判断されれば逮捕や起訴もあり得ます。 ↑先日このような記事を公開しましたが、対談相手は税金に対する考え方がずいぶん甘い印象でした。 このときは、罰則についていちいち言いませんでしたが、この章にあるように マジで詰んでる という可能性がでてきましたね。 強調したいのは、悪意のある無しは通用しないことと、海外FXのハイレバで手に汗握るギリギリの緊張感の中でやっと得られた利益を貧弱な知識で追徴課税でもっていかれることの無いように、ということです。 まとめ 誰しもが節税したいと考えるのは間違いありませんが、節税と脱税は意味が違います。 本記事では悪意のあるなしについても触れましたが、税務署は国家の司令で動くので、過剰なぐらい税金についての関心をもってください。 まんぼう総裁は法人化してトレード・アフィリエイトをやっていますが、法人になるとまた税金に対する考え方が異なってきます。 法人化することで、脱税を避ける目的もあってプロの税理士に税金のことを相談しています。 その過程で税金に対する知識も増えたわけですが、兼業トレーダーであっても、これから確定申告する方、もしくは、申告済だけどこの記事を読んで不安になった方は身近の税理士さんに相談してみましょう。 それでは、またね~! このブログ記事が役に立った!!って方は是非下のランキングバナーを3つぽちっとよろしくお願いしますヽ(^。^)ノ
11,919フォロワーフォロー

最新

ウィークリーアクセスランキング

トータルアクセスランキング