海外FX

【海外FX】2024年最大の激アツサービスを提供するDoo Prime(ドゥープライム)について、どこよりも詳しく徹底解説!

目次

まずはじめに

全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ )

ついに、・・・

ついに、・・・・・・・

ついに、・・・・・・・・・・

ついに、2024年最大級とも言える超優良ブローカーの紹介をいたします。

みんなの大好きな「入金ボーナス」を「無制限に申請できる」のと「100%でクッション機能あり」という、

期待値激高

なプロモーションです。

プロモーションを利用できるのは、Doo Prime(ドゥープライム) という海外FXブローカーです。

すでに現地に訪問してその実態を確認しています。世界的な取引量を見ても超優良ブローカーであることは疑いの余地はありません。

どのような特徴なのでしょうか? また、ボーナスの規約はどのようなものでしょうか? 徹底解説したので、ぜひ最後まで御覧ください!

それでは、行ってみましょう!

Doo Prime(ドゥープライム) の会社情報と金融ライセンス

Doo Prime(ドゥープライム) は2014年に金融サービスを開始しました。ブローカー事業以外にも、資産管理事業や決済事業、フィンテック事業を展開する大手金融グループです。

Doo Prime(ドゥープライム) の顧客層はタイやベトナムなどのアジア地域を中心にしています。

日本進出は2023年12月から本格的になり、日本語の公式SNSを開始しました。海外FXブローカーにありがちな、なんちゃってな翻訳ではなく、完全な日本語公式サイトと日本語サポートを提供し、万全の体制で日本市場に進出しています。

Doo Prime(ドゥープライム) の最大レバレッジは2,000倍で、日本人に人気のハイレバレッジ取引が可能です。取引可能銘柄としては、通貨ペアや貴金属などの基本銘柄に加えて、株式や先物なども取引可能です。(※原油、天然ガスの取引できます)

取引ツールも充実していて、MT4とMT5の両方が利用できます。さらに、各種取引サポートツールも充実しています。

スプレッドが狭いのが特徴です。ECN口座では1ロットあたり片道3ドルの取引手数料が発生します。ただし、ストップレベルは若干深めです。(USD/JPYのストップレベルは25ポイント)

運営会社 Doo Prime Vanuatu Limited
設立 2014年
登録住所 Govant Building, Po Box 1276, Port Vila, Vanuatu
金融ライセンス VFSC バヌアツ金融サービス委員会 (登録番号:700238)

Doo Prime(ドゥープライム) を擁するDooグループは、2014年の設立以来、ブローカー事業・資産管理事業・決済事業・フィンテック事業など、幅広い金融サービスを手掛ける大企業に成長しました。

本社をシンガポールに構え、その他に世界10ヵ所以上にグローバルオフィスを設置し、650人以上の従業員を抱えています。

ブローカー事業全体では、以下8つの金融ライセンスを保有しており、一般顧客向けのサービスは、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)の規制が適用されます。

分別管理あり、信託保全なし

顧客資金と業者資金はStandard Chartered、Bison、Barclaysなどのティア1銀行で明確に分別管理されるため、トレーダーの口座資金がDoo Prime(ドゥープライム) の運営資金に充てられることはありません。

ただし、国内FXのような信託保全制度はないため、万が一、Doo Prime(ドゥープライム) が破綻した際は、口座資金が全額返還される保証はありません。

Doo Prime(ドゥープライム) の取引条件・取引ルール

口座タイプは2種類

STP ECN
取引形態 NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 2,000倍 2,000倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
株式
先物
暗号資産
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
株式
先物
暗号資産
取引手数料 無料 片道3ドル
スプレッド 1.0pips~ 0.0pips~
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 100ロット 100ロット
最大ポジション数 1500 1500
ストップレベル 50ポイント
(銘柄に依存する)
0ポイント
スキャルピング OK OK
自動売買 OK OK
両建て OK OK
マージンコール 100% 100%
ロスカット 30% 30%
ゼロカット
取引ツール MT4
MT5
Doo Prime InTrade
MT4
MT5
Doo Prime InTrade
口座通貨 USD USD
最低入金額 100ドル 500ドル(*1)
キャンペーン キャンペーンによる キャンペーンによる

(*1) 500ドル:まんぼう総裁から口座開設した場合の特別サービス

Doo Prime(ドゥープライム) の口座タイプは、STP口座・ECN口座の2種類が利用可能です(*2)。

(*2) CENT口座は日本未提供でしたが、サポートに連絡することで利用が可能になりました。

両口座の差は以下のとおりです。

  • ストップレベル
  • 取引手数料
  • スプレッド
  • 最低入金額

要するにECN口座が上位口座となり、トレードに有利な一方で最低入金額のハードルが高いということです。

しかし、上述したように、まんぼう総裁から口座開設した場合はECN口座の最低入金額が1/10の500ドルとなります。

各口座タイプの特徴と使い方は、以下の通りです。

STP口座の特徴と使い方

STP口座は一般的には「スタンダード口座」に該当します。初心者にもおすすめのポピュラーな口座です。スプレッドはやや広い反面、取引手数料無料です。最大レバレッジも2,000倍で取引できます。ストップレベルが広いため、スキャルピングやデイトレードの予約注文時や、EAのパラメータ設定に影響があります。

ECN口座の特徴と使い方

ECN口座は、Doo Prime(ドゥープライム) の口座タイプのうち最もスプレッドが狭く、ストップレベルゼロで取引できる口座タイプです。上位口座なので取引手数料が発生します。取引手数料は1ロットあたり片道3ドル発生します。最低入金額は5,000ドルと高額です(まんぼう総裁から口座開設した場合はECN口座の最低入金額が1/10の500ドルとなります)。取引手数料と聞くと「STP口座などのスタンダードと同じでしょ?」と早合点する人もいるかもしれませんが、スプレッドと取引手数料を含めたコストは他社と比較しても飛び抜けて狭い方です。

【参考】CENT口座の特徴と使い方

CENT口座は、口座通貨がUSCに設定された超少額取引専用口座です。最近までは日本人には未提供でした。ただし、サポートに依頼すると日本人でも利用が可能となりました。取扱銘柄が通貨ペア・貴金属・エネルギーの3種類に制限されていますが、その他の取引条件は次のSTP口座と同一です。デモトレードを卒業してリアルトレードを始める際の練習口座として、あるいはEAのお試し運用口座として活用できます。(※EA開発者がリアルトレード公開するのに最適です)

 

Doo Prime(ドゥープライム) の最大レバレッジ

銘柄 レバレッジ
通貨ペア(メジャー・クロス) 最大 2,000倍
通貨ペア(マイナー) 固定 5倍〜20倍
貴金属 最大 2,000倍
エネルギー 固定 50倍〜100倍
株式(米国株・香港株) 固定 5倍〜10倍
株式(オーストラリア株) 固定 2.5〜10倍
株価指数 固定 100倍
先物 固定 50倍〜500倍

Doo Prime(ドゥープライム) の最大レバレッジは2,000倍です。

ただし、最大レバレッジ2,000倍で取引できる銘柄は、メジャー通貨ペア・クロス通貨ペア・貴金属の3種類のみです。

その他の銘柄は、それぞれ固定レバレッジが個別に設定されており、自分で任意の倍率に変更はできません。

通貨ペアは43銘柄(その他先物銘柄が豊富なのが面白い)

銘柄 Doo Prime(ドゥープライム) AXIORY XM Trading
通貨ペア 43銘柄 61銘柄 55銘柄
貴金属 6銘柄 4銘柄 3銘柄
エネルギー 3銘柄 5銘柄 2銘柄
商品 8銘柄
株式 116銘柄 現物:121銘柄
CFD:79銘柄
1,300銘柄
株価指数 11銘柄 10銘柄 18銘柄
債券
ETF 69銘柄
先物 52銘柄 18銘柄
仮想通貨 21銘柄 58銘柄

Doo Prime(ドゥープライム) の取扱金融商品は、通貨ペア・貴金属・エネルギー・株式・株価指数・先物の6種類です。

特に先物銘柄の種類が多く、貴金属先物・商品先物、株価指数先物など多彩な銘柄をレバレッジ50〜100倍で取引できます。

通貨ペアは42銘柄と一般的なラインナップですが、人気銘柄は一通り取り揃っています。

Doo Prime(ドゥープライム) の取引コスト(STP口座)

Doo Prime(ドゥープライム) AXIORY XM
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.4~1.8pips 1.2~1.6pips 2.2~2.5pips
トータル 140~180円 120~160円 220~250円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.1~2.4pips 1.0~1.7pips 2.7~3.1pips
トータル 210~240円 100~170円 270~310円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.1~2.4pips 1.7~2.2pips 3.8~4.1pips
トータル 210~240円 170~220円 380~410円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.9~2.4pips 1.8~2.1pips 3.5~3.6pips
トータル 190~240円 180~210円 350~360円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.7~3.2pips 3.0~3.7pips 4.0~4.6pips
トータル 270~320円 300~370円 400~460円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.2~2.9pips 1.9~2.5pips 3.5~4.0pips
トータル 220~290円 190~250円 350~400円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.0~2.4pips 1.8~2.2pips 2.9~3.0pips
トータル 200~240円 180~220円 290~300円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.0~1.1pips 1.1~1.3pips 1.7~1.9pips
トータル 148~163円 163~192円 252~281円

Doo Prime(ドゥープライム) STP口座の取引コストを、AXIORYとXM Tradingのスタンダード口座と比較しました。

いずれの口座も取引手数料無料ですが、スプレッドはやや広めに設定されています。

Doo Prime(ドゥープライム) の取引コスト(ECN口座)

Doo Prime(ドゥープライム) AXIORY XM Zero
USD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1ドル
スプレッド 0.0-0.4pips 0.4~0.7pips 0.0~0.3pips
トータル 88~159円 129~159円 148~178円
EUR/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1ユーロ
スプレッド 0.3~0.7pips 0.3~0.7pips 0.7~1.1pips
トータル 119~159円 119~159円 229~269円
CAD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1カナダドル
スプレッド 0.1~0.5pips 0.3~0.7pips 1.3~1.6pips
トータル 113~138円 119~159円 240~270円
AUD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1豪ドル
スプレッド 0.6~0.9pips 0.4~0.7pips 1.1~1.3pips
トータル 149~179円 129~159円 207~227円
CHF/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1スイスフラン
スプレッド 0.5~1.3pips 1.0~2.1pips 0.7~1.5pips
トータル 95~210円 189~299円 240~320円
GBP/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1ポンド
スプレッド 0.9~1.3pips 0.8~1.8pips 1.0~1.5pips
トータル 179~219円 169~269円 286~336円
NZD/JPY 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1NZドル
スプレッド 0.5~0.9pips 0.5~0.7pips 2.1~2.3pips
トータル 139~179円 139~159円 300~320円
EUR/USD 往復手数料 0.6ドル 0.6ドル 1ユーロ
スプレッド 0.0~0.1pips 0.1~0.4pips 0.1~0.2pips
トータル 88~104円 104~148円 174~189円

Doo Prime(ドゥープライム) ECN口座の取引コストをAXIORYナノ口座とXM Trading Zero口座と比較しました。

いずれの口座もスプレッドが狭い代わりに、外付けの取引手数料が発生します。

Doo Prime(ドゥープライム) は1ロットあたり片道3ドル(0.1ロットあたり合計0.6ドル)、AXIORYは1ロットあたり片道3ドル(0.1ロットあたり合計0.6ドル)、XM Tradingは1ロットあたり片道5通貨(0.1ロットあたり合計1通貨)です。

手数料を考慮してもECN口座がいかにオトクな口座かということがわかります。

Doo Prime(ドゥープライム) のスワップポイント

Doo Prime(ドゥープライム) のスワップポイントですが、一部は0円のものがあります

Doo Prime(ドゥープライム) Axiory XM
買/売 買/売 買/売
USD/JPY 0円/0円 84円/-265円 99円/-349円
EUR/JPY 0円/0円 75円/-209円 66円/-295円
CAD/JPY 0円/0円 72円/-171円 93円/-215円
AUD/JPY 0円/0円 62円/-132円 60円/-173円
CHF/JPY 0円/0円 56円/-109円 -23円/-183円
GBP/JPY 0円/0円 102円/-320円 110円/-440円
NZD/JPY 0円/0円 85円/-159円 70円/-195円
EUR/USD 0円/0円 -114円/14円 -110円/15円
TRY/JPY -/- 47円/-61円 -/-
ZAR/JPY -/- 7円/-15円 -/-

スキャルピング・自動売買に制限なし

Doo Prime(ドゥープライム) では、スキャルピングやEAを使用した自動売買を自由に稼働させることが可能です。制限や禁止事項などは定められていません。(※「スキャルピングOK」と言いながら利益を取り消すブローカーもありますが、Doo Prime(ドゥープライム) ではありません)

ロスカット率とゼロカットについて

Doo Prime(ドゥープライム) では、マージンコールが証拠金維持率100%以下、ロスカットが証拠金維持率30%以下で発動します。

また、Doo Prime(ドゥープライム) はゼロカットも採用しています。

例えば天然ガスや原油のような週明けに窓が大きく開く可能性のある銘柄でも、ロスカットが機能しないほどの価格変動があり、口座残高がマイナスになってしまったとしても、マイナス分はDoo Prime(ドゥープライム) が補填してくれます。

Doo Prime(ドゥープライム) の取引ツール・サービスについて

対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows・Mac 可能
ブラウザ Windows・ Mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード Windows・Mac 可能
ブラウザ Windows・Mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
独自ツール
Doo Prime in Trade
ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ Android・iOS 不可

Doo Prime(ドゥープライム) の取引ツールは、海外FXでは定番のMT4(MetaTrader4)と最新版のMT5(MetaTrader5)が両方使えます。

MT4とMT5が両方使える業者のメリットは、MT4からMT5への移行がしやすいという点です。

現在、海外FXトレーダーの多くは依然としてMT4を使い続けており、高機能であるはずのMT5はまだまだ普及していません。

MT5が普及しない主な理由は、MT4とMT5とではEAやインジケータに互換性がないためです。

EAやインジケータというのは、仕組みやスペックがそのまま取引成績に直結する極めて重要なプログラム。トレードスタイルそのものと言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、今後はMT5が主流になることは間違いないので、トレーダーはいずれMT5に移行せざるを得ません。

そのため、業者がMT4・MT5を両方採用していてくれると、少しずつMT5への移行準備を進めることが可能です。

ユーザーの実情をよく把握できている業者というのは、このような細かなところまでサービスが行き届いています。

Doo Prime in Trade(独自アプリ)

Doo Prime(ドゥープライム) は、iOS・Androidに対応した独自アプリ「Doo Prime In Trade」を提供しています。

ソーシャルトレード(コピートレード)

Doo Prime(ドゥープライム) の取引口座では、「Outrade」および「FOLLOWME」と呼ばれる独自のソーシャルトレードサービスを利用できます。

Outradeはフォロワー数4,660以上・トレーダー数107,496以上のトレーディングコミュニティで、コピートレード、フォロー&フォロワー機能・トラッキング機能、コミュニティ交流ツールなどを搭載したDoo Prime(ドゥープライム) 独自の統合プラットフォームです。

FOLLOWMEは、世界170カ国以上73万人以上が情報共有するトレーディングコミュニティで、世界中のプロトレーダーの取引経験や戦略をコピーすることで高い収益を狙います。

  • 世界中のトレーダーと繋がる
  • 信頼できるシグナルを活用
  • 自動取引で効率的に利益を追求
  • 必要な情報を迅速に入手
  • 自分に合った取引スタイルを見つける
  • 口座状況はリアルタイムでモニタリング
  • 取引リスクを軽減

「Outrade」および「FOLLOWME」は初心者から上級者まで、すべてのレベルのトレーダーに最適化されたプラットフォームです。

無料VPSサービスで取引ツールを24時間安定稼働

Doo Prime(ドゥープライム) では取引口座に5,000ドル以上入金すると、無料VPSサービスを利用できます。

VPSを利用することで、MT4・MT5を24時間365日安定稼働でき、ロケーションによる約定遅延や接続エラーなどを軽減することが可能です。

無料契約は「月間口座残高5,000ドル以上」もしくは「月間取引数量10ロット以上」の条件を維持すれば自動更新されます。

無料VPSのサーバースペック

  • VPS業者:DooPrime
  • OS:Windows Server
  • CPU:core processor
  • メモリ:8GBのRAM
  • ストレージ:50GB HDD

メールとチャットによる日本語サポート

日本語対応 受付時間
電話
メール 24時間
チャット 24時間

Doo Prime(ドゥープライム) のサポート窓口は、メールとチャットの2種類です。

どちらも日本人スタッフによるサポートに対応しています。

また、日本以外の一部の国には電話サポートにも対応しており、200名以上のサポートスタッフと300名以上の技術スタッフによ理、万全のサポート体制を構築しています。

口座開設・入出金について

必要書類は本人確認書類と住所証明の書類です。

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

  • 本人確認書類(顔写真付き・両面)
  • パスポート
  • 運転免許証
  • マイナンバー
  • 在留カード
  • 健康保険証など

※ いずれか1点。

本人確認書類が準備できたらDoo Prime(ドゥープライム) 公式サイトにアクセスして、口座開設と必要書類をアップロードしましょう。

口座開設手順

口座開設は↑のバナーをタップします。

基礎情報を入力します。

基礎情報に入力したメールアドレスにPINコードが届くので、メール認証を完了させます。

詳細情報を入力します。

「+個人情報」をクリックしてください。

個人情報をクリックして、「次へ」

 

ここから書類をアップロードします。

以下、レバレッジ2,000倍申請です。

まずは、ダッシュボードから口座を開設してください。

 

MT4 or Mt5口座を開設した後に、ダッシュボードから、1:2,000レバレッジ申請をクリックします。

ここで「次へ」

これで2000倍レバレッジが使用できます。

 

入金方法はクレカやオンラインウォレットなど

最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 100ドル 即時 無料
master 100ドル 即時 無料
JCB
オンライン
ウォレット
Epay 100ドル 即時 無料
fasapay 10ドル 即時 無料
Curfex 10ドル 即時 無料
仮想通貨 BTC 指定なし 即時 無料
ETH 指定なし 即時 無料
USDT 指定なし 即時 無料
銀行送金 国内 30ドル 30分以内 無料
海外 100ドル 2〜5営業日 無料

出金方法はクレカやオンラインウォレットなど

最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 50ドル 14営業日以内 無料
master 50ドル 14営業日以内 無料
JCB
オンライン
ウォレット
Epay 50ドル 1~2営業日 無料
fasapay 50ドル 1~2営業日 無料
Curfex 50ドル 1~2営業日 無料
仮想通貨 BTC 50ドル 1~2営業日 TRC20-USDT: USD 0
ETH 50ドル 1~2営業日 ERC20-ETH/USDT: 10ドル
USDT 50ドル 1~2営業日 OMNI-BTC/USDT: 10ドル
銀行送金 国内 50ドル 1〜5営業日 無料
海外 100ドル 2〜5営業日 25ドル/1回

出金手続をするには、あらかじめ出金先情報の登録が必要です。

Doo Prime(ドゥープライム) の入出金方法は、大きく分けるとクレジット/デビットカード・オンラインウォレット・仮想通貨・銀行送金の4種類です。

クレジット/デビットカードは、VISA・Mastercardに対応しています。

オンラインウォレットは、Epay・fasapay Curfexの3種類です。(bitwalletやSTICPAYfは利用できません)

仮想通貨は、BTC・ETH・USDTの3種類に対応しています。

銀行送金は国内送金・海外送金の両方に対応しており、日本の銀行口座へ振込みする国内送金のほうが、手数料・所要日数の面で有利です。

最低入金額は決済方法によって異なりますが、口座タイプごとにも最低入金額は決められているのでご注意ください。

口座タイプ 最低入金額
CENT口座(日本未提供) 100セント
STP口座 100ドル
ECN口座 500ドル

最低出金額は50ドルです。

【日本人初】Doo Prime(ドゥープライム) への現地訪問

Doo Prime(ドゥープライム) が2024年の目玉ブローカーとなるのはスペックからも間違いはありませんが、さらにまんぼう総裁からの紹介で口座を開設してくれた方には特別なボーナスがあります。

このボーナス提供に至るまでの経緯ですが、現地への訪問から始まり、密接な情報交換があったため実現しています。

他の事業もやっているのが特徴

実態を現地で確認

マンチェスターユナイテッドの公式スポンサーです

HFMやXSの上位互換ブローカーなのが期待できる

早速期待に応えてくれた

Doo Prime(ドゥープライム) の口コミと評価

ヒロさんも絶賛することから、口コミで高評価になることは必至です!

ボーナスあり?

約定力が高い!

というように、現地に訪問しましたが、現地でディスカッションしたことがガンガンに反映されていることからも、期待できるブローカーであることは間違いありません。

Doo Prime(ドゥープライム) の特別ボーナスについて

 

無制限 100%入金ボーナス 利用規約

100%入金ボーナスキャンペーン (日本) (以下、 「本キャンペーン」)は、以下、記載する条件に従うものとします。

*利用規約が適用されます

1. キャンペーン期間

i. 100%入金ボーナスの適用期間は、 日本居住者の顧客を対象とし、 2024年7月 1 日10:00 から 2024年7月31日 23:59 (UTC+9) (以下、 「適用期間」 ) までボーナスを申請できる期間とします。

ii. ボーナスの有効期間 (以下、 「ボーナス期間」)は、ボーナス口座に反映されてから30日となります。

2. 対象者

本キャンペーンは、 日本居住者のすべての既存および新規の顧客(以下、 「対象顧客」)を対象とし、本規約に定める基準に従うものとします :

i. 本キャンペーンの対象となるには、 本人確認 (身分証明書類 住所証明書類)が全て完了している必要があります。
ii. 本キャンペーンに参加するためには、客は MT4のSTP ボーナス口座(以下、「ボーナス口座」)を開設する必要があります。 キャンペーン期間中に1つのボーナス口座のみ開設できます。

iii. キャンペーン期間前またはキャンペーン期間後に、 ボーナス口座の登録または開設を行った顧客は、いかなるボーナス応募も受理されません。
iv. 本キャンペーンは、キャンペーン期間中にボーナス口座を開設された先着1,000名様のみ対象となります。 先着順とさせていただきます。

※詳しい規約は以下の文書をご確認ください。

特筆することは、この100%ボーナスはクッション機能があるので、入金額以上の損失にも耐えられます。

Doo Prime(ドゥープライム) の特別ボーナスについて

Doo Prime(ドゥープライム) の特徴を詳しく解説しましたが、ボーナスが無くても勝ちやすい特徴を持っているのが魅力のブローカーです。

一般的に、ボーナスを提供するとどうしても取引コストに影響がでてきますが、Doo Prime(ドゥープライム) は取引コストにハネないのが素晴らしいです。

現地のオフィスでも確認しましたが、日本進出にもかなりの力を入れており、日本人トレーダーの支持を得ることは間違いないでしょう。

上述したように、取引コストがよく、しかも約定力が高い、さらにボーナスまで使えるとなると、EA運用にもおすすめのブローカーとなります。

要するに、初心者から上級者、自動売買運用者まで、幅広く使えるブローカーということです。

今回のプロモーションは先着順となっているので、この記事を読んだら即口座開設をするのがおすすめです。

なぜなら、クッション機能のある100%ボーナス提供はほとんど見かけないからです。

繰り返しますが、これ以上のプロモーションは、もはや無いでしょう。

2024年での勝ちを拾うために、是非活用してください!

-海外FX
-, , ,