: 2022年03月09日
: 2022年02月18日
ツイッターやってます!
チャンネル登録お願いします!

まず始めに

全宇宙銀河系まんぼう総裁ファンの皆様こんにちは( ^)o(^ )

連日のニュースを見ていると、ウクライナとロシアがのっぴきならない状況になりつつあります。

その動きに呼応してか、GOLDなんかも狂った動きになっています。

すでに$1,900タッチしているように、世界中がウクライナとロシアの動向を見守っています。

てゆーか、

「世界中で平和を楽しむべきでは?」と思いますが、人類とは悲しいものです。

では、なぜウクライナとロシアはこんなにいがみ合うのかをおさらいして、こんなときにどんなブローカーを使えばいいのかまで考察したいと思います。

それでは、行ってみましょう!

天然ガスのパイプラインを地図で確認

ヨーロッパの天然ガスパイプライン

ロシアからの天然ガスパイプラインは地図にあるとおりで、今注目されているウクライナを経由するのも4拠点から始まっています。

ヨーロッパの天然ガスパイプライン

  • ノルドストリーム
  • ヤマルストリーム
  • ブラーザフッド
  • プログレス
  • ソユーズ
  • ルーマニアストリーム
  • タークストリーム
  • ブルーストリーム

ウクライナがNATOに加盟すると?

ニュースでも解説されていますが、ウクライナがNATOに加盟するとどうなるかというと、

ヨーロッパの天然ガスパイプライン

NATOとは?

外務省のHPにも書いていますが、NATOとは、

北大西洋条約機構(NATO:North Atlantic Treaty Organization)は「集団防衛」、「危機管理」及び「協調的安全保障」の三つを中核的任務としており、加盟国の領土及び国民を防衛することが最大の責務です。

という機構です。

加盟国は以下のとおりです。地図にアイコンで表記しましたが、ウクライナがNATOに加盟すると、4,5,6の地域にNATO軍が駐屯することもありえます。

そうすると、ロシアとしては「NATO軍うぜぇー」ということになるわけです。

アイスランド(原加盟国) スペイン(1982年5月)
アメリカ合衆国(原加盟国) チェコ(1999年3月)
イタリア(原加盟国) ハンガリー(1999年3月)
英国(原加盟国) ポーランド(1999年3月)
オランダ(原加盟国) エストニア(2004年3月)
カナダ(原加盟国) スロバキア(2004年3月)
デンマーク(原加盟国) スロベニア(2004年3月)
ノルウェー(原加盟国) ブルガリア(2004年3月)
フランス(原加盟国) ラトビア(2004年3月)
ベルギー(原加盟国) リトアニア(2004年3月)
ポルトガル(原加盟国) ルーマニア(2004年3月)
ルクセンブルク(原加盟国) アルバニア(2009年4月)
ギリシャ(1952年2月) クロアチア(2009年4月)
トルコ(1952年2月) モンテネグロ(2017年6月)
ドイツ(1955年5月当時「西ドイツ」) 北マケドニア(2020年3月)

 

ウクライナのゼレンスキー大統領はというと、

一歩も引く気が無いようです。

[キエフ 14日 ロイター] – ウクライナのゼレンスキー大統領は14日、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟について、ロシアとの戦争回避に向け取り下げるよう圧力が高まっているにもかかわらず、引き続き目指す方針を示した。

ゼレンスキー大統領はウクライナを訪問しているドイツのショルツ首相とキエフで行った共同記者会見で、ロシアの反応を巡るリスクを踏まえ、将来的なNATO加盟の提起を控えるのが望ましいとの声も聞こえているとしながらも、「ウクライナは自ら選んだ道を追求するべきだと考えている」と述べた。

ショルツ首相は、ウクライナのNATO加盟が喫緊の議題になっているわけではないにもかかわらず、ロシアがこの問題を提起していることは奇妙だと指摘。ロシアによる国境沿いの軍増強を「合理的に正当化」する材料は見当たらないとし、ロシアに対し欧州の安全保障に関する提案を受け入れるよう呼び掛けた。

緊張の高まりを受け、ショルツ氏もシャトル外交を展開。この日のキエフ訪問に続き、15日にモスクワを訪問し ロシアのプーチン大統領と会談する。

ウクライナの歴史を簡単におさらい

この章を読めば「ロシアはなぜウクライナを侵攻するのか?」ということがわかります。

東西に揺れるウクライナの歩み
9世紀~ キエフ・ルーシが成立。東スラブ民族の統一国家始まる
14世紀~ リトアニアやポーランド支配下に
16世紀~ ロシア帝国がウクライナで版図拡大
1667 ロシアとポーランドがウクライナ分割で合意
1917 ロシア革命後、ウクライナが一時、独立を宣言
1954 クリミア半島がソ連内でロシアからウクライナに編入
1991 ソ連崩壊、ウクライナ独立
1994 ウクライナに残った核兵器の放棄と引き換えに同国の安全を保障する。「ブダペスト覚書」に米英口が署名
2004~05 「オレンジ革命」で親欧米政権発足
2014 2月 親欧米派が政変で親口派政権を打倒
2014 3月 ロシアがクリミア半島併合
2014 4月 東部紛争

 

ロシアの見解(同一民族を主張)

2013年にウクライナの首都キエフでプーチン大統領は「我々は一つだ」と演説しています。主張としては、「ロシア人とウクライナ人が一つの民族」という根拠のようです。

ウクライナにはロシア語を母語とする人もおり、クリミア半島はロシア系住民が多数を占めています。ただ、言語が一緒とは言っても、ウクライナ人とロシア人のアイデンティティーは異なるとの見方が一般的です。例えば、スイス人はドイツ語を話しますが「スイス人はドイツ人ですか?」というと、そうではないのと一緒です(ウクライナ語とロシア語はキリル文字を使うものの、言語としては異なりますが。ウクライナ語にはロシア語には存在しない母音があるなど)。どうやら、プーチン大統領が勝手にウクライナとの再統合が自らの使命と一方的にみなしているようです。

地図に記載したウクライナの歴史その1

ロシアとウクライナ、ベラルーシは同じ東スラブ民族に属し、統一国家の始まりは9~12世紀ごろで、中心地は現在のキエフでした。その後、現ウクライナ領には独自の国が長く形成されず、ロシア帝国やポーランド、リトアニアなどの支配下に置かれるという歴史があります。

地図に記載したウクライナの歴史その2ーコサックとの軍事同盟

ウクライナでは中世に戦士集団「コサック」を編成して、独立と国家建設を求める戦いが始まったと言われています。これは西のポーランドに対抗するためで、コサックがロシアと軍事同盟を結んでいます。三国志で言うところの「蜀と呉が軍事同盟を結んで赤壁の戦いで曹操を撃破する」に該当します。ロシアとポーランドはウクライナを巡って争い、1667年に両国がウクライナ分割で合意しました。

地図に記載したウクライナの歴史その3ーオレンジ革命とは

ウクライナは1917年のロシア革命で一時的に独立を宣言したものの、ほぼロシアの属国でした。国家としては1991年のソ連崩壊からです。この頃は、住民も親欧米の西部と親ロシアの東部に分かれる傾向があったわけです。

2004~05年初めに親欧米派政権が樹立される「オレンジ革命」が起きました。しかし、14年に民主化を求める親欧米派が親ロ派政権を倒すと、ロシアはウクライナ南部クリミア半島を一方的に併合し、ロシア系住民の多い東部にも侵攻をしています。

つまり、ウクライナからすると、「なんだよ?クリミア半島をパクりやがって!」で、ロシアからすると、「NATO加盟とか、調子こいてんじゃねーぞ」ということです。

ロシアの根拠は「米欧が1990年の東西ドイツの統一に際してNATOの東方拡大をしないと口頭で約束していた」のに「どいつもこいつもNATO加盟じゃねーか」というわけなんです。

で、プーチン大統領は昨年12月約束が破られてきたとして「ひどくだまされた」とキレました。

なので、人口4000万超の地域大国のウクライナのNATO加盟には「レッドラインだ」と猛反発して、同国との国境近くに10万人を超す軍部隊を集結して米欧を交渉の場に引き出し、ウクライナのNATO非加盟などの要求を突きつけたという経緯なわけです。

もう一回写真だしますが、

ウクライナの主張は「ロシアこそが約束違反」いう見解です。根拠としては、1994年にロシアが米国や英国と結んだ「ブダペスト覚書」です。これは、ソ連崩壊時にウクライナにあった核兵器をロシアが引き取る代わりに、ウクライナの主権を尊重する内容になっています。

地図に記載したウクライナの歴史その4ーオレンジ革命とは

この覚書によりロシアはウクライナの核兵器を全部ゲットできて、その結果、当時としては「唯一の核保有国」の立場を保ち、核による安全保障秩序を維持できたわけです。

故に、2014年にロシアが武力を利用してクリミア半島を併合した時は、ブダペスト覚書に違反していると非難を受けたわけです。そりゃそうでしょ。

プーチン大統領の本音は?

ここから先は、上記を踏まえた上での当サイトの見解を記載しています。

ヨーロッパの天然ガスパイプライン

2021年最新の世界GDPランキング

順位 国名 単位(百万US$)
1位 米国 22,675,271
2位 中国 16,642,318
3位 日本 5,378,136
4位 ドイツ 4,319,286
5位 イギリス 3,124,650
6位 インド 3,049,704
7位 フランス 2,938,271
8位 イタリア 2,106,287
9位 カナダ 1,883,487
10位 韓国 1,806,707
11位 ロシア 1,710,734
12位 オーストラリア 1,617,543
56位 ウクライナ 164,593

 

2021年のGDPに着目すると、ロシアが11位であるのに対してウクライナは56位です。

単純に足し算しても、ウクライナがロシアに併合されても嬉しいようには見えません。

しかし、ロシアの天然ガス輸出に着目すると、

ロシアの天然輸出割合

※日経新聞からの引用

ドイツを始めとして、ヨーロッパへの輸出がだいぶ多いわけです。

ロシアは穀物が微妙なので、天然ガスを売って外貨をゲットしなくてはなりません。

▼ロシア―欧州間パイプライン 欧州の天然ガス調達は島国の日本と異なり、液化天然ガス(LNG)よりも輸送コストが安いパイプライン経由が主流だ。欧州の天然ガス消費量の3分1程度はロシアからの輸入に頼る。大部分が同国と欧州諸国を結ぶパイプラインで輸送されている。

英BPによれば、欧州はパイプライン経由でロシアから天然ガスを年間で1677億立方メートル(2020年、約1億2300万トンに相当)輸入する。約3分の1にあたる563億立方メートルがドイツ向けだ。イタリア(197億立方メートル)などに比べて突出して多い。ドイツは消費量の6割以上をロシアに頼っている。

パイプラインはウクライナやベラルーシなどを経由する。ドイツはバルト海を経由してロシアからドイツに直送する海底パイプライン「ノルドストリーム」からも供給を受ける。同じルートの「ノルドストリーム2」は21年9月に完成したが、ロシア依存に拍車をかけるとして米国などがけん制し、ドイツ政府は稼働の承認を遅らせている。

もう一回地図を見てほしいですが、ウクライナを経由する

  • ブラーザフッド
  • プログレス
  • ソユーズ
  • ルーマニアルート

を止めるわけにはいかない現実もあるでしょう。

上杉謙信が「敵に塩を送る」というのは後世の美談で、実際はめっちゃ高値で売って、しかも、上杉謙信は商人からガッポリ税金を巻き上げていたということと照らし合わせても、似たようなものがあります。

つまり、「ウクライナとか併合はいらねーから、NATOへの加盟をヤメてくれよ」ってのが本音な気がします。

ウクライナとロシアが戦争になるとどうなるか?

ヨーロッパの天然ガスパイプライン

当然ですが、戦争状態の国への送金ができなくなる可能性があります。(SWIFTから排除されるため *1)。

つまり、外貨(=USドル)が入ってこないことになります。

これだと、農産物の決済ができなくなるので、ロシア的には困るわけです。

食料が無い・欠乏すると、戦争どころではありません。

三国志でも、食料補給の要害である街亭が魏軍に奪取され、蜀軍は撤退を余儀なくされています。(馬謖も処刑されています)

(*1) SWIFT ・・・ スイフト(Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication SC)は、銀行間の国際金融取引に係る事務処理の機械化、合理化および自動処理化を推進するため、参加銀行間の国際金融取引に関するメッセージをコンピュータと通信回線を利用して伝送するネットワークシステムです。

図式すると↑のようになり、SWIFT(スイフト)が絶たれると海外への送金が不可能となるわけです。

ちなみに、

リップル(仮想通貨)があることで、国際送金ネットワークSWIFT(国際銀行間通信協会)に取って変わる可能性があるのは基礎知識ですね。

飛躍した妄想

この章は飛躍している妄想ですが、スイフトが止まっても、ロシアがUSドルを確保できる可能性を記載します。

2022年1月21日にロシア中銀が仮想通貨のマイニングの禁止を提案しています。

中国もそうですが、自国の通貨が海外に流出するのを防ぐためと思われます。

しかし、その後アッサリと一部のマイニングを容認するとか言い出しています。

「妄想」と言っているのは、なりふり構わずビットコインをかき集めて、農産物の決済に使うということもなくは無いでしょう。(しつこいですが、妄想」です)

ウクライナは「欧州のパンかご」と呼ばれるほどの小麦の産地である

ロシアがウクライナに侵攻することで最も影響を受ける銘柄は小麦、GOLD、原油と考えられます。

ウクライナには「チェルノーゼム」と呼ばれる土壌があります。

チェルノーゼムとは、温帯の半乾燥気候下の草原地帯に発達する肥えた土壌のことです。 黒色の厚い腐植層、その下に炭酸カルシウムの集積層が重なっています。 ウクライナから西シベリア南部にかけて広く分布するほか、北アメリカにも分布しています。

要するに、肥沃な土壌を持っている国で、「欧州のパンかご」と呼ばれるほどの小麦の産地なのです。

チェルノーゼムを「土の皇帝」と呼ぶこともあります。

小麦の生産量の多い国

順位 国名 生産量(1,000トン)(2019年)
1 中華人民共和国(中国) 133,596
2 インド 103,596
3 ロシア 74,453
4 アメリカ合衆国(米国) 52,258
5 フランス 40,605
6 カナダ 32,348
7 ウクライナ 28,370
8 パキスタン 24,349
9 ドイツ 23,063
10 アルゼンチン 19,460
日本 1,037

 

つまり、小麦の価格にも影響があるということです。

商品先物の小麦を取引できるのは、iFOREX(アイフォレックス)とeasyMarkets(イージーマーケット)です。

【まとめ】ウクライナとロシアの睨み合いが及ぼす相場への影響

当然ですが、有事の際にはGOLDなどの商品先物が狂った値動きになります。

この記事で取り上げた天然ガスも影響があるわけです。

では、これらの銘柄を取引するのに比較的有利なブローカーを比較してみます。

GOLD(XAUUSD, 金先物)

ブローカー 優位点
Exness(エクスネス)
無制限レバレッジとスワップフリーが魅力のExcess
スワップフリーであるため、中長期のトレードが有利。
ThreeTrader(スリートレーダー)
スプレッドが異常に狭いThreeTrader
スプレッドが鬼狭いため、有事の際の値動きでも約定し、スキャルピングで勝ちやすい。
easyMarkets(イージーマーケット)
安定の固定スプレッドを実現するeasyMarkets(イージーマーケット)
通常のデイトレードはもちろんのこと、dealCancellation、easyTrade、バニラオプションの特殊サービスで損失を限定してトレードが可能。
iFOREX(アイフォレックス)
GOLDに関しては、他4社と比較するとやや不利となる。
ボーナスオファーがあれば同等の優位性を維持できます。
FXGT(FXジーティー)
仮想通貨レバレッジ1000倍ならFXGT
圧倒的ボーナスを駆使して、レバレッジ1,000倍を活用する。

 

GOLD(XAUUSD)の取引はiFOREX(アイフォレックス)以外がおすすめです。

戦略的ゼロカットも範疇にしてボーナスを背景にしたゼロカット上等のフルレバトレードも許容するのであれば、iFOREX(アイフォレックス)でトレードするのもありです。

もしくは、中間に位置するFXGT(FXジーティー)を使うのもありです。

原油(WTI)

ブローカー 優位点
Exness(エクスネス)
無制限レバレッジとスワップフリーが魅力のExcess
スワップフリーであるため、中長期のトレードが有利。原油のスプレッドに関しては、他の4社にくらべても並と言える。
しかし、原資抜きができるので、窓開けでも怖くないというトレードが可能。
ThreeTrader(スリートレーダー)
スプレッドが異常に狭いThreeTrader
スプレッドの狭さと約定力の高さで原油トレードという戦略もあり。
ただし、窓開けを懸念するならデイトレに留めるのが無難。
easyMarkets(イージーマーケット)
安定の固定スプレッドを実現するeasyMarkets(イージーマーケット)
通常のデイトレードはもちろんのこと、dealCancellation、フリーズレートの特殊サービスで損失を限定してトレードが可能。
VIP口座のスプレッドが狭い部類なので、原油トレードに向いている。
MT4でトレードするなら、固定スプレッドという最強の武器でスプレッド刈りにならない。
iFOREX(アイフォレックス)
ボーナスオファーがあれば断然有利。
ボーナスオファーの頻度が高いのが特徴。
FXGT(FXジーティー)
仮想通貨レバレッジ1000倍ならFXGT
原油レバレッジ100倍を活用してトレード可能。

 

原油に関しては、窓開けも考慮に入れた戦略が必要でしょう。

デイトレで一発狙うならスリートレーダーを使うのもありです。

Exness(エクスネス)の原資逃しを活用したトレードや、easyMarkets(イージーマーケット)のVIP口座のスプレッドを活用したトレードもありでしょう。

実はFXGT(FXジーティー)の原油レバレッジは100倍で、そこそこ高いのです。

なので、FXGT(FXジーティー)で原油をトレードするのも選択肢としてはありです。

天然ガス

ブローカー 優位点
Exness(エクスネス)
無制限レバレッジとスワップフリーが魅力のExcess
天然ガスは銘柄にない。
ThreeTrader(スリートレーダー)
スプレッドが異常に狭いThreeTrader
天然ガスは銘柄にない。
easyMarkets(イージーマーケット)
安定の固定スプレッドを実現するeasyMarkets(イージーマーケット)
天然ガスに関しては、easyTrade、バニラオプションの特殊サービスが利用不可。
MT4でトレードするなら、固定スプレッドという最強の武器でスプレッド刈りにならない。
iFOREX(アイフォレックス)
天然ガスをトレードするなら、ここしかないというぐらい唯一無二のブローカー。
FXGT(FXジーティー)
仮想通貨レバレッジ1000倍ならFXGT
原油と同様に、レバレッジ100倍が可能です。
レバレッジだけで見ると最強です。

 

天然ガスに関しては、ほぼiFOREX(アイフォレックス)の一強でしょう。

easyMarkets(イージーマーケット)もありですが、スプレッドの優位性を考慮するとiFOREX(アイフォレックス)に軍配が上がります。

レバレッジに着目すると、FXGT(FXジーティー)は天然ガスが100倍で取引可能です。従って、天然ガスのハイレバ一本勝負なら選択肢としてはありです。

ビットコイン

ブローカー 優位点
Exness(エクスネス)
無制限レバレッジとスワップフリーが魅力のExcess
スワップフリーであるため、中長期のトレードが有利。
仮想通貨レバレッジも400倍で最強。
ThreeTrader(スリートレーダー)
スプレッドが異常に狭いThreeTrader
仮想通貨を土日にトレードできないので、非推奨。
easyMarkets(イージーマーケット)
安定の固定スプレッドを実現するeasyMarkets(イージーマーケット)
easyTradeの特殊サービスで損失を限定してトレードが可能。
iFOREX(アイフォレックス)
iFOREX(アイフォレックス)でビットコイントレードならExness(エクスネス)を使うのが推奨だが、ビットコイン以外の草コインが充実している。
FXGT(FXジーティー)
仮想通貨レバレッジ1000倍ならFXGT
仮想通貨レバレッジが1,000倍という業界最大の特色を活用することが可能。

 

ビットコインに関しては、レバレッジ・スプレッド・スワップフリーを考慮するとExness(エクスネス)以外に選択肢が見つかりません。

easyMarkets(イージーマーケット)なら特殊サービスを使うという選択肢があり、iFOREX(アイフォレックス)であるならビットコインよりも他の草コインの方が面白いでしょう。

FXGT(FXジーティー)は業界最大のレバレッジ1,000倍で取引が可能です。スワップが大きいという点では、Exness(エクスネス)に劣りますが、短期ハイレバトレードなら無敵の存在です。

小麦

ブローカー 優位点
Exness(エクスネス)
無制限レバレッジとスワップフリーが魅力のExcess
小麦は取引不可能。
ThreeTrader(スリートレーダー)
スプレッドが異常に狭いThreeTrader
小麦は取引不可能。
easyMarkets(イージーマーケット)
安定の固定スプレッドを実現するeasyMarkets(イージーマーケット)
小麦の他、ココア、大豆、砂糖、綿花、コーヒーなどの農業商品も取引可能。
固定スプレッドが無敵の存在。
iFOREX(アイフォレックス)
小麦の他、ココア、大豆、砂糖、綿花、コーヒーなどの農業商品も取引可能。
ボーナスでレバレッジを効かせたトレードに有利。
FXGT(FXジーティー)
仮想通貨レバレッジ1000倍ならFXGT
小麦は取引不可能。

 

以上、ウクライナ・ロシアの情勢を踏まえてトレード戦略に有利なブローカーを比較してみました。

それでは、またねー!

2022年3月2日更新 ロシア侵攻による先物価格変動

ロシア軍侵攻に伴い、原油、GOLD、小麦の価格が暴騰しています。

各々、上窓になるほどの急激な変動で、海外FXブローカーでなければ追証もありうる展開です。

2022年3月2日WTI(原油)チャート

2022年3月2日GOLDチャート

2022年3月2日小麦チャート

ベラルーシ軍も侵攻を開始するという情報もあり、今後も暴騰の可能性がありそうです。

*イイね&拡散リツートのご協力もよろしくお願いします(*‘∀‘)

ポチっとな

 ↓

にほんブログ村 為替ブログ 海外FXへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
海外FXランキング

海外FXキャッシュバックキャンペーン開催中!

海外FX人気ブローカーのExnessとFXGTでお得な取引キャッシュバックサービスを提供しています。 最低入金額がないキャンペーンなので、是非ご活用ください! ご利用をお待ちしております!
まんぼう総裁オススメ海外FXブローカー詳細記事

 

コメント

Please enter your comment!
Please enter your name here